« 二度目の蘇州(前編) | Main | 中国生活にも便利!!『Google翻訳ツール』 »

二度目の蘇州(後編)

まだ雨が降っている。

今回の蘇州行き。理由というのは、これまた出張。

1096912747_89

1月に、日本のデパート「そごう」などを有する
圓融時代広場」というショッピングモールがオープン。
51万平方メートル、東京ドーム10個分もの敷地を縦断する
大型天井スクリーンが、世界最長ギネス更新ものとのこと。

参考までに、こちらの映像をご覧ください。
http://v.youku.com/v_show/id_XMzg4NjMwMDg=.html

全長500メートル。北京にある天階世貿が250メートルなのだから、
その2倍ということか・・・

で、これを撮影してきたのです。

そんな訳で、市の東側にある「工業園区」の中でも、
金鶏湖の北東側一帯を占める、新開発区の訪問。
工業園区は3年前にも訪れたけど、こんなに近未来都市だったっけ!?
と、驚きを隠せませんでした。

昼間に、隣の「工事中の」ビルから全景を見せてもらいました(上の写真)
真ん中に流れる川のような部分が、全部スクリーンなのです。
うーん・・・絶景。でも、工事中だったので、むき出しでちょっと怖い。

そして夜になると・・・おおお!!

Web1

こんな感じ。通り一帯がテレビCMになったり、
プロモーションビデオになったり、かなり豪快。

敷地内もライトアップ。幻想的な風景が広がります。

P1200946

そして「ある企画」をやったのですが・・・それはあとのお楽しみ。

ショッピングモールを撮影した後、スタッフと夕飯へ。
金鶏湖の南側にある夕飯街。。。。な、なんだこの電飾は!!

P1200952

二重の塔や古い家屋など、
歴史的風情漂う蘇州の建物すべてに電飾がついている。
いいのか、これで・・・いいんだろうな、中国的に。

にしても本当、私が以前訪れた時はこんな風景、あっただろうか。
ちょっと気になったので、前回の取材でお世話になった
工業園区の会社に駐在していた友人(今は日本へ帰国)に、

「私が以前行った2006年8月にも金鶏湖の東側は
既に開発されていたかな、あるいはまだ更地だったのかな」

と尋ねると、友人は・・・

金鶏湖の東側って、どっち?

え!?

駐在期間仕事であまり外出できなかったか・・・
あるいは、私の質問の仕方が悪かったのか・・・

余所者の私は、東西南北でしか蘇州の土地を示せない。
ひょっとすると、地名や「○○路」だったらわかりやすいのか・・・

ひとまず、今度来るときは、ゆっくり観光しながら、
大雑把に言う「金鶏湖の東側」を訪れてみてくださいね。

良くも悪くも、変わる場所、変わらない場所がある。
蘇州も、取材をおこなった工業園区と、観光街の庭園。

すべて含めて、今の蘇州なんだと思いながら、
上海へと戻る私なのであった。

・・・余談・・・

P1200925

上海から、いつの間にか動車(新幹線)と言われる「和諧号」が開通
以前、火車で1時間かかった距離が、今や30分。
料金も26元(350円くらい)と若干高くなったが、ぐっと近くなった。

北京-天津も30分でつなぐけど、こちらの最高速度は時速300キロ。
上海-蘇州間の最高は200キロ強だった。
※ちなみに、北京-天津の場合、運賃は50元前後もする。

全国に動車が走るようになると、中国大陸もぐんと狭く感じる・・・
いや、まだまだ広いかな。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 二度目の蘇州(前編) | Main | 中国生活にも便利!!『Google翻訳ツール』 »

中国国内旅行」カテゴリの記事

Comments

いい歌ですね、お気に入りです。

「千年の修行、千年の孤独」

「飄飄の物語」を、もっと知りたいです。

Posted by: 千年キタキツネ | March 05, 2009 at 08:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/44235778

Listed below are links to weblogs that reference 二度目の蘇州(後編):

» 北京-上海撮影出張スッタモンダ:機内持ち込みの備忘録 [北京撮影映像制作奮闘信息]
普段、いかに自分が身軽な旅ばかりしているかを痛感した。3月1日〜3日まで、スタッフ3人で上海・蘇州へ出張。当然のことながら撮影の仕事なので、機材一式(カメラ・三脚・レンズ・テープにバッテリー)を用意して旅立った。・・・蘇州にて、世界最長の天井スクリーン撮影を....... [Read More]

Tracked on March 04, 2009 at 12:24 PM

« 二度目の蘇州(前編) | Main | 中国生活にも便利!!『Google翻訳ツール』 »