« 2つのドラマ~WBCと甲子園~ | Main | 日本文化紹介講座、今年も開催しますin北京 »

運転免許の更新で、SEO対策を学ぶ in北京

SEO(サーチエンジン最適化)とは:
サーチエンジンの検索結果のページの表示順の上位に
自らのWebサイトが表示されるように工夫すること。

最近、このSEOに関心があるので、今回の話もその観点から一筆。

・・・

4月に誕生日を迎えるタイミングで、日本に一時帰国します。

目的は、もちろん誕生パーティー!!

ではなく、運転免許更新の時期なのです。
日本の決まりでは、一般の人は3年に一度、
無事故無違反もしくは無検挙のドライバーは5年に一度、
運転免許の資格を更新するために、講習を受けます。

このために、日本へ帰らなければならないのです。

ところが、誕生日1ヶ月前に届くはずの、
「更新のお知らせ」という葉書がまだ届いていないと実家から連絡。

北京へ渡る3年半前、住んでいた東京から実家のある県に
免許の住所は変更してあるので、東京に行くことはないはず。
住民票も、実家の住所に移した後で、「海外へ転居」にしている。

しかも最近更新したという北京在住仲間も、
「日本の、免許の住所を登録している実家に葉書が来て、
それを持って更新に行きましたよ」と言う。ちゃんと届くのだ。

気になったので、まずは葉書が届いていなくても
免許更新できるかどうかを、確認してみることにした。

「Google」に「運転免許 更新」と入れて検索。

すると検索結果の一番目に出てきたのが、このサイト。
「運転免許総合案内所」http://www.unten-menkyo.com/

これは分かりやすい。
痒いところに手が届く、検索のしやすさ。
見ると、「葉書がなくても更新に行ける」ことも書いてあった。

けど、念のために、直接聞いてみよう・・・、と、
実家のある都道府県の問合せ先を調べると、このサイトには
○県の免許センターも住所と電話番号だけだけど記載されていた。

「なんだよ・・メールアドレスないのか・・」
国際電話は通話料が高いので避けたいのだけど、仕方ない。

電話をかける。

出てきたおじさんに、葉書が届いていない旨を説明。

すると、おじさんは即答。
「ここじゃなくて、こっちの番号にかけ直してもらえますかねー」
この県特有の訛りがある、ぶっきらぼうな話し方。

まず、問い合わせの盥回しに遭うだけでも嫌なのに、
根っからこの地域の人間でない私には、この話し方が鼻につく。
おじさん役人の、特有の話し方でもあるのか・・・

(まあ、お役所のサイトって、こういうところの更新は鈍いからなぁ・・)

と、思わず、
「ホームページには、この番号しか記載されていませんでしたよ。
修正した方がいいんじゃないですか」

と話してみると、向こうからは何の謙虚さもない態度で、

「へぇー、県警のサイトには両方記載されてますけどねぇ

そんなの知らん!
というキーワードが当たり前のように出てきた。
運転免許でしょ、県警のサイトで検索する人なんていないよ。

でもおじさんは「なんで県警のサイトを見ないの?」とでも言わんばかり。

「私、『運転免許総合案内所』っていうサイトで調べたんですけど」
「それは知りませんなぁ、どこかの個人が作ったんじゃないんですか?」

そのどこかの個人サイトに、SEOで負けているんですよ、県警さん。

ひとまず、番号は教えてもらったものの、憤然たる思いが残る。

こないだも、我が母校・T大学の駐車場で警備員のおじさんの態度に
カチンと来たことがあったけど、この県のおじさんは、なんでこうなの・・・。
全国レベルで仕事できないだろうな・・・。

ためしに、今度は「○県警 運転免許 更新」と入れて検索。
こうすれば、確かに一番最初に出てきましたよ。はいはい。
こんな、広告のビラみたいなページが出てきました。
http://www.police.pref.gunma.jp/koutuubu/04menkyo/sinseitetuzuki.htm

でも普通、運転免許について調べるときに「○県警」なんて
キーワードに入れませんし、イメージも繋がりません。

ちなみに、「運転免許 更新」だけで検索したところ、
兵庫県警、神奈川県警、愛知県警は10位以内に登場

3番目には「運転免許:警視庁」が出てきたが、これは東京都

ちゃんと、SEO対策を採っている県警サイトもあるのですね。

利用する人が、どんな思いで何を求めて、どうやって検索するか、
少なくとも○県警の運転免許センターに求めるのは無理な話なのだろうか?

そういえば、最初に出てきた「運転免許総合案内所」のサイト。
本当に個人で運営しているサイトのようですが、
トップページに、こういうことが書いてありました。

「当サイトでは運転免許に関する情報を分かりやすく説明し、
警察署のHPでも説明されていない事や、説明されているが
分かりにくい事などを分かりやすく、より具体的に説明していますので

何か分からないことや疑問があった場合にお役立ていただければと思います。」

いやまったく本当に・・・
この人も、一般利用者の立場にあって、苦労したんだろうな。

わかりやすい訳だ。

県警さんも、こういうサイトの存在を知ってるのなら、
もう少し利用者の立場に立ってみるとか、

少なくとも個人サイトを見下す言い方するなら、
個人サイトよりも上位に県警のサイトが出てくるような
「SEO対策」でも採ってくださいな

でないと私が、○県警を見下しちゃいかねません。
それ以前に、日本に帰ったら、○県以外の都道府県に住んで、
住民税もそっちの県にお支払いすると、考えますね。

久しぶりに、日本のサービスでちょっと不愉快な思いをした。
それが、仮にも現在実家がお世話になっているはずの
○県の公務員なのだから、心境は複雑なのだけど・・・

あ、でも、
教えてもらった番号にかけ直した時応対してくれたお姉さんは、
親切に「葉書がなくても更新できます」と明るく教えてくれました。

○県の運転免許係の人すべてに不愉快な思いをした訳では
なかったことが、ちょっと心を救われました。

その前に、なんで届かないんだろう・・・葉書。


↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 2つのドラマ~WBCと甲子園~ | Main | 日本文化紹介講座、今年も開催しますin北京 »

日本生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/44443326

Listed below are links to weblogs that reference 運転免許の更新で、SEO対策を学ぶ in北京:

» 自動車学校について [自動車学校について]
自動車学校についての詳細です [Read More]

Tracked on April 06, 2009 at 12:15 AM

« 2つのドラマ~WBCと甲子園~ | Main | 日本文化紹介講座、今年も開催しますin北京 »