« 北京、やっと・・・初雪!? | Main | 【撮影・動画】四川大地震-09年新春・都江堰再訪&成都パンダのおまけつき »

【レビュー】『物語北京』に見た"古き良き失われてゆく北京"

Monogatari

北京在住で大先輩のしゃおりんさんこと小林さゆりさん
2008年12月に初のエッセイ集となる『物語北京』を、
なんと中国の出版社から出版されました!

この本は、中国国務院 (政府) 新聞弁公室が管轄する
五洲伝播出版社にて出されたもので、これまたなんと!
日本語、中国語、英語3カ国語での同時発売です。

【北京メディアウォッチ】
http://pekin-media.jugem.jp/?eid=476#sequel

【五洲伝播出版社サイト】
http://211.167.236.246/books/page.asp?book_no=676

【人民日報のサイト】
http://japan.people.com.cn/35468/6554051.html

本に綴られたエッセイは、ご自身のブログである
北京メディアウォッチ
『SUPERCITYCHINAビジネス』、『暮らしの手帖』などの
雑誌連載で掲載された記事から抜粋。

ブログ、というと、我がブログのように極めて個人的なつぶやきや
日記になってしまっているものも多いのですが、
北京メディアウォッチは、ご自身の体験談や日記を、
他の人が読んでもためになって面白く読めるブログです。

だから、書籍になって皆さんが手にとって読んでも、
楽しく北京の街の風景を想像できる1冊に仕上がっています。

本の展開も楽しかったです。
最初に、オリンピックで湧き上がった北京を思い出すような、
近代的な北京の一面にワクワクしながら読みはじめると、続けて
南鑼鼓巷や胡同、四合院などの「老北京」に懐かしさを感じました。

Img_84861

本に掲載されていた南鑼鼓巷の写真。
今はかなり観光地化されて、あのような緑一杯の風景は
メインストリートから消えてしまいました。。。。

たった3年しか北京に住んでいない私が、
ほろっとノスタルジーに浸ってしまうほどなのだから、
しゃおりんさんのお気持ちはもっと深いものがあるでしょう。

書店でこの本を見かけた方、是非お手にとってみてください。
中国の書店に日本語版が並んでいたら、拍手してください(笑)。

実際、自分のエッセイや体験談を書くことは比較的簡単でも、
それが書籍となって出版されることは非常に難しいことです。

1月にインドへ旅に出る前、さんざん周囲から
「インドは危ない」だの「命を落とす」だの「事件が勃発しまくっている」
だのと言われていたので、念のためにいくつかの旅行記・体験記を
読んで予備知識を頭に叩き込んだのだけど、私が読んだ本は
どれも個人的な体験談の中にあっても、私にも役に立つ内容ばかりでした。

個人的な体験談、それは面白いのだけど、書籍になったものは
やはり、他の人にも、いかに楽しんで役に立ててもらえるか、という
公共性や客観性の要素があってこそ、
世に出て行く情報源となるのだな・・と、考えさせられました。

実は今密かに、インド旅行記なるものをせこせこ書いています。
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/01/post-2036.html

個人的な日記に終わってしまうのはもったいないので、
他の人と違うインド旅行体験、かつ、公共性ある内容
となるように、悪戦苦闘で書いてます。

ま、今は所々端折りながら、長くならないようにしているのですが、
近い将来、出版するときは・・・(密かな野望)。

【インド旅行の前に読んだおすすめの旅行本】
 『インドでわしも考えた』  椎名誠 (集英社文庫)
 『危険な世界の歩き方』 岡本まい (彩図社)
 『ガンジス河でバタフライ』 たかのてるこ (幻冬社文庫)
 『旅のハプニングから思考力をつける!』 樋口裕一 (角川oneテーマ21)


↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 北京、やっと・・・初雪!? | Main | 【撮影・動画】四川大地震-09年新春・都江堰再訪&成都パンダのおまけつき »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

ご紹介にあずかりました、しゃおりんこと小林です!^^
当人が真っ先にカキコするのはどうかとも思ったのですが、
お友だちだからいいですよね~~!!

>大先輩
んな 「大」 だなんて、強調しないで~~^^;

でもでも素敵なレビュー、ありがとうございました!
一言ひとこと、噛み締めながら拝読しました。^^

>公共性や客観性の要素があってこそ、
ふむふむ、そうだったんですね~~なるほど~~
(って自分で納得してどうするっっ!!)

近々拙ブログでも、「逆紹介」 させていただきますね~。
本当に、この度はありがとうございました!!
今後ともどうぞよろしくです~~!!

Posted by: しゃおりん | February 18, 2009 at 01:25 AM

しゃおりんさん
おお!さっそく読んでくださってありがとうございます。

いやいや、私には大先輩ですよ・・・
中国在住暦といい、中国の皆さんとの交流の広さといい、
もっと見習わなくちゃいけないなぁ、と
本を読みながら、その思いが深くなりました。

これからも、いろいろと見習わせていただきます。

Posted by: koma | February 18, 2009 at 11:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/44093283

Listed below are links to weblogs that reference 【レビュー】『物語北京』に見た"古き良き失われてゆく北京":

» 拙著 『物語北京』、中国で出版されました! [北京メディアウオッチ 〔ブログ〕]
     さてさて、私ごとで恐縮ですが……。 私めの初のエッセイ・コラム集となる 『物語北京』 (北京を物語る) がこのほど、中国で出版されました!  中国国務院 (政府) 新聞弁公室が管轄する五洲伝播出版社から、日本語、中国語、英語3カ国語版の同時発売となりました〜〜!!(写真)。    中国のめざましい経済発展とともに、ダイナミックに変貌する首都・北京。 とりわけ中国で初開催されたオリンピックの前後においては、人々の期待と高揚、緊張感がないまぜになった独特なムードの中で、街全体が大き... [Read More]

Tracked on February 18, 2009 at 01:32 AM

« 北京、やっと・・・初雪!? | Main | 【撮影・動画】四川大地震-09年新春・都江堰再訪&成都パンダのおまけつき »