« 北京の「食」物価 | Main | 北京で部屋を借りるメリットとデメリット »

北京で『端午の節句』-2009年は5月28日

P1220249

今年は5月に3連休が2回やってきた中国です。
第一弾はいつもの?ゴールデンウィーク、そして第二弾は、
端午の節句(端午節)。5月28日(旧暦で5月5日)です。
来年2010年は6月27日だそうです。1ヶ月も違うんですね。

というわけで、今年の端午節休みは5月28~30日の3日間。
29日の金曜日を休みにするため、31日(日)は出社です。
日本だったら、休みが一日増えてラッキー!なのに・・・
 
端午の節句の「端」は「初め」、「午」は「五」に通じ、
「端午」で「五月初めの五日」という意味になります。
 
端午の節句の風習の由来は、中国東周時代に国と人民に尽くした
政治家『屈原(くつげん)』を供養するために始まり、
三国志の時代に日本へ伝わったとされます。
 
この屈原さんの政策は、死んだ後もいっそう人々に崇め惜しまれ、
多くの粽(ちまき)を川に投げ入れて国の安泰を祈願する風習
変わって行きました。
 
そして、その風習は、病気や災厄(さいやく)を除ける大切な
宮中行事として魏の国により旧暦五月五日に定められたとか。
 
また、現実的に気候の話をするならば、急に暑くなるこの時期は、
昔から病気にかかりやすく、亡くなる人が多かったそうです。
 
その為、5月を『毒月』と呼び、厄除け・毒除けをする意味で
菖蒲やヨモギ・ガジュマロの葉を門に刺し、 薬用酒や肉粽を
飲食して、健康増進を祈願します。

・・・すみません。
この話、去年の端午節のエントリーとほぼ同じです。
こうした薀蓄は、毎年変わらないってことでしょうか。

・・・

で、この端午節の由来については、今夜思い出しました。

今夜は、中国の国家公務員さんと夕飯。
日本に住んでいた方なので、日本食でもいいかな?
と、はじめて近所にある「福寿司」を訪れました。

P1220245

松セット(80元=1200円くらい?)
ネタはやわらかく、ご飯も適度な酢の量で、
醤油も日本と同じ。おいしくいただきました。

端午節の話でまず盛り上がり、仕事の話、
郊外旅行が好きなこと、長城の話で盛り上がりました。

30:70の割合で、中国語:日本語のトーク
中国の方が外国語を話す積極さに、
いつも比重で負けてしまいます・・・反省。

今度は五分五分、いや、中国語比重を高めていきたいです。

・・・

お店紹介:福寿司
場所:地下鉄団結湖駅B出口出た処にあるビルの3階。
   入口は、ちょっと南側に廻った処にあります。

リーズナブルな値段でおいしく寿司を食べたい人に、お勧めです。

・・・

で、粽子はどこで食べようかな?

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 北京の「食」物価 | Main | 北京で部屋を借りるメリットとデメリット »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/45151691

Listed below are links to weblogs that reference 北京で『端午の節句』-2009年は5月28日:

» 端午節、3000元超の豪華チマキも! [北京メディアウオッチ 〔ブログ〕]
 今日は旧暦の5月5日、そう、端午節 (端午の節句) です。  中国では昨年からこの日を法定休暇としており、今年も土日を振り替えて、端午節から始まる3連休を迎えています (31日の日曜は、基本的に通常出勤)。  とはいえ3日間のプチ連休では、遠方へ旅行でも……という訳にもいかず、せいぜいが近場でのショッピングや会食、郊外ハイキングをするくらいでしょうか。 ま、しがないフリーランス稼業のアタクシには、連休であろうとなかろうと、全然カンケイありませんけどね〜。  フー ( ̄‥ ̄;) ==3 ... [Read More]

Tracked on May 29, 2009 at 01:33 PM

« 北京の「食」物価 | Main | 北京で部屋を借りるメリットとデメリット »