« 北京でHSKを申し込んだけど・・・ | Main | 北京の日本式ラーメン屋『宮崎家』-広告出てないけど評判の店 »

北京で百人一首-北京鵲橋かるた会第2回大会を見学

HSKを申し込んだ私に最近不足しているもの。

「集中力」

最近、生活の上で集中できない事情があり、
落ち着きのない日々を送っている。意気も消沈気味。

こんなことじゃ、ダメだ!

と、わかっているものの、
気を引き締めて「集中!」と言い聞かせるたびに
何かがその緊張の糸をプッツン・・・と切っていく。

そんなこんなで、6月21日の受験日まで1ヶ月、
なんとか成果を上げなければならない。

・・・

と、私のところに、日本語学習特訓班「KODAMA」から、
北京百人一首大会が開催されるという情報が入ってきた。
百人一首=カルタ、といえば、集中力を伴うゲーム。

なんの予定も入れなかった土曜日が開催日なので、
見に行って、集中力に触れてこよう!

というわけで、5月16日。国貿の日本文化中心へ。

P1220018

会場に着いてみると、KODAMA班が出場した
大学生の団体戦は終わっていて、個人戦の真っ只中。

シーン・・・としています。

札を読み上げる、読手(どくしゅ)の声だけが、会場に響きます。

そして、上の句が出てきた途端に、

「パシーーーッ!!!」

と、札を"弾く"選手の手。

P1220044

子供たちがメインですが、ものすごい迫力です。
みんな、よく百首の札を覚えているものです・・・

百人一首は、古代日本の百人が読んだ俳句からなるカルタ。
読手と言われる読み手が上の句を読んだところで、
選手の前に並べられた下の句だけが書かれた札を取る、という
とにかく百首を記憶しないと始まらないゲームである。

その百首を、覚えているのか・・・子供たちも、中国人学生さんたちも。

脱帽、です。

でも、百人一首暦○年というベテランさん方によると、
「百人一首は、スポーツです」とのこと。
記憶力と集中力に限らず、反射神経と耳のよさが勝負なのだとか。

さらに、主催された北京カルタ会会長の吉田ストーン睦美さんは、
お客さんや保護者が一杯来ている大会中にも関わらず、子供たちに、
「自分で飛ばした札は自分で探しなさい!」などと、厳しい。。。

日本文化紹介講座でも様々な武道や芸能を見てきたけど、
日本の文化には、こうした「躾」というものが伴っています

これらの技能を身につけると同時に、日本の子供は
礼儀作法やマナーを叩き込まれてきたのでしょう。

自分の集中力について叱咤を受けたと同時に、
改めて、日本文化の真髄を見たような一日でした。

・・・

今回、この大会のために、インフルエンザも乗り越えて、
同志社女子大学で古文を教える吉海直人(よしかい・なおと)教授と、
日本でも数えるほどしかいない、専任読手の
廣本幸紀(ひともと・ゆきのり)さんが
、日本からお越しになりました。

吉海先生の著書『百人一首かるたの世界』に、
サインをいただいて、ご満悦♪な私。徐々に読んで行きます。

ある人に、
「実は今日、集中力に触れたくて来たもの理由にあるんです」
と、話してみると、その方から

「じゃ、百人一首をやってみては?」

あわわわ・・・・
HSKの受験勉強で、脳みその皺に空きがありませ~ん。

・・・

北京で百人一首を始めたい方へ
月2、3回、週末に「かるた練習会」が開かれています。
北京鵲(かささぎ)橋かるた会会長・吉田(ストーン)睦美さんに
連絡しますので、先に私のところまでご連絡ください。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 北京でHSKを申し込んだけど・・・ | Main | 北京の日本式ラーメン屋『宮崎家』-広告出てないけど評判の店 »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。仕事で中国に来ているのですが、広州でかるたができる場所は無いでしょうか?

Posted by: 後藤 維大 | October 12, 2013 at 10:50 PM

後藤様
はじめまして。
広州でカルタができる場所は私も把握できておりませんので、
ブログで紹介させていただきましたこちらの方に
お問い合わせ頂けますと幸いです。
http://karutastone.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/2012-9f35.html

よろしくお願いいたします。

Posted by: emmy | October 12, 2013 at 11:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/45059433

Listed below are links to weblogs that reference 北京で百人一首-北京鵲橋かるた会第2回大会を見学:

« 北京でHSKを申し込んだけど・・・ | Main | 北京の日本式ラーメン屋『宮崎家』-広告出てないけど評判の店 »