« March 2009 | Main | May 2009 »

『豚由来の新型インフルエンザ』対応マスクは北京で買えます

朝、オフィスへ行くと中国のスタッフの方に
日本のマスクが売っている所を知らない?」

と尋ねられたので、先日届いた北京東京会からの
マスク販売情報をちょっと提供しました。
なのでここでもおすそわけ。

『コクヨ』EasyBuyサイトより
Mask

http://www.ey100.com/bj/AdvanceSearch.asp?Action=1

コクヨさんの回し者ではござんせんが、
ネットでも電話でも注文できるので便利です。

・・・

日本では、トップニュースはこのインフルエンザの話題でもちきりですね。
※「ブタインフルエンザ」という言葉は豚肉のイメージダウン、および
風評被害につながるそうなので、新聞では「ブタ由来の新型インフルエンザ」
という言葉を使うようになったそうですね。テレビはどうかな?

在北京日本人の間でも話題になり、駐中国日本大使館からの
メーリングリストも毎日のように状況報告が送られてきます。

では、中国にいる巷の人はどうだったのかというと・・・

日本でヒートアップし始めた4月20日ごろから先週末

それなりに報道もあり、テレビでも流れ、
新華社などのサイトでもトップ掲載されていたのですが、

街角の人たちは、已然平然自然なままでした

でも、砂埃や柳の綿がフワフワ空中を飛んでいる季節でもあり、
咳き込む人や喉を痛める人は少なくない。
バスに乗っても、後ろに座ったおっちゃんが私のうなじに向かって
「ゴホッ、ゴホッ!」

この人、インフルエンザのニュースを見ていないのだろうか。。。
本気で怖くなりました。

それがびっくり!今週に入った途端、テレビはずっと豚さんの映像。
メキシコから飛行機で帰って来た人、検査を受ける人、とオンパレード。

オフィスのスタッフの方によると、
今、巷ではマスクが飛ぶように売れているので、日本のお店で
早く性能のいいマスクを購入したい、と急いでおりました。

それが、冒頭の話です。

火がつくまでは遅いけど、
一度火が点くと瞬く間に広がるのが北京のネットワークです。

騒ぎになって、やっと
ひとまず情報が皆さんに知れ渡ったと知り一安心・・・

「安心」って言っていいものかはわかりませんが(汗)

何はともあれ、皆さんご用心を。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

LOSHの双人展―「流光」を鑑賞in北京

3月28日から4月26日まで開催されていた、
日中両国で活躍するデザイナー、
LOSH横田光隆さん&加藤弥生さんの「双人展」へ行ってきました。

会場は、華貿購物中心にある「愛普生影芸坊 北京」
「愛普生」とは「エプソン」さんの中国語名称です。

Img_1687

静かな空間に、和風の染色布が整然と並べられていて、
心を落ち着かせてくれるようです。

説明を読んでみると・・・なんとこの作品、
エプソンさんのプリンターで布をプリントしたものだとか!!?

Img_1690

柔らかい布の上に高品質のプリントを行うことで、
布の上に大自然を展開することができています。

Img_1692

池をあしらった台の水面には、ハスの形に折った布。
それぞれ、どんな模様がプリントされているか書かれていました。
「白菜」「蛇」「とかげ」面白いものばかり。

残念ながら、私が見に行ったのは最終日。

お二人は、日本と中国を行ったりきたりしているので、
今回はお会いすることができませんでしたが、
次回また面白い企画を持って来中されるのを楽しみにしています。

Img_1679

展示会場紹介 「愛普生影芸坊 北京」
住所:北京市朝陽区建国路79、81号
    華貿購物中心真ん中の棟2階L228商舗
電話:010-85999412
URL:http://www.epson.com.cn/epsite

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっぱり「ココイチ」があると嬉しい北京

Img_1327

北京市の北側、四環路にある「イトーヨーカドー」
5階にある「ココイチ」こと「COCO壱番屋」で友人夫婦とカレー。

・・・なんだかここまで書くと、北京にいる気がしない(^^;

3つカレーを並べてみると、なんだかルーの色が違う。
1辛(左)、3辛(奥)、そして私が頼んだのは5辛。
北京のココイチは、5辛が最高で、追加料金はありません。

なので遠慮なく最高級の辛いカレーを頼むのですが、
中国の人は、辛いカレーを食べる習慣がないのか、

まず店員さんが目を丸くします(汗)

そして、「真的可以?(本当にいいの?)」と確認します(汗)

・・・中華料理はあんなに辛いのに、不思議です。

思えば、別の日系カレー屋に行った時は、
「激辛」というメニューがあったので注文したのに
全然辛くなくて抗議したら、店員さんから話を聞いた
コックさんが奥から「辛くしたよー!」と反論してきたので、

カレーの辛さについては、日中摩擦があるようです。

・・・というのは、私だけでしょうか(汗)

今日も汗をかきながら、おいしく「5辛」のココイチカレーを・・・
「豚キムチ炒め」トッピングでいただきました(大汗)

やっぱり、北京で一番おいしいカレー屋は「ココイチ」かも。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最後の桜かも・・・in北京

Img_1309


北京市の大望路で見た、
まだ花をつけていたけど、たぶん来週には散っているだろうな。

翌日、日本人学校へバスケットに行くと、
校舎の入口にも桜が咲いていましたが、かなりの花びらが下に・・・

・・・わざと揺するんじゃない!子供たち!!

おそらく、これも来週にはなくなっていることでしょう。
桜の花も、ソメイヨシノが一番短命かな。
八重桜、ヒガンザクラ、枝垂桜は割合長く咲いてくれるのですが、
やっぱり1~2週間程度で散ってしまうかも。

短いからこそ、日本人はどこかで桜に切なさを感じ、
憂いを感じ、喜びを感じ、大げさに言えば人生を感じるのでしょうか。


春も終わりの北京です。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一足お先に?『南京!南京!』in北京!北京!

「一足」と言っても、日本での公開はまだ決まっていないようです
でも、日本でも是非公開して、皆さんに見てもらいたい映画ですね。

Img_1344

陸川監督作品の『南京!南京!』

Img_1348

既に1年以上前に撮影は終了していたにも関わらず、
上映までにいたる道のりは厳しかったのですが・・
(しゃおりんさんの『北京メディアウォッチ』に、
詳しく書かれています http://pekin-media.jugem.jp/?eid=546

ついに、公開の運びとなりました!!
で・・・日付がはっきりわかっていなかったのですが、
今日(22日)から公開ということを、
その日の朝になってネットで知り、即断!
初日の様子を見ようと、富力城のシネコン・双井UME映画館へ。

初日ということもあり、席はほぼ満席でした。

が、映画の途中で帰る人が私の視界に約3名(汗)

・・・

映画は、

「なぜ市民を殺す必要があったのだろうか・・・」

と言うことを、考えながら観させられました。

中国人の監督・スタッフによって作られた作品だけど、
かなり具体的に描かれていて、引き込まれました。

日本人兵士達が南京でたくさんの人を殺したり
従軍慰安婦を徴収する様も生々しく描かれているのですが、

こうした残虐なことを繰り返すうちに、
戦争や虐殺に対して悩む日本兵の姿、
日本人も中国人が怖かったんだろう、と同時に、
ふるさと日本を恋しく思い「帰りたい!」と叫ぶ兵士、
精神ギリギリのところで必死に生きている様子なども・・・

中国人が作った作品とは思えませんでした。

でも、この日本人の場面に大して、中国人から議論が起こっているようです。
「観せるための商業目的がにおう演出だ」
というのと同時に、陸川監督に対して、
「この親日派め!日本に同情しがやって」
という意見があったようです。
http://www.47news.jp/CN/200904/CN2009042201000622.html

そして、杭州での試写会&舞台挨拶では、
日本人俳優の中泉英雄氏が観客から「ばかやろう!」と罵倒される
場面もあり、一瞬会場が凍りついたそうです。

でも、ここで、戦争が終わって既に60年、理解を示す中国人もいて、
「彼こそ勇敢だ!」という彼を庇う応援の声が次々と上がり、
拍手が沸き起こったのを見て、中泉氏が涙を流したというエピソードが。

日中の人々が持つ思想のバランス感覚は、まだ難しいけれど、
少しずつ互いを思いあえるようになってきた・・・と、思います。

この記事を参照。
http://news.livedoor.com/article/detail/4121673/

陸川監督が自身のブログで綴っていたのですが、
http://blog.sina.com.cn/piggy

「南京大虐殺の映画はこれまでもたくさん作られ、象徴的なものになりました。
でも、私が長年たくさんの資料に目を通しこの題材について
皆さんが持っているもの以外の視点を探ってみたところ、
実はたくさん私たちが知らない、よく言えば忘れ去られた、
悪く言えば抹殺された史実がたくさんあることを知りました」

商業目的でも、日本に同情するでもなく、
できる限り色んな視点から事実に忠実になった陸川監督。

中国の歴史教育は、ある一点の視点のみ集中して教えられ、
それ以外の事実は知らされていないように教えられますが、
幅広い資料にあたって、違う視点もあることに気づいた人が、
それを多くの人に伝播していく時代も来ているのでしょう。

日本人は総じて、南京大虐殺について詳細に教えられていませんが、
日本でも是非公開して、中国の人と同じものを観て、
一緒に考えたいな、と思いました。

それにしても今回、日本人として映画を観ていて、
役者の皆さんの体を張った演技はすごかったです。

あと、日本兵の役者さんなど、確かに日本語を聞くに、
「あ、この人は中国人だ」ということは分かるのですが、
(「この人は日本人だ!」と断定できたのは、
主役を演じた角川(前述の中泉氏)だけ?かも)
中国人役者さんたちの日本語も、かなり上手でした。

なので、ついでにと「誰が日本人か」を
最後に確認を、とエンドロールを見ようとしたのですが、
その瞬間、満席のお客さんがいっせいに総立ち!
人がスクリーンを見ているのにゴミ掃除のおばちゃんまで出てきて、
「あんた、いつまで座ってるの?」という視線を向けながら、
大きな音を立ててゴミを集めまくっていました。

それでもエンドロールで役者を確認。
やっぱり日本人は、中泉氏と娼婦を演じた宮本裕子さんだけでした。
※幾人か、エキストラかな?下の方に日本人の名前が並び、
北京に演劇関係で留学中の、知り合いの名前も出てきました。

総合的に、ストーリーに引き込まれた優れた作品でしたが、
ちょっと意味不明だったのは、
ストーリーの中に出てくるドイツ人「ジョン・ラーべ」という人物の出し方。
彼は一体何者だろう・・・という思いを皆さん残したと思いました。

と、思いきや、
4月28日からは、この「ジョン・ラーべ」を主人公にした映画が公開。
(製作者は全然違いますが)これを見ればすっきりするかな・・・

Img_1345

と、これこそセットで見せる方こそ商業主義だよ・・・中国もなかなかやるなぁ。

たぶん、観にいきます(笑)

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (1)

トイレに続いて・・・排水管にスッタモンダn北京

先日、自宅のトイレを直したばかりだというのに
次から次と襲ってくる「故障」の恐怖

http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/03/post-15e9.html

今度は、少し前から洗面台と風呂場の水はけが悪く
シャワーを使うたびに栓をしていないのにバスタブに水が溜まっていく・・・
ということで、またまたお世話の「京客隆」へ行き、
詰まった水道管を流す粉末の薬品を買って注いだところ・・・

効き目がないどころか、
余計に流れが悪くなってしまったのです。なんなの、それ・・

といっても、また先日トイレを見に来た物業さんを呼んだところで、
ある程度のセルフサービスを要求されるんだろうからな・・

結論、自己解析を試み、排水管を見てみることに。

管は、においが戻ってこないように後ろが一度上を
向いている。これは、知っている人は知っている。
※知らない人は知らない。

ぐにゃりと上を向いたあたりは、前後がネジで外れるので
ネジをくるくる回してはずしてみると・・・

溜まっていた水がドバーーーーッ!!

続いて、昨日撒いた薬品が、粉末のまま
ザラザラーーーーッと出てくるではないですか!!

そこで、沸騰したお湯を水道口に向けて勢い良く
ドバドバーーーーーッ!!と注いでみると、
はずした切れ目から、ゴミと薬品が一斉に出てきた。

薬品は、ゴミを溶かす・・・って説明書に書いてあったのに、
ゴミと一緒に溜まってどうするの!!!!

と突っ込みながら、それでも水や薬品を流したところで、
バスタブの排水管も詰まっているせいなのか、
水はけは一向によくならない。

もはや、バスタブに注いだ薬品も粉末のまま溜まってしまったのか・・・

これを更に溶かす薬品か、あとは排水管を洗浄できる
ひょろ長ーーいブラシがあればいいのだけど、
そんなのこそ、日本の「東急ハンズ」くらいにしか売っていないだろう。

うん。

え!?

ほ、本当にあったりするの!?

・・・という訳で、買ってしまいました。

本当に、「東急ハンズ」で、です。

Img_1223

排水管の形に曲がって、管を掃除できるというブラシ。
その名も、ジャジャジャジャーン 「排水管クリーナー」
こんな素敵グッズがあったんですね。

日本に一時帰国したからって、
こんなのを買ってくる人なんて普通いないですね。。。

ともあれ、北京へ戻ってすぐに実行。
荷解きもままならないうちに、やるかなぁ?

バスタブの底をのぞいて、ホースと排水管の間をはずす。
※結構、単純な構造なんですね。

Img_1228

排水管の中にブラシを入れて、ゴシゴシ。。。

ん、ぬ、抜けなくなった

やばい!

で、でも日本製だから簡単に針金が切れることもなかろう。
目一杯力を入れて思い切り引っこ抜くと・・・

スッポーン!!

抜けたぁ!!

すると、ブラシの毛先には大量の、
引っかかるべく物体が団子状になってつられて出てきました。
※写真にするにはおぞましいので、できません。

ためしに、ホースを元に戻して、シャワーの水を注いでみる。

と・・・

順調に流れて行ってくれるではないですか

やっぱり、日本の物はええだよ。

ありがとう!長さ50センチの素敵ブラシ。

・・・どこにおいておけばいいんだ、これ?

ひとまず、タオル掛けに掛けておくことにしました。

Img_1230

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あれが富士山、あの光るのが・・・on日本上空

Img_1205

駿河湾

やっぱり今回の旅路で印象に残っているのは
福島県なんですな・・・「智恵子抄」が出てきます。

この時間帯に、中国行きの飛行機に乗るときは、
左側の窓側確保で頑張ります。

富士山を見ると、やっぱりワクワクしてきます。

再見、日本!

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サンシャインシティ「59階」でランチin東京池袋

4月15日 誕生日♪

この日は、サンシャインシティホテルから成田空港行きのバスに乗って、
成田空港へ行き・・・

北京へ帰ります(涙)。

その前に、というのもなんですが、
久しぶりにサンシャインシティの最上階展望台を見学
60階って、こんなに見晴らし良かったんだ・・・

Img_1140
平日昼間でガラガラでしたが^^;

サンシャインシティは1966年オープンの現在43歳(!?)
新宿都庁などに比べて歴史も長く、
私が埼玉県に住んでいたころもあったもんなー。

小学校の遠足では、
「晴れたら長瀞、雨が降ったらサンシャイン」
って、雨天コースの定番だったほどお馴染みのスポットでした。

長い間、変わらずに皆さんの目を楽しませてくれているようですが、
東京の景色は25年前から若干変わりましたね

Img_1146
中野サンプラザの向こうには富士山が見えます。
わずかに・・・

Img_1177

Img_1170

東には東京ドーム、西には新宿都庁、
南には六本木ヒルズにレインボーブリッジ、
そして北には・・・なんだ、あれ!? え、埼玉スタジアム2002!?

知らないものも増えてます(汗)

そして、59階にはレストランが3店。
フレンチのランチをいただきました。
レディースセット1500円。この景色のおまけつきならお得かも。

Img_1183

日本一時滞在最後の日。
晴天に恵まれて、楽しくおいしくいただきました♪

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

【お知らせ】パラリンピック報道写真展開催in朝日新聞本社

パラリンピックの感動をもう一度―

Img_1336
(案内葉書です)

東京オリンピック・パラリンピック招致に関した
IOCの視察団さんは帰られてしまいましたが、

今日、4月22日からゴールデンウィーク期間まで、
『パラフォト』カメラマンメンバーにより、
朝日新聞社ギャラリーにて報道写真展を開催いたします。

【開催概要】
パラリンピック報道写真展「Another Story 情熱の裏舞台」
会期 2009年4月22日(水)~5月5日(火) 無休
開館時間 10:30~18:00まで(最終日は15:00まで)
開催場所 朝日新聞社東京本社 2F(最寄り駅:地下鉄大江戸線築地市場駅)

会場までのアクセスについては下記URLをご参照ください。
会場地図 : http://www.asahi.com/shimbun/honsya/j/access-tokyo_pop.html

写真を出展するカメラマンの一人・安田菜津紀さんのサイトが詳しいです。
http://ameblo.jp/nyasuda0330/entry-10244099177.html

ちなみに、前回訪問したコニカミノルタの写真展についてはここ↓
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/04/post-f2f4.html


『パラフォト』とは、
パラリンピックをはじめとする障害者スポーツを市民の目で
伝えるNPO『国際障害者スポーツ写真連絡協議会』です。
http://www.paraphoto.org/

当時の話は2008年9月のエントリーに続けて記載しています。
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2008/09/index.html


↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

チベット映画『風の馬』&トークショーを観覧

傍観者に過ぎない外国人かもしれないけど、
ひょっとすると、彼らが望んでいるのは、
その傍観者たちの協力なのかもしれない。

4月12日

Img_0834

渋谷アップリンクで、11日から上映が始まった『風の馬』を鑑賞。
日本に来る前に、サイトでこの日トークショーが行われることを知った私は、
即効で予約を申し込んでいたのです。

Img_0835

「日本で一番小さな映画館」というように、
中は高さを調整した椅子を並べただけの簡素なもの。

前の人の頭が・・・と、思っていたら、上手に並べていて、
私の前は、前の人の肩の部分でした。

『風の馬』
http://www.uplink.co.jp/windhorse/top.php

は、出家した従妹のペマが受けた拷問と、
それを伝えようとし当局から追われることになった家族の、
命をかけて自由に向かって立ち向かう物語。
この映画を作ったのは、アメリカ人のポール・ワーグナー氏。

展開は極端で飛びがちな所が多く、ちょっと前のめりになりながら
見た感覚はあったものの、チベット族の歌手・ドルカが
漢民族の恋人の力で、中国に翻弄されるようにデビューする姿や、
彼女のおばあちゃんの漢民族を嫌う様子などの描写は丁寧で、
一般庶民の姿などがじっくり描かれていました。

チベットの人が、漢民族のことを「中国人」と呼ぶあたり
やはり違う国家として中国を見ているのかな・・・

映画の後は、トークショー。
07年に、Skypeを使ってチベットから日本のラジオに中継を行った
「チベトロニカ」の企画者であるモーリー・ロバートソン氏と、
08年まで、北京で特派員として活躍し、チベット取材も経験された
産経新聞の元北京特派員・福島香織記者による対談。

対談の内容は、主にモーリー氏が進行し、
福島記者に、質問をする形で進行。

面白かったです。内容が聴きたい方はこちらにて↓
http://www.tibetronica.com/i-morley/090412.mp3

中国の情報規制や言論弾圧ぶりが、
真面目な話なのに滑稽に聞こえる福島記者のコミカルなトークと、
会場を沸かせるのが上手なモーリー氏で、30分はあっという間に過ぎました。

内容は主に、中国の情報統制問題。
ただ、モーリー氏も話していたけれど、
インターネットを使った通信手段が今後飛躍的に延びていく中国では、
今後情報統制には限界がくるのではないか・・

そんな思いも抱いたものの、未だに優れた中国の情報統制に、
まだまだ変革の道は遠いのかなぁ、という感も否めなく。


↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パラフォト写真展開催in東京新宿

東京に降り立った足で、新宿「高野フルーツパーラー」ビルの
4階にある「コニカミノルタプラザ」へ。

Img_9623

私も少しだけお手伝いさせていただいた
パラリンピックをはじめとする障害者スポーツを市民の目で
伝えるNPO『国際障害者スポーツ写真連絡協議会』

通称『パラフォト』
http://www.paraphoto.org/

当時の話は2008年9月のエントリーに続けて記載しています。
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2008/09/index.html

この『パラフォト』が、昨年9月の北京パラリンピックを伝える
報道写真展を開催したので、帰国のタイミングで見てきました。

パラフォトのカメラマンから4名の方が撮影した写真の数々・・

当時の思い出がよみがえってきます。

今、ちょうど東京ではIOCが視察に見えていたこともあって
東京オリンピック・パラリンピックの招致活動を盛んに
行っていましたが、こうした草の根活動的なところでも、
パラリンピック・障害者スポーツのことを伝える方々
がいます。

是非とも、皆さんの努力がかなって、
障害者スポーツの認知度を高めてもらいたいですね。


◆パラリンピック報道写真展
主催:NPO法人Paraphoto
出力:EPSON 堀内カラー

・会場:コニカミノルタプラザ
・タイトル:The Emotion
・期間:2009年4月2日(木)~2009年4月10日(金)
・展示スペース:コニカミノルタプラザ ギャラリーA
        http://konicaminolta.jp/plaza/
・展示予定点数:38点

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

運転免許を更新in群馬

Img_0854

今回の帰省目的でもある、運転免許の更新に行って来ました。

http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/03/seoin-4afa.html
前回は、電話口のおっさんの態度に「なんじゃここは!!」と
憤慨したものですが、更新に立ち会った窓口のお姉さん達は親切でした。

葉書が来なかったけど大丈夫ということで、
免許証だけを持参して行きましたが、、、

・・・

さて、決戦の月曜日。

思えば、この業務を行う人にとっては、
車で10分のところに住んでいる人も、
飛行機で3時間かかる外国に住んでいる人も、
みんな同じ「更新する人」
なんですよね。

運転免許の更新だけは、中国ではできません。
でも、いつか日本に帰って、車を運転する生活になるかもしれないし、
何よりン10万円ものお金を払って取得した免許を
やすやすと失効させたくないという思いもあり。

だからこのためにわざわざ休暇を取って、
高い飛行機代を払って来るのです。

・・・で、申し訳ないですが、そんな事情もあって
車をまったく運転していないワタクシは、10年以上無事故無違反

「優良ドライバー」として、更新へ。
実家から車で10分のところにある(^^;新前橋の運転免許センターへ。
車しか走らない国道17号線沿いにあるため、車で来る人がいっぱい・・

館内には、バスや電車の時刻表もありましたが、見向きもされません。
いかに群馬県が自動車社会であるかを実感します。
我が家も、最寄駅から電車を使っても、たった一駅なのですが、
駅⇔目的地までが遠いので30分~1時間はかかります。

さて、到着し、受付窓口で葉書が来なかったことをまず告げると、

「では、向こうの建物の○番窓口で証明をもらってください

おおっと!いきなり出直し。
別棟の建物まで行って、元の窓口にもどってきて、申し込み完了。

一般ドライバーは、8時半~9時。
優良ドライバーは、9時10分~10時。

人ごみを避けて10時寸前に到着したので、
人はまばらだったけど、前の一般ドライバーが多かったのか、
まだまだ名前を呼ばれない。15分くらい待って、やっと順番に。

そしてお次の関門は・・・目の検査
私は人生ずっと裸眼で通っているのだけど、実は右の視力が落ち気味。

かといって、
「葉書が来ないんですけど」という質問はできても、
「視力がぎりぎりなんですけど、もしひっかったらどうすればいいですか」
などという質問は電話では到底できなかったので、

片目の視力基準である「0.3」が見えることに賭けて、いざ出陣!!
※ちなみに、両目で0.7が見えることが視力の条件です。
右目、一番上の「C」はクリア。
続いて、下の方がついた。やばい、やっぱりわからない・・・

するとその途端、私の答えを待たずに検査員のお姉さんが、
「はい、次は両目です」

あら・・・一番上が「0.3」の場所だったんですか(汗)
というか、これ一つだけでいいんですか。

一番心配していた視力検査、これにて無事クリア。
今年も裸眼で更新しました。 

写真撮影も、なんなく終了。

もろもろ終わり、免許が焼きあがるのを待つ間、
講師による30分の講習。

講習の内容は、免許更新の間5年間で改正された交通法の説明、
免許の記載方法で変わった点の説明、交通事故の件数・死者数、
そして、後部座席のシートベルト着用に関するビデオの上映。

ビデオって、説得力あるけど、洗脳する力もあるんですね・・・
シートベルトを締めないと、いかに大惨事となるかを検証する内容が延々・・・
「締めます締めます!お許しください!」的な番組でした。

でも、車社会・群馬県の交通事故による死者数は、
07年で100人、08年で95人と、100人を切っているそうです。

人口200万都市、その成人のほとんどが一人1台というほど
車に乗る群馬県で、この数は結構いい方かもしれません。

そんな講習が終わり、いよいよ新しい免許が到着!

Img_0856

写真がちょっと、コギャル風・・じゃ、なくて、
なんだか違いません?

09年1月から、運転免許がIC入りになったそうで
本籍地が記載されなくなったのです
また、「中型車は中型車(8t)に限る」というのは、
これまで普通免許で許されていた中型トラックやワゴンなどの制限を厳しくし、
中型用の免許が新たにできたのだとか。

「中型のバイクも乗れるようになったのか!」
一瞬喜んだ自分が馬鹿でした・・・

時間は全部で、1時間半くらい。
高い飛行機代を払っても、このくらいで済む用事なのでした。

・・・おまけ・・・

Img_0852

県名に「馬」がついている群馬県、キャラクターは昔から「馬」です。
警察も、広報誌も、市役所や県庁にも「馬」

思えば最近は、愛くるしい癒し系キャラが人気あって、
広報PRの効果も高いようです。
※余談だけど、テレビ局のマスコットで一番人気は、
北海道テレビの「onちゃん」だとか。

昔は、著名漫画家・馬場のぼる先生「ぐんまちゃん」
県のキャラクターでしたが、今は1994年の「ゆうあいピック※」で
誕生した「ゆうまちゃん」
がそのまま「新・ぐんまちゃん」になりました。

514787773 Gunma_2
左が初代「ぐんまちゃん」、右が2代目「ぐんまちゃん」

初代ぐんまちゃんは、1983年の赤城国体を記念して誕生したそうなので、
全国規模のスポーツ大会が行われることが、群馬県に
マスコットを生み出す秘訣??なのでしょうか・・・(ええかげんなことを・・・)

94年、大学1年生だった私は、
ゆうあいピックのフリスビー部門で審査員ボランティアを務めたので、
このマスコットには愛着がありました。
しかもぐんまちゃんに洋服を着せたり、家族にしちゃったり、
いろいろ「いじれる」ので、PRに使いやすいようです。

私でも描ける?簡単なキャラクターで親しみやすいです。

※ゆうあいピック(全国知的障害者スポーツ大会)
知的障害者によるスポーツ大会。1994年は群馬県で全国大会が行われた。
競技種目は、陸上、水泳、卓球、ボーリング、フリスビー、
バレーボール、サッカー、ソフトボール、バスケットボール、フットベースボール。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜前線捕獲・・・久しぶりの『江古田』でもin東京

桜を見まくる4月の日本―

ふと、東京で見る夜桜が恋しくなって、
思い出の「江古田」に降り立った。うーん、懐かしい・・・

Img_9631

江古田駅北口にある「浅間神社」の夜桜。
東京は、ちょっと散り始め。でも、愛しい。

Img_9642

私がここを発った時は、2005年の秋。
建設前だった日本大学芸術学部の新校舎も、
平成21年に入った今年、いよいよ完成か!?

Img_9647

日本大学のキャンパス横の踏切を渡ると、その風景は変わらず。
突き当たりにある『江古田コンパ』も、変わらずに残っていた。

江古田に住んでいる人なら誰もが知っているお店。
でも、ここに住んでいる時は一度も行かなかった私・・・

改めて、入口の料金表を見てみると、
なにやら普通の「バー」じゃないか?という気がしてきた。
しかも夜10時まで女性はカクテルが半額!?

よし!

思い切って、初☆『江古田コンパ』だ!!

2階の入口を開けると、元気な声でママさんが、
「あら~、いらっしゃーーい♪」と応対してくれた。
初めての、不審な?お客さんにも優しく応対してくれてびっくり!!

カクテルと、おつまみを注文して、ママさんとおしゃべり。

コンパは、ラテン語で『若者達が集まって酒を飲む場所』っていうの。
昭和40年代は、「コンパ」という名のつくお店がたくさんあったんだけど、
今じゃほとんどなくなっちゃったね~」

という江古田コンパは、創業してから40年以上の歴史を持つとか。
日大芸術学部のOBが、今でも懐かしんで来てくれるそうで・・
やはり、この街になくてはならないお店の一つになっているんだろうな。

この通りを歩く人で、このお店の看板を知らない人はいないほど、
街の名物にもなっているはずの『江古田コンパ』

女性でも、気軽に入れるお店だったということが判明して、
ほっとしました~。また来ますね。中国から。

Img_9659

注文したのは、『江古田の夜』(左)と『ミリオンダラー』
ここにしかない、おいしいお味でした。

お店紹介:江古田コンパ
住所:東京都練馬区旭丘1丁目67-7
西武池袋線「江古田」駅南口を下りて、左にまっすぐ歩き、
突き当りを右に曲がると突き当たりに青い看板がある。
http://www.doko.jp/search/shop/sc239038/

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜前線捕獲大作戦in群馬

4月13日

桜散る前の群馬で、ひとしきり桜前線を捕獲!!

網持って・・・バサッ!

と、までは行きませんが(汗)

Img_0883

自宅前に咲いていた、芝桜。これもまた、桜。

そして、父&姐&ここちゃん(4歳:姪)と車に乗って
ひた走ったのは・・・高崎名物の観音山

Img_1018

観音さまと桜、なんて光景を見たのは何年ぶりだろう。
大学卒業以来じゃないかな?

観音様名物の吊橋
揺れるのに、全然怖がらないここちゃんは、
たったか走っていきました。

Img_0945

観音洞窟の駐車場に咲いていた枝垂桜も、
蕾と葉っぱが一緒になっていて、
かわいい色をしていました。

Img_1092

Img_1079

桜前線捕獲大作戦といえば、同名の企画が入っている
「水曜どうでしょう」新DVDが15日に発売されました。
発売前から、予約で既に完売という人気番組。
私は中国にいるので予約すら気づかず(泣)

一部、当時世間を騒がせた事件を彷彿させる台詞があったために
テレビ放送はなくなってしまった企画ですが、
DVDではどこまで台詞を捕獲・・いやいや採用されているのでしょうか。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜前線捕獲大作戦in福島

今回の日本帰省、せっかく桜の季節に帰ってきたのだから、
実家の群馬へ帰る途中で、桜を見に寄り道してきました

東京→福島、じゃ「寄り道」とは言わない?
まあ、固いことは抜きにして。


4月10日

朝6時半、大宮発の山形新幹線「つばさ」で郡山駅へ。
そこからレンタカーを借りて、進路は一路、三春町。

この日開花宣言された、三春の「滝桜」。

Img_9793

Img_9828 Img_9847

朝8時という早さに加え、まだ1割ほどしか花を開いていないので
人も少なく、桜の木全体を綺麗に収めることができました。

再び車で、更に北へ。

高速道路にも桜が一杯!!

「安達太良」サービスエリアへ寄り道。

Img_9994

「あれが安達太良山、あの光るのが阿武隈川」

と、位置を確認したつもりが「智恵子抄」を読んでいたので・・・
二本松へ行くことも予定に入れて、再び出発。

・・・するものの、二本松はこの日は通過(あら?)

車はまっすぐ福島市へ。

Img_0044

「花見山」はただいま満開。

Img_0117

山一面に桜、桃、レンギョウ、などなどの花が綺麗でした。

Img_0158

東京に住んでいた時、庭に咲いていた源平桃。
同じ木に赤と白、混合の花が咲いて、これもまた綺麗。

たっぷり桜を堪能し、南下。。。

この日は磐梯熱海温泉「華の湯」で一泊。

4月11日

再び車は北へ。

今度は本当に・・・

「あれが安達太良山、あの光るのが・・・」
と確認できる本丸のある二本松の「二本松城」へ。

Img_0236

ここも桜が満開で、アップで撮るといとも幻想的な光景・・

Img_0357

そして車は今度は東へ東へ流れ、
相馬市にあった、相馬神社

Img_0499

馬がいるこの神社では、昼から飲んでいる花見客あり。
ニッポンだ・・・

海へ到着。

海に沿って、南へ南へ。

Img_0626

原発の火力発電、原子力発電など眺めつつ、

辿り着いたはいわき市

Img_0674

いわきマリンタワーも桜に囲まれていました。

市の中心部にある「松ヶ岡公園」

Img_0721

極めつけは、ソメイヨシノの夜桜!!

2日間で、7箇所&路上の桜を捕獲いたしました!!

・・・

出発前、いわき出身の北京在住仲間がいるので、
「いわきで桜の見られるお勧めの場所を教えて」
と聞いてみたところ、
「高校までしかいなかったから、あまり覚えていない」
との返事が返ってきました。

さだまさしの「風に立つライオン」でも、
「ふるさとではなく、東京で見た桜が恋しいということが・・」
というフレーズがあるけど、

桜って、子供の頃ずーっと暮らしていた場所ではなく、
こういうシチュエーションで見た方が、心に残りそうですね。

不安と期待を胸に一杯抱えて上京してくる、
まさしく日本では年度初めの4月―

降り立った上野駅や新宿駅を出たところで、
「ああ、おら、東京さ来ただ(どこの奴だ?)」
と感動してふと顔を上げた時、

その視点に、ふわっと舞い落ちる花びら―

そんな桜こそ、忘れないのでしょうね。

私も、東京の桜と、大学院に進学した年に北海道で見た、
一粒しか咲いていない桜の木が
、未だに恋しく感じます。

あ・・・

それは5月だった。

注:北海道の桜はゴールデンウィークごろに咲きます。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016年『東京オリンピック・パラリンピック』招致広告を見てin東京

New186look

日本へ一時帰国している時、
東京のいたる所で見かけたのが、五輪招致のスローガン。

東京オリンピック・パラリンピック招致委員会サイト
http://www.tokyo2016.or.jp/

4月16 日から4日間、IOCの視察団が東京を訪れ、
五輪開催地としての評価を兼ねた現地調査を行うという。

北京オリンピックの時から招致に携わっている知り合いが
何人か今回のことに関わっているので、居心地の良い
「東京」をアピールして、是非いい結果を招いてほしいものです。

・・・

今回、東京が他の三都市に比べて低いと評価されているのが
「市民の支持率」だそうで、海外のお客さんへのPRと同時に
市民への呼びかけが必要となってくるのだけど、

電車の中吊り広告には、市民へのメッセージが記載されていた。
でも、ちょっと残念な感・・・

「日本経済は必ず復活します。
いつ、その時がくるのか。
どうすれば、より早く来るのか。
日本人自身が、日本のよさに気づくこと。
世界の人にそれが伝わり、日本に注目が集まること。
   2016年の開会式当日までの7年間
   新しいエコの取り組みと日本の経済力に、
世界は感心するでしょう。
パラリンピック選手をお迎えするために
街全体をバリアフリー化しながら準備を進める。
その姿に、世界はなるほどと思うでしょう。」

うーん・・・ちょっと懐疑的。
世界を、日本を、ちょっと簡単に見すぎていませんか?

これだと日本はもともとよくって、それに世界が気づいてなくて、
世界が気づけば日本の経済は良くなる、的な書き方だけど、
日本の経済力って、世界あってこそだから、ねえ。

私はもっと基本的なところで、

「なぜ、東京への五輪を招致するのか」

について市民に問えばいいと思う。

北京五輪を、まさに現地で過ごした身としては、
あの、町全体が五輪色になって違う空間をすごす、
ワクワクするような感覚が、本当に楽しかった。

世界中の人がやってきて、普段住んでいる街について
あれこれ興味を持ってくれる。案内した私も楽しんだ。

そんな異空間で行われ、東京がいつもと違う顔になる。
東京の皆さんにも異空間をココロから楽しんでほしい、
だから、東京で開催してほしい、と私は本気で望んでいる。

五輪を、自分達の所で開く思いは、そんな、
「楽しみたい、やりたい」というモチベーションじゃないかな。

と、思うのですが、みなさん如何でしょうか。

そんな単純な話じゃない?

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北京五輪、「金メダル記念植樹」が開花!!

皆さん、覚えていらっしゃるでしょうか・・・

昨年8月、世界中が沸いた北京オリンピックで、
金メダルを獲得した日本人選手は、
北京市内・長富宮飯店に設置にされた
「JAPAN HOUSE」へ来て、桜の木を植樹していきました。

あれから冬が過ぎ、春が来て・・・

桜の木についたつぼみが、開花したのです

P1050483
※写真は、長富宮飯店さんからご提供いただきました。

植樹をした選手のみなさん、覚えていますか。
ちなみに、ここで植樹をされたのは以下の選手・チームです。

1.内柴正人選手(柔道)
2.谷本歩実選手(柔道)
3.上野雅恵選手(柔道)
4.石井 慧選手(柔道)
5.伊調 馨選手(レスリング)
6.吉田沙保里選手(レスリング)
7.北島康介選手(水泳)
8.ソフトボールチーム

書きながら、
「金メダルが9個で、なんで8選手(チーム)なんだろう」
・・・って思っていたら、北島選手が2個獲得していたんでしたね。

もはや、北京五輪は市民の間でも忘れたかのよう、
あっという間に過去の話になりつつありますが、
記念植樹をした桜は残り、春になると花を開き、
毎年すくすくと成長していきます。

これからも春が訪れるたびにこの桜の花を見て、
当時の感動を思い出したいですね。

2016年は、東京でそんな感動の五輪が見られると嬉しいな

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「冬の次は、夏!?」な北京の、ほんの短い春を堪能

4月6日 最高気温27度

前の日は10度くらいまで下がったのに、信じられない北京です。

そんな急な温度上昇でびっくりしたお花たちは、
一気に開花宣言をしました。

P1210118

五道口の桜は3月下旬には咲いていましたが・・・

Img_9467

自宅前では、桃の花も1日で満開。

Img_9326

道路の脇では、レンギョウ並木

Img_8934

バスケットをしに行くと、日本人学校の校舎前では
玉蘭花(日本じゃ、木蓮・・・)も鮮やか。

Img_9476

こちらは、中央民族大学。ここの玉蘭も満開です。

そして、桜で有名な「玉淵タン公園」も清明節の3連休は
多くの人でにぎわったそう・・・来週あたりが見ごろかな。

と、思っているのですが、

私は週末、日本で桜を見てきます

日本の桜を見るのは、渡燕以来はじめて、4年ぶりです。
せっかくなので、見頃であろう福島県あたりに寄り道してきます。

その前に寝坊しなければいいけど・・・(って毎度言ってる)

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

変わり行く三里屯で、ホテル「オポジットハウス」に泊まるin北京

日本から前職の同僚・Oちゃんが来燕。

そこで、先日の「アース・アワー」取材でお世話になった
三里屯にあるホテル「オポジット・ハウス」に宿泊しました。

【ザ・オポジットハウス】
http://www.theoppositehouse.com/
(日本語での説明は、こちら)
http://www.splendor.jp/hotels/opposite/index.html

中に入ると・・・おおおおお!!
この空間に思わず2人で絶叫です。

Img_9557

部屋に一歩足を踏み入れると、木のいい香りが・・・。
廊下、扉、そして室内までが木で演出されています。

スリッパも要らない(ついているけど)ほど気持のいい、フローリングの感触。
広々とした空間には、木のデスクと大型のベットとソファ。

Img_9562

ベッドルームとバス・洗面所を仕切るのは、ガラスとカーテンのみという大胆さ。
「これ・・お風呂に入っている時って、部屋にいる人から見えるんじゃない?」
などと入らぬ心配をするものの、カーテンと大型テレビで、しっかり隠れてました。

Img_9563

Img_9571

トイレも洗面所もバスも、どこかで木の素材が使われています。

備え付けのシャンプー・リンス・ボディソープはアジアンテイスト。
ふんわりと身体を包むバスタオルも大型。

照明は、センサーで一定時間が過ぎると自然に消えます。
余談ですが、外観も夜は、周囲を覆う竹の部分以外はライトをつけていません。

私もOちゃんも、
「北京にこんな所があったんだーー!!」と感動しまくりの一夜でした。

Img_9592 Img_9597

このホテルの建物は、
日本人建築家・隈研吾氏がプロデュースされたそうです。

あと、ホテルのプロジェクトに携わっているデザイナーさんの知り合いによると、
部屋のインテリアや備え付けのアメニティ、ライトからバス・トイレのインフラは、
みなさん方が商品探しや買い付けに奔走されているそうですね。

このホテルは、「アース・アワー」の消灯活動にも参加したとおり、
環境や自然への配慮が施され、気持いい空間に包まれたホテルでした。

どんな部屋にしたいか、どんなサービスをしたいか、という演出が
様々な専門家に施され、「ホテル」という舞台で一つの物語を完成させる
もはやホテルは、ただ「寝る」だけの場所ではないんですね。

北京でそんなことを学びました。

そして朝、窓を開くと・・・

外はまだ建築中の三里屯Villageでした。
三里屯Village自体が、ユニクロのある敷地までではなく、
どんどん奥まで拡張しているのですね。

P1210239

かつては、そして今もまだ長く住んでいる北京の人には
「服装市場」「酒バー街」という印象の強い三里屯ですが、
新しいショッピングモールとして生まれ変わりつつあります。

昨年のオリンピック前後に営業を開始したこの一帯。
五輪後の北京でも人が集まるような、素敵な演出を楽しみにしています。

でも、難点が一つ。
「三里屯Village」とか「オポジットハウス」は英語表記なので、
未だにタクシーの運転手さんには覚えてもらえていない様子。
タクシーで行くときは、まだ「三里屯、酒バー街」と伝えています。

タクシーの運転手が英語を覚えるか、英語の発音に近い漢字を当てるか、
英語の固有名詞のままで有名な観光スポットになるか。

どれが一番早いでしょうか。

Img_9601

ザ・オポジットハウス(ホテル)
北京市朝陽区三里屯路11号院1号楼 100027
TEL:(8610)6417 6688
FAX:(8610)6417 7799
予約は、インターネットでできます(英語・中国語のみ)
http://www.theoppositehouse.com/

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (1)

変わり行く芸術村(画家村)「蟹島」でバーベキューin北京&「地球を歩く、木を植える」プロジェクトin日本列島 

Img_9213

北京で最も有名なアートの街「大山子798芸術区」

Img_9216

・・・のバス停から418路バスに乗って、今日は「蟹島」へ小旅行。

バスの広告などに、「蟹島休暇村」の広告が出るほど、
別荘地もしくはレジャー施設のある所として有名な蟹島ですが、

ここにもあるのです。芸術村が。
思えば、北京市内に芸術村は増えているようですが、
その位置はどんどん郊外へ伸びているようです。
移りゆく、ではなく、増えゆく、というのが面白いところかも。

というわけで今日は大山子798芸術区からバスで郊外へ更に北へ。
以前訪れた、「草場地」も越えて、到着しました。

Img_9228

Img_9231

蟹島にある『北京創意正陽芸術区』です。

この中に、住居兼作業場を構える岩間賢氏が、
今日は同じ村の住民や、北京在住のアート仲間、旅人(?)
雑誌記者などを集めてバーベキューパーティーを開催しました。

岩間賢氏のサイト http://www.oh-mame.com/

Img_9233

岩間氏の自宅前に近づくと、既にこの人の集まりよう。

Img_9255

用意していただいた料理。瞬く間におなか一杯です・・・

Img_9286

忙しいホスト役の岩間さんに替って?みんなで勝手に焼いちゃいました。
羊肉串も、ダンボール一杯。豚肉も野菜も、おいしかったです。

Img_9263

壁がレンガなので、雰囲気のある写真が撮影できました。
今思えば、セピアで撮っても良かったかも・・・(芸術村で芸術家気取り)

Img_9297

夜遅くまで、バーベキューは盛り上がりました。
五環路の外だから、花火も規制対象外地域ってことで。

岩間氏のアトリエも拝見させていただきました。
彫刻のそばに飾ってある子ども達の作品がなんとも愛らしい・・・
この子達も画家志望!?

Img_9241

ここで一つ情報ですが、
岩間氏の知り合いで、昨年中国にもいらした
中渓宏一氏が、現在ある試みを日本で実行しています。

北海道から沖縄まで、自分の足で歩きながら植林を行う、
「アースウォーカー」プロジェクト。

「地球を歩く、木を植える」
http://earthwalkerjp.cocolog-nifty.com/

関連ブログ
SEEDMAN ジャパン http://www.seedman333.org/
アースウォーカー ポール・コールマン氏のブログ http://www.earthwalker.com/

P1120571

昨年、北京で取材した時のコールマン氏と妻の菊池木乃実さん

自分の足で街から街へと移動しながら、その土地で植林を行います。
旅先で、中渓さんが通る場所に住んでいらっしゃる方で、
もし協力していただける方、一緒に植林をして頂ける方が
おりましたら、喜んでお受けいたします。

【蟹島・芸術村 『北京創意正陽芸術区』】
「798芸術区」のある「大山子」バス停から、
418路・688路・909路で「蟹島度暇村」
駅下車。
300メートル大山子方面へ戻って、三叉路を南に入ると
右手に工場のような入口があります。

地図はここに掲載
http://www.oh-mame.com/contact/studio.html


蟹島には「北京市蟹島緑色生態農庄」という
エコ休暇村もあるみたいですね。
http://www.gudumami.cn/beijing/jp/cb31211/
一度、行ってみたいですな・・・

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

変わり行く胡同の街「南鑼鼓巷」in北京

久しぶりに歩いた南鑼鼓巷―

Img_9407

観光客で、通り一面が人、人、人、です。
そこを車や人力車も通っていきます。

はじめてここを訪れるようになった2年前とは、
景色がずいぶん変わりました。

胡同を改造したカフェやブティックが並ぶこのストリートは、
かつては、昔ながらの建物をそのまま再利用していたのですが・・・

Img_9450

Img_9395

工事現場には、「保護工程」を指す看板があって、
昔ながらの胡同をわざと取り壊し、レンガと瓦を調達して、
「新しい胡同」に建て直している
風景も。
壁とか、灰色なんだけど、どこか小奇麗なのはそのせいか。

Img_9412

壁には、文革時代を思わせるスローガンの書き込み。
これも、あえて残している、という感じです。

Img_9404

「牛乳プリン屋」は、長蛇の列。新しい名物になりつつあります。
でも、似たような店が並ぶようになって、何が何やら・・・

Img_9433

日本人旅行会社 「グランドスラム」が経営する
おなじみの「ARUYO(あるよ)」は、
住所が「44号」ということで、昨年の4月4日にオープン。
めでたく1周年を迎えたあるよ
ARUYOのブログ http://blog.livedoor.jp/nanluoguxiang/

そういえば、見ると「○号」を強調する店が増えましたが、
これ、何かの国策、じゃなくて街策でしょうか。

Img_9369

Img_9356

とはいえ、住宅も残っていて、門の前の枕石も健在。

Img_9354 Img_9429

「サンザシ飴屋」や「焼き芋屋」も、います。
斬新なファッションに身を包んだ観光客の中で昔ながらの味。

新旧入り混じり、世界中の人が交差する南鑼鼓巷の流れを、
カフェで一杯飲みながらゆったりと眺めていると、
長い歴史の観客になっている気分がします。

【セレクト雑貨屋『ARUYO(あるよ)』】
住所:北京市東城区南鑼鼓巷44号
    北京市南鑼鼓巷 を北へまっすぐ行って、管理事務所の北隣。
電話:010-64003383

【南鑼鼓巷】 
地下鉄のおかげで、アクセス方法がかなり増えました。

南門へ行く場合
地下鉄10号線「団結湖」駅下車後、「長虹橋西」のバス停から
     「鑼鼓巷」と書いてあるバスに乗り、20分くらい。
地下鉄2号線「東四十条」駅下車後、同名のバス停から、上記と同じ。
地下鉄5号線「張自忠路」駅下車後、同名のバス停から、上記と同じ。

北から入る場合
地下鉄2号線「東直門」駅下車後、
     「宝炒胡同」と書いてあるバスに乗り、20分くらい。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「四川省大地震」犠牲者への弔い-中国の「清明節」

Xin_hua0404

http://news.xinhuanet.com/newscenter/2009-04/04/content_11131563.htm

汶川万人祭尊地震遇難者
ブンセンで「万人祭」地震被害者を尊ぶ
(新華社サイトより)

4月4日は「清明節」
中国では、この日亡くなった方々を弔い、
各地で追悼式や、夜に紙を燃やす儀式を行います。

ふと、中国のニュースサイトを見ると、
トップページはこの話題が前面に出ていました。

昨年の5月に発生した四川省大地震で
犠牲になった方を弔う式が、被災地各地で行われたそうです。

忘れていた何かを、思い出させるように、
その日は高く、高く、弔いの炎が上がったことでしょう。

・・・

大地震発生時、
私も6月の「端午節」に被災地へ向かいました。

あれからまもなく1年。

一日も早い復興をお祈り申し上げます。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北京の観光スポット「后海」、名物「客家菜」を堪能・・・??

送別会で、久しぶりに訪れた「后海」

P1210325

3年半前に、初めて大陸の地を踏んだ時、
先に留学で来ていた大学院の後輩に案内されたのも、ここ。

北京では、昼も夜もお勧めの観光スポット&食事街です。

P1210331

風景は、3年半前も今もあまり変わりません。
五輪前に、盛んに工事が行われていたけど、
すっかり終わったのにあまり変わっていない印象・・・・
途中で中断したのか、未だに工事中のところもありましたが(汗)

その后海でも評判のお店が「客家菜」。

客家とは4世紀(西晋末年)から12世紀(北宋末年)にかけて、
黄河流域から南方へ移住してきた漢民族の一派。
福建省や広東省などに、一族で住む円形の居を構えている。

P1210337

塩の詰まったバケツに突っ込んであるエビは、
このお店に来たら必ず注文するもの。12本で56元。

ここに集まった8人の「のんべえ」なメンバー達。
ビールが安いことをいいことに、
2本、3本、4本、5本、6本、と、なぜか数を増やして注文し、
主役と思い切り一気飲みコール!

閉店間際になって、「7本!」
・・・とはさすがにいけなかったので、5本追加し合計25本

しっかり空けてしまいました。

しかも、これだけ飲み食いして8人で合計723元(1人90元)也。
日本円にすると、一人1000円程度かな。
値段も味も、お勧めです。

私も久しぶりに一気飲みを何回もやってしまい、
2次会では、自分が紹介した南鑼鼓巷のバーにもかかわらず、
お勧めのピザの味もワインも堪能できず・・くぅ。

お店紹介:「客家菜」
時間:昼間~22:00
住所:北京市西城区 前海南側から東へ歩いてすぐ
アクセス:バス、701路、823路などで「北海北門」下車。
電話:(010)64042259

以前のエントリーもいくつか紹介。

五輪前も、綺麗な夜景を演出した「后海」の風景
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2008/01/post_6b7c.html

やっぱりビールが空きまくった「酒玉県人会」
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2006/08/post_4e4c.html


↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (1)

北京を去る時

P1210320

北京で一番恋しく思うのって「バス」かもしれない。

今夜、「あること」のためにバスを利用したから、
余計に荘感じたのかもしれない。

来たばかりの頃から、ずっと地下鉄の駅が近くにない
場所に住んでいるので、自他共に認める「北京バスマニア」の私。

本当にお世話になっている。

そして、バスの中で色んな経験をしてきた。

あるときは、乗っていたバスが行き先の一つ手前で曲がってしまって
車掌さんに行き先を告げたら通じなくて四苦八苦したり、
(鼓楼の近くで「鼓楼」って言っていたのに・・・泣)

あるときは、「先下后上」のマナーが守れないから、って決められた
「前から乗って、後ろから降りる」のルールに納得できずに口論したり、
(ぎゅうぎゅう詰めの中、1駅で下りるのに移動する時間がない)

あるときは、ぎゅうぎゅう詰めで大変な思いをしていたのに、
ある駅で出稼ぎ労働者の集団が大荷物を持って下りて行った途端、
車内がガラガラ~、になったり、(荷物制限、しません?ってくらい)

あるときは、隣に座ったお客さんが他のお客さんと大喧嘩しはじめて、
いきなり私までが「あんたみたいな外地人がいるから迷惑なのよ!!」
って怒鳴られたり、(喧嘩の経緯を知らないから、謎のまま)

突然乗客を仕切りだす、乗客のおばちゃんが出てきたり、
運転手が知らなかった場所を教えてくれる乗客のお姉ちゃんがいたり、
アナウンスも看板もない郊外路線で、スリル満載の小旅行をしたり、

日本じゃ「ありえない」経験で一杯。

今夜はこのバスに乗って、「送別会」に行ってきます。

そうだ!

私が最後に帰る時の送別会も、バスしか走っていない場所にしたいな。

・・・

そしたら、他のメンバーはタクシーで来るんだろうけど(汗)

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

『第二回日本文化紹介講座』開講!in中国北京

P1210245

3月28日、午後2時。

国際交流基金日本文化センターにて
「日本文化紹介講座」(国際交流基金、日中文化交流推進会共催)
が開講しました。会場は、200人近い中国のお客さんで席はいっぱい。

日本文化紹介講座は2008年に第一回講座を開き、
多くの中国人に日本文化を伝えてきています。
第一回では、着物や日本舞踊、剣道や漫画など9項目を講義しました。

今回の第二回は、アニメやJ-popに関する講座をはじめ、
「衣食住(和菓子、茶道、ファッション、建築、デザイン、日本酒など)」

を取り込み、非常に充実した内容になっています。

そして、トップバッターとなった今回は、

P1210249

まず、MADHOUSE Beijingの小原和夫氏から、
「日中アニメ産業の交流の重要性」

そしてavex Chinaの菊地圭介氏から、
「J-popの歴史と変化」
について講義して頂きました。

小原和夫氏は、現在「MADHOUSE Beijing」にて、
日本のアニメ業界と中国アニメ業界との提携を行ってきた方で、
史上初の日中合作アニメ映画「チベット犬」を製作しているとか。
「これを機に日中のアニメ産業の交流が盛んになれば」
と話し、講義を締めくくった。

P1210259_2

菊地圭介氏は、1984年に日本の有名バンド“TOM☆CAT”のメンバー
デビューして以来、日本の音楽界に多大な影響を与えた人です。

北京オリンピック閉会式で披露した「北京、北京、我愛北京」や、
女子十二楽坊、紀敏佳、楊玲・楊晶など
中国アーティストのプロデュースを手がけてきたのだが・・

講義の最後には、なんとびっくり!!

P1210261_2

まさに「北京、北京、我愛北京」を歌った「関喆」が飛び入りで参加。
菊池氏が自らアコースティックギターで伴奏披露。
観客も大喜びで大合唱し、講座を締めくくった。

私もオリンピックの閉会式で聞いたこの曲、
すごい大好きなんですよ!
迫力のあるボーカルを生で聞けて、本当に感動しました。

中国のお客さんたちも喜んでくれて、
講義が終わっても、小原氏・菊池氏は質問攻め。

日中文化交流推進会渋谷天馬会長は、
「こんなに人が集まってくれてうれしい、次の講座も全力で準備していきたい」
と、語っていました。

次回の講座は4月18日の2時からです。
国際交流基金日本文化センターにて、「和菓子と茶道」の披露です。

興味のある方は、以下のサイトにて4月16日まで受け付けています。

http://www.jpfbj.cn 日本国際交流基金日本文化センター
http://www.jc-promote.com/ 日中文化交流推進会

関喆の「給你的歌」
http://www.tudou.com/programs/view/jZJXkoJnyVE/

ニコニコ動画は、会員でないと見られないことが判明!
申し訳ありませんが、ニコニコ動画が見られない方はこちらをご覧ください。

第1回 『日本文化紹介講座』 (1週目・日本の服装)


↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一足お先に「貧民窟」

中国・北京では3月26日から上映を開始しているので、
日本より一足お先に観て来ました。

80325

「貧民窟的百万富翁」
http://www.mtime.com/movie/80325/

中国語って、わかりやすいですね・・・

これ、「スラムドック$ミリオネア」
http://slumdog.gyao.jp/
今年のアカデミーで、優秀作品賞はじめ8冠に輝いた作品です。

中国の映画館でこの切符を買うときは、
「貧民窟(PinMinKu)」と略して言っても通じます。

「この時間は字幕ですが、いいですか?」
と念を押す店員さん。

中国で上映する洋画は基本的に吹き替えなのです。
英語の方がまだ聞き取れるし、そのままの声が聞きたいじゃない。
「当然!」と言いたい所を、「可以(いいです)」と冷静に回答。

上映開始直後だからか場内の半分以上埋まった客席は、
笑うところは笑い、緊張のシーンでは緊張し、引き込まれていました。

しかもお客のほとんどが・・・エンドロールが流れても帰らない!!

中国の映画は、エンドロールと同時に「バタバタ~ッ」と
帰ってしまうのですが、お客が帰りにくい仕掛けがあります。

そんなことからも、本当に「インド映画」という印象でした。

ストーリー、演出は、少しぎこちないところもありますが、
さすが、アカデミー優秀作品賞です。

スラム街で育ったみなしご兄弟の、旅にも似ている数奇な人生を、
世界中で話題になったテレビ番組「クイズ$ミリオネア」
出題問題に、上手に絡めている。インドの風景も楽しめます。

1月に訪れたインドを思い出しました。
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/01/post-2135.html
確かに、乞食の子供はいたし、スラムもあった。
所得格差も見たし、列車の雰囲気もそのまま。

ある意味、インドの社会に潜む何かを、
コメディタッチでわかりやすく説明してくれた映画だと思います。

日本では、4月18日から公開だそうで、
私はこの直前まで日本に帰国しているのですが、、、

私の初心者語学能力でも、
英語&中国語字幕で十分把握できる作品でした。

余談ですが、、、

日本にいたときと違って、
中国の映画は、前日にならないと上映時間が決まらないので、
「あ、今日映画を観にいこう」と思う時に時間を確認します。

そういう点では、このサイトは便利です。
映画館を検索すれば、その日の上映映画と上映時間が出てきます。
http://www.mtime.com/showtime/China_Beijing_Chaoyang/2110/


↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【動画】中国北京:日本文化紹介講座

中国北京に在住する日本文化のスペシャリスト達が、
中国の人々に日本文化を紹介する「日本文化紹介講座」

moviekaraokericeball

日本文化紹介講座の第一回は2008年に開催、
1回につき100人ほどの中国人が参加。
着物、現代ファッション、日舞、ストリートダンス、
空手、剣道、合気道、アニメ・漫画、J-POP の9項目が紹介された。

今回の第二回日本文化紹介講座は2009年に開催。
アニメ産業の日中交流と、J-popに関する講座をはじめ、
和菓子、茶道、ファッション、建築、デザイン、
日本料理と日本酒などを予定。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Youtubeが見られない!!

嘘じゃありません。
こんなところで嘘をついてもしょうがないし。

おかげで、悪戦苦闘しています。

昨年撮影した「日本文化紹介講座」が先日完成。
詳細は、前回のエントリーにて。

WMV形式で240MB、19分。

ファイルを送るよりも、先にアップして
幹事メンバーに確認してもらおうとしたら、

Youtube(http://www.youtube.com)が開かない。

中国では「微妙な動画」が掲載されるたびに、
Youtubeそのものを見られなくする。強引なお国だ。

ネット時代、逆にこれで暴動が起きないか心配である。

・・・

と、ぼやいても、再び開く時を待つしかないので、

動画はひとまず「ニコニコ動画」にアップすることに。

ところが!

ニコニコ動画の1ファイルのアップロード上限は100MB
WMVのファイルを、100MB以下に圧縮して掲載するが、
画面が粗く、見にくくなってしまった。

本当は、もっと綺麗なんですよ!

で、「ココログ」でも
動画を貼り付けることができるので確認するが、

こちらは「上限100MB、かつ12分まで」だった。

もっと駄目じゃん!!

テレビ番組やニュースがネットで見られるこのご時世、
100MBを超える容量の動画も増えているんじゃないかな。

ただの動画をパソコンの前でじっとして見られるのは、
せいぜい3分といわれているけど、
今回のように、資料映像などを作る機会もあるわけです。

容量制限が1GBというYoutubeを敬服し、同時に、
ニコニコ動画で綺麗にアップする方法を模索中。

綺麗な長時間番組を「ニコニコ動画」でアップしている方、
どのようにして対処しているのか教えて!!

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »