« あれが富士山、あの光るのが・・・on日本上空 | Main | 一足お先に?『南京!南京!』in北京!北京! »

トイレに続いて・・・排水管にスッタモンダn北京

先日、自宅のトイレを直したばかりだというのに
次から次と襲ってくる「故障」の恐怖

http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/03/post-15e9.html

今度は、少し前から洗面台と風呂場の水はけが悪く
シャワーを使うたびに栓をしていないのにバスタブに水が溜まっていく・・・
ということで、またまたお世話の「京客隆」へ行き、
詰まった水道管を流す粉末の薬品を買って注いだところ・・・

効き目がないどころか、
余計に流れが悪くなってしまったのです。なんなの、それ・・

といっても、また先日トイレを見に来た物業さんを呼んだところで、
ある程度のセルフサービスを要求されるんだろうからな・・

結論、自己解析を試み、排水管を見てみることに。

管は、においが戻ってこないように後ろが一度上を
向いている。これは、知っている人は知っている。
※知らない人は知らない。

ぐにゃりと上を向いたあたりは、前後がネジで外れるので
ネジをくるくる回してはずしてみると・・・

溜まっていた水がドバーーーーッ!!

続いて、昨日撒いた薬品が、粉末のまま
ザラザラーーーーッと出てくるではないですか!!

そこで、沸騰したお湯を水道口に向けて勢い良く
ドバドバーーーーーッ!!と注いでみると、
はずした切れ目から、ゴミと薬品が一斉に出てきた。

薬品は、ゴミを溶かす・・・って説明書に書いてあったのに、
ゴミと一緒に溜まってどうするの!!!!

と突っ込みながら、それでも水や薬品を流したところで、
バスタブの排水管も詰まっているせいなのか、
水はけは一向によくならない。

もはや、バスタブに注いだ薬品も粉末のまま溜まってしまったのか・・・

これを更に溶かす薬品か、あとは排水管を洗浄できる
ひょろ長ーーいブラシがあればいいのだけど、
そんなのこそ、日本の「東急ハンズ」くらいにしか売っていないだろう。

うん。

え!?

ほ、本当にあったりするの!?

・・・という訳で、買ってしまいました。

本当に、「東急ハンズ」で、です。

Img_1223

排水管の形に曲がって、管を掃除できるというブラシ。
その名も、ジャジャジャジャーン 「排水管クリーナー」
こんな素敵グッズがあったんですね。

日本に一時帰国したからって、
こんなのを買ってくる人なんて普通いないですね。。。

ともあれ、北京へ戻ってすぐに実行。
荷解きもままならないうちに、やるかなぁ?

バスタブの底をのぞいて、ホースと排水管の間をはずす。
※結構、単純な構造なんですね。

Img_1228

排水管の中にブラシを入れて、ゴシゴシ。。。

ん、ぬ、抜けなくなった

やばい!

で、でも日本製だから簡単に針金が切れることもなかろう。
目一杯力を入れて思い切り引っこ抜くと・・・

スッポーン!!

抜けたぁ!!

すると、ブラシの毛先には大量の、
引っかかるべく物体が団子状になってつられて出てきました。
※写真にするにはおぞましいので、できません。

ためしに、ホースを元に戻して、シャワーの水を注いでみる。

と・・・

順調に流れて行ってくれるではないですか

やっぱり、日本の物はええだよ。

ありがとう!長さ50センチの素敵ブラシ。

・・・どこにおいておけばいいんだ、これ?

ひとまず、タオル掛けに掛けておくことにしました。

Img_1230

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« あれが富士山、あの光るのが・・・on日本上空 | Main | 一足お先に?『南京!南京!』in北京!北京! »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/44687281

Listed below are links to weblogs that reference トイレに続いて・・・排水管にスッタモンダn北京:

« あれが富士山、あの光るのが・・・on日本上空 | Main | 一足お先に?『南京!南京!』in北京!北京! »