« 意外と不便だった日本の一面 | Main | 【レビュー】アカデミー賞候補作品『おくりびと』 »

日本へ観光に来るからには・・・

北京へ戻ってきた。

旧正月最終日に乗った飛行機は、
快適な空の旅とは程遠いものだった。。。

今度、旧正月に日本へ帰る時は、

「絶対、日系の航空会社にする」

と、誓ってしまったほどである。


2月2日夜、某中国系航空会社の便。

私の周りは、団体ツアーで日本を旅行した中国人でびっしりだった。
特に親子連れが多かったせいか、周辺からぎゃあぎゃあ騒ぎまくる小皇帝に
座席を何度も小突かれ、親達はおかまいなしに席を立っておしゃべり放題。

これから、また始まる北京生活に体を馴染ませるには
いいウォーミングアップになったが、やっぱり窮屈な空間に気遣いは欲しい。。。

横に座った中国人夫婦と、ちょっと会話をした。
どうやら、この団体ツアー、スキー&雪遊びに行ってきたらしい。

「中国の出国管理は簡単なのに、日本の入国管理は大変だねー」
「日本は何かと大変だね。中国の方が住みやすいでしょ」

「(うーん・・・)私は日本の方が簡単だと思いますよ。私は日本人だから
→理解してくれたかな?
中国人のあなたは中国が便利だけど、日本人の私は日本が便利だって。

「日本料理はおいしくなかったね。中国料理の方がおいしいでしょ」
「いや、日本料理はおいしいですよ。ヘルシーだし」→ちょっと反論。

「結婚してないんかい?中国でボーイフレンドを探しなよ。
中国には優しくていい男がいっぱいいるよ!(その後、熱弁)」
「・・・・(苦笑いで反応せず)」
(私の本音:中国人はタクシードライバーやそのほか偶然会う人も、
二言目にはこの手の話を好んでするが、実はうっとおしい。
もっと別の話をして欲しい。)

中国人は、話したいことをありのまま遠慮なく話す傾向がある。
初対面の日本人に日本を否定的に言っても悪気はないのだ。

が・・・受ける側の表情の奥を読んでくれ、という気分にはなる。

彼らの雰囲気から、確かに日本で楽しんで頂いたのだろうが、
おそらく、現地の日本人とはほとんど交流せずに、
東京の秋葉原やスキー場でも、静かを好む日本人の顔を見ずに
大声で中国語を話し、はしゃいでいたような光景が浮かんだ。

そして同様に、中国語を聞き取れないほとんどの日本人は、
冷ややかな目で、「ああ、中国人だよ」という視線を送っていたのではないか。

この旧正月、中国人の海外観光目的地で
日本がトップに立ったニュースが発表されたが、
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0203&f=business_0203_010.shtml

これを手放しで喜べない自分がいる。

もちろん、北海道をはじめ、色んな自治体が北京で一生懸命誘致を
展開している姿を見てきたので、その成果が出てきていることは嬉しい。

ただ、これからは誘致するだけでなく、
もう少しでも日本のことを理解してもらえるような、
いわゆる観光の目的を、心から追求してもらえるような
旅行プランが必要なのではないか。

えーっと、
観光の目的ってなんだろう?

私は、中国各地や世界を旅するのが好きだが、
目的や醍醐味は、その土地について、
実際に見て触れて理解する楽しさだと思っている。

よくも悪くも「百聞は一見に如かず」なのだ。

なぜ、ここに、この街ができたのか、どんな歴史や文化があるのか、
そこに生きる人々の営みは・・そして、そこの人と交流できれば最高!

そりゃ、時には嫌な思いもするけど、海外でのハプニングは
日本では「ありえないこと」に出会えるチャンスだと思っている。
それはまた、自分の視野や輪を広げる、替えがたい喜びにもなるのだ。

まあ、そういう私も、この飛行機の中の一瞬の時間だけで、
日本へ来る中国人ツアー客の全体を見るわけにはいかないけど、

なんとなく、今後の観光誘致を行う人や観光客に、
もう一歩、踏み込んでもらえるようなことを期待したい気分になった。

私、何かできないかな?

|

« 意外と不便だった日本の一面 | Main | 【レビュー】アカデミー賞候補作品『おくりびと』 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。
中国のことが知りたいなぁと思っていた矢先に、偶然このブログを見つけました。

私自身、観光の醍醐味は、人と触れ合ったり文化を感じたりしながら、新しいもの、違うものを発見することだ思っているので、共感しながら読みました。

日記と直接関係ないのですが、中国人はインドをどう見ているのかなとふと気になったのでコメントさせて頂きました。
政治、文化、社会、経済、どんな側面でもいいのですが・・・

地理的には本当に近いですが、中国人はインドのこと、どう思ってるんでしょう?親近感もってるのか、ライバル的な存在なのか、未知の存在なのか。。。

今インド研究をしているのですが、中国のことはまったく分からないので、もし機会がありましたらぜひ書いてみてください。
突然のコメントで失礼しました。

Posted by: ui | February 05, 2009 at 09:58 AM

uiさん
コメント、ありがとうございます。
インドと中国・・一昔前は犬猿の仲だったそうですが、
今はそんな感じはありません。じかに聞いたことがなく恐縮です。。

インドでも、以前住んでいた人によると
中国批判のニュースが一杯流れていたと聞きましたが、
先日実際に行った時点ではまったくそんなこともなく、
現地で中国人旅行者にもたくさん会いました。

インド研究、興味があります。
どんな研究をなさっているのか、今度教えてください。

Posted by: koma | February 05, 2009 at 11:03 AM

ありがとうございます。

私はロンドンで、南アジア地域研究をしています。
インドの文化人類学が主専攻なので、生活様式から祭祀、カースト/コミュニティからミドルクラス、ジェンダー、ナショナリズムまで幅広く(浅ーく)勉強しています。
私自身はインドの高等教育が関心分野ですが、インドのこと、ほとんど知らないままに始めたので、驚くことがたくさんです。

お隣中国とも、将来的に円満な関係が築けるといいなぁと思っています。
アジアの平定のためにも。

Posted by: ui | February 07, 2009 at 09:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/43944612

Listed below are links to weblogs that reference 日本へ観光に来るからには・・・:

« 意外と不便だった日本の一面 | Main | 【レビュー】アカデミー賞候補作品『おくりびと』 »