« 変わり行く芸術村(画家村)「蟹島」でバーベキューin北京&「地球を歩く、木を植える」プロジェクトin日本列島  | Main | 「冬の次は、夏!?」な北京の、ほんの短い春を堪能 »

変わり行く三里屯で、ホテル「オポジットハウス」に泊まるin北京

日本から前職の同僚・Oちゃんが来燕。

そこで、先日の「アース・アワー」取材でお世話になった
三里屯にあるホテル「オポジット・ハウス」に宿泊しました。

【ザ・オポジットハウス】
http://www.theoppositehouse.com/
(日本語での説明は、こちら)
http://www.splendor.jp/hotels/opposite/index.html

中に入ると・・・おおおおお!!
この空間に思わず2人で絶叫です。

Img_9557

部屋に一歩足を踏み入れると、木のいい香りが・・・。
廊下、扉、そして室内までが木で演出されています。

スリッパも要らない(ついているけど)ほど気持のいい、フローリングの感触。
広々とした空間には、木のデスクと大型のベットとソファ。

Img_9562

ベッドルームとバス・洗面所を仕切るのは、ガラスとカーテンのみという大胆さ。
「これ・・お風呂に入っている時って、部屋にいる人から見えるんじゃない?」
などと入らぬ心配をするものの、カーテンと大型テレビで、しっかり隠れてました。

Img_9563

Img_9571

トイレも洗面所もバスも、どこかで木の素材が使われています。

備え付けのシャンプー・リンス・ボディソープはアジアンテイスト。
ふんわりと身体を包むバスタオルも大型。

照明は、センサーで一定時間が過ぎると自然に消えます。
余談ですが、外観も夜は、周囲を覆う竹の部分以外はライトをつけていません。

私もOちゃんも、
「北京にこんな所があったんだーー!!」と感動しまくりの一夜でした。

Img_9592 Img_9597

このホテルの建物は、
日本人建築家・隈研吾氏がプロデュースされたそうです。

あと、ホテルのプロジェクトに携わっているデザイナーさんの知り合いによると、
部屋のインテリアや備え付けのアメニティ、ライトからバス・トイレのインフラは、
みなさん方が商品探しや買い付けに奔走されているそうですね。

このホテルは、「アース・アワー」の消灯活動にも参加したとおり、
環境や自然への配慮が施され、気持いい空間に包まれたホテルでした。

どんな部屋にしたいか、どんなサービスをしたいか、という演出が
様々な専門家に施され、「ホテル」という舞台で一つの物語を完成させる
もはやホテルは、ただ「寝る」だけの場所ではないんですね。

北京でそんなことを学びました。

そして朝、窓を開くと・・・

外はまだ建築中の三里屯Villageでした。
三里屯Village自体が、ユニクロのある敷地までではなく、
どんどん奥まで拡張しているのですね。

P1210239

かつては、そして今もまだ長く住んでいる北京の人には
「服装市場」「酒バー街」という印象の強い三里屯ですが、
新しいショッピングモールとして生まれ変わりつつあります。

昨年のオリンピック前後に営業を開始したこの一帯。
五輪後の北京でも人が集まるような、素敵な演出を楽しみにしています。

でも、難点が一つ。
「三里屯Village」とか「オポジットハウス」は英語表記なので、
未だにタクシーの運転手さんには覚えてもらえていない様子。
タクシーで行くときは、まだ「三里屯、酒バー街」と伝えています。

タクシーの運転手が英語を覚えるか、英語の発音に近い漢字を当てるか、
英語の固有名詞のままで有名な観光スポットになるか。

どれが一番早いでしょうか。

Img_9601

ザ・オポジットハウス(ホテル)
北京市朝陽区三里屯路11号院1号楼 100027
TEL:(8610)6417 6688
FAX:(8610)6417 7799
予約は、インターネットでできます(英語・中国語のみ)
http://www.theoppositehouse.com/

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 変わり行く芸術村(画家村)「蟹島」でバーベキューin北京&「地球を歩く、木を植える」プロジェクトin日本列島  | Main | 「冬の次は、夏!?」な北京の、ほんの短い春を堪能 »

中国(ロハス)楽活」カテゴリの記事

Comments

本当にオポジットハウス、すごかったね。
とても北京にいるとは思えなかったよ!今度はダーリンと泊まりたいものですね(笑)

Posted by: O2 | April 09, 2009 at 10:35 PM

本当、北京とは思えないところでしたね。
カップルで行くほうが確かにふさわしいのかな・・・^^;

Posted by: koma | April 16, 2009 at 11:58 AM

トラバありがとうございました。
私が泊まったお部屋と同じタイプですね。
(記事の写真はそれより前に部屋を見せてもらった時に撮ったものです)

映像をお仕事にされているだけ、写真がすばらしい!
またちょこちょこ遊びに来ます。

Posted by: Hideyo | April 24, 2009 at 06:26 AM

Hideyoさま
メール&トラックバックありがとうございました。
自宅のPCから、なぜかこのブログにコメントできず、
いきなりトラックバックだけつけてしまいました。すみません。

実は、別の内容で検索しているときに
Hideyoさんのブログにたどり着き、オポジットハウスの記事を
見つけた次第です。
でも、あのアメニティ持ち帰られたんですか・・・
高級そうだったので、ちょっと遠慮してしまいました==;

Posted by: emmy | April 24, 2009 at 10:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/44604132

Listed below are links to weblogs that reference 変わり行く三里屯で、ホテル「オポジットハウス」に泊まるin北京:

» Ba Yan Ka Laのソープ [北京の青空 - その後]
最近洗顔ソープを新しいものにしました。 上海のコスメショップ、Ba Yan Ka [Read More]

Tracked on April 24, 2009 at 06:31 AM

« 変わり行く芸術村(画家村)「蟹島」でバーベキューin北京&「地球を歩く、木を植える」プロジェクトin日本列島  | Main | 「冬の次は、夏!?」な北京の、ほんの短い春を堪能 »