« 北京でトイレを直す!ただ、それだけなのに長編 | Main | EarthHour(地球一小時)で北京の灯りが消える―3月28日に開催!! »

中国テレビ番組、日本人司会者のトークで歴史問題に?

2005年の反日デモからもうすぐ4年。
改めて、中国の歴史問題が根深いことを痛感した。

<軍歌歌手を激怒させた日本人司会者―中国>
http://www.excite.co.jp/News/china/20090314/Recordchina_20090314006.html

などいくつかのニュースによると、
9日、湖南衛星テレビのバラエティー番組「天天向上」
日本人司会者、矢野浩二さんが冗談で発した言葉に、
旧日本軍の蛮行を思わせるとして、ゲストの軍歌歌手、
劉斌(リウ・ビン)さんが怒り出す騒ぎがあったという

詳細については、矢野さんのブログに則りここには書かないが、
中国にいる同じ日本人として、他人事とは思えない出来事である。

私も日常的に、盛り上げようとしたり、特に意識することなく
発する言葉はたくさんある。それが知らぬ間に中国人の逆鱗に触れ、
怒らせてしまっていることもあるのではないか・・・。

実は、この番組を観たことがなかったので(すみません)、
「土豆網・天天向上」に動画掲載されていたものを視聴してみた。
(中国は番組の放送時間が読めないのでこういうのがあると便利)

・・・面白い!
4人の司会者による絶妙なトークと踊り、
毎週、テーマを決めて面白く展開。外国人の私が見てもわかりやすい。

3月13日の放送分(アップ分)では、
縄跳びの記録を持つ日本人の女の子が登場し、矢野さんが通訳。
「俺、日本語できるぜ」とボケた回答をする中国人司会者もうまい。

問題の番組はまだ放送されていない。
放送されても、そのシーンは恐らくカットされるだろう。
でも、果たして怒るに値する状況だったのかどうか、
後ほどアップされたら見てみたいと思う。

今回の件は、本人が自身のブログ(日中両言語)で記載。
分量のあるエントリーを、日中、同じ内容で書かれています。
日本語 http://yano-koji.jp/2009/03/post_285.php#more
中国語 http://blog.sina.com.cn/s/blog_4a6c545e0100ca7b.html

そして、中国語のブログを観るとこの日のエントリーは
22万以上のアクセス数に、3800以上のコメント数!!(16日午後5時)
そのほとんどが、たくさんの中国人ファンと思われる人たちからの、
「加油!(頑張れ)」「支持」の文字入り応援メッセージである。

今回の事件を通じて、改めて矢野さんが、
たくさんの中国人に愛されるキャラクターになっていることも伝わってきた。

4年前の反日デモの頃には、激しい非難を浴びていたかもしれないが、
今や、中国のテレビ番組で日本人が司会をできるようにもなっている。
そして、そんな彼を中国の人たちが応援している。
それだけで、平和なことかもしれない。

こうした事件を乗り越えて、
矢野さんが、これからも「天天向上」で中国の司会者たちと
楽しい番組を作り続けてくれると、嬉しいかぎりです。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 北京でトイレを直す!ただ、それだけなのに長編 | Main | EarthHour(地球一小時)で北京の灯りが消える―3月28日に開催!! »

日中コミュニケーション関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中国テレビ番組、日本人司会者のトークで歴史問題に?:

» 縄跳びダイエット [縄跳びダイエット]
縄跳びダイエットは、きついけど、それだけにカロリーの消費量が多く、話題になるとおりダイエットには適しています。でも、きついダイエットというのはほとんどの人が長続きせず、途中で挫折してしまいます。縄跳びダイエットも、きつく、雨天時はできないので、余計に続けることが困難です。... [Read More]

Tracked on April 12, 2009 09:36 PM

« 北京でトイレを直す!ただ、それだけなのに長編 | Main | EarthHour(地球一小時)で北京の灯りが消える―3月28日に開催!! »