« 黒橋にて老北京に触れる-「環鉄」探訪日記その5 | Main | "一足お先"になるか? 『ラーべ日記(拉貝日記)』鑑賞 in北京 »

太平洋百貨南側の「1949」で北京ダックゥ―訪問は突然で

中国の労働節(ゴールデンウィーク?)は
5月1日から3日間。そんな初日の朝。

今日は休みだ・・・でもちょっと早めに仕事片付けてから出かけよう、
と、パソコンでメールチェックがてらブログサーフィン(っていうかな?)

すると、日本在住「よーこさん」のブログで、はたと手が止まる。

「今日から北京です」

え?

「北京のみなさん、もし時間があれば会いませんかー?
誰か北京ダック会とかしてくれないかしらん~?」

ぺ、北京にいらっしゃるんですか?!

咄嗟に、よーこさんが来る=「Xiaomiさん」へ電話。
朝にかけてごめんなさい。ちょっと寝起き声。。。

「Xiaomiさん、今日、よーこさんのブログ見ました?」
「んー?見てないけど・・」
「北京に、北京に来るって書いてあるんですけど!」
「・・・はぁ!?」

Xiaomiさんも知らないご様子。
よーこさんが北京へ来る時はいつも皆に召集を
かけてくれる彼女が知らないとは、かなりの緊急事態!?

その後、Xiaomiさんが如何にして皆さんへ召集をかけ、
北京ダックのあるお店を見つけ、予約してくれたのかは、
私には計り知れない(ありがとうございます)。。。

ところが!
1日前という超特急召集号令にも関わらず、
集まったのはなんと11人!!よーこさんご一家を入れると14人になりました。

す、すごい!!・・・というか、皆さん労働節にご予定は?(私含む)

会場に選ばれたのは、ここ。
太平洋百貨の南側にある「1949」というお店の中にある
「一鴨両制:DUCK DE CHINE(ダックでチャイナ)」

Img_1863

本当に太平洋百貨の道路挟んで真後ろでした。

Img_1868

同じ敷地内に、カフェ、麺屋、バー、などがありダック屋は一番奥。

Img_1870

お待ちかねのダック。
ダックが来る時は、銅鑼が「ぐわぁぁん」と鳴り響きます。

Img_1891

みんな、ピラニアのようにダックに飛びつき、あっという間におしまい。

お店を選んでくれた、北京で旅行会社を経営する社長さん。
仕事の電話で席をはずしている間に、ダックが消えてしまった
お皿を見てどんな思いだったのでしょうか・・・ごめんなさい。

Img_1893

よーこさんから、「では、みんなの近況をアップデートさせて」と
尋ねられたにも関わらず、なぜか仕事の話ではなく
「婚活」の話で盛り上がってしまいました・・・

でも、労働節の夜、一日前の召集で14人も集まるなんて、ありえないですね。
要は、みんなよーこさんが好きだから、ということなのだけど(^^)
よーこさんに会うと、いつも楽しくポジティブな空間を過ごせるのです。
そして、元気になってしまうのだから不思議です。

だからかな?この会で集まるメンバー、この空間にいる人は
みんなポジティブだし、そういう中に選ばれる私って、幸せ者かも♪

メディア関係者や企業の社長さんが多いせいか、
みんなスケジュールが読めない仕事をしているので、
むしろ、前日あたりに「明日なんですけど~」って召集かけた方が、
集まったりするのかもしれませんね(汗)

・・・

お店紹介:一鴨両制 DUCK DE CHINE
住所:朝陽区工体北路四合院(太平洋百貨南、「1949」の看板が目印)
電話:010-6501-8881
http://www.chainavi.cn/beijing/user.html?sid=2096792

|

« 黒橋にて老北京に触れる-「環鉄」探訪日記その5 | Main | "一足お先"になるか? 『ラーべ日記(拉貝日記)』鑑賞 in北京 »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/44889558

Listed below are links to weblogs that reference 太平洋百貨南側の「1949」で北京ダックゥ―訪問は突然で:

« 黒橋にて老北京に触れる-「環鉄」探訪日記その5 | Main | "一足お先"になるか? 『ラーべ日記(拉貝日記)』鑑賞 in北京 »