« 北京で部屋を借りるメリットとデメリット | Main | ぶらり北京バスの旅―水に沈む長城を求めて(1.往路編) »

星巴路!星巴路!-「拆」に消え行く北京の街並み

P1220260

これほどまでに寂しく
「拆(チャイ)」の文字を見たことはありません。

「拆(チャイ)」とは拆遷(取り壊し&立ち退き)を意味し、
このマークが付けられた建物のお店や住民は問答無用で追い出されます。

そしてこの「拆(チャイ)」というお達しが、終に
日本人の多くが親しんできた女人街・星巴路にやってきました。

ことの経緯は数年前―
この一帯が、「大使館街」にすることに決まったのですが、
「隣にある小汚い街を、綺麗なショッピングモールに変える」
ということが、各国大使館に向けた条件だったそうです。
その後、時代の最先端を行くような瀟洒なアメリカ大使館が完成。

夜になると、
「エコ、何それ?」と言わんばかりに照明をガンガンつけてます。

という訳で以前から聞いていた話だったのですが、事態は急展開。
5月12日のお達しで「今月末までの撤退」が言い渡されたのです

偶然端午節初日の5月28日に星巴路へ行ったら
「明後日までなんですーー」と、行きつけだった
『鳥小屋食堂』の店長・ともちゃんから聞いてびっくり!

なんという理不尽な話・・・

という訳で、端午節の3日間、この街に足を運びました。

ある意味、暴動でも起きないのか?
と思ったのですが、皆さんの反応は、
どこか物悲しいほどに、冷静・・・というか諦め顔。

中国人経営のお店で、店長から話を聞いてみると、
「補償金をもらえるから、あまり気にしないよ」と言う人、
「せっかく作ったお店なのに、政府の補償金なんて
大家が持って行っちゃって僕には残らないよ」
と言う人、
様々ですが、出てくる言葉には必ず「悔しい」の一言・・・

でも、怒りの感情を持ちながらも、どうすることもできず、
おとなしく、引越し作業に取り掛かっていました。

P1220368

お店の多くが、自転車リヤカー使用です。
引越し費用くらい、政府は出してくれないのかな・・・


こんなに理不尽で一方的な命令にもかかわらず、
デモなどの行動に出て反対する人がいないのです

「拆(チャイ)」の文字を消したりその上にポスターを貼ったり、
「我不拆」と書いていたりするお店はありましたが・・・
何の効果もないことは、みんなわかっているのです。

中国では、住民の意思とは関係なく、
政府が決めた命令には逆らえないようになっています。
逆らおうものなら、逮捕されて拘束されて、
その間に「拆(チャイ)」されて、
家がなくなっているのです。

中国では暴動がたくさん起きているかと、
テレビなどを通じて感じている人も多いかと思いますが、
日本の方が、よほどデモなどの行動で怒りを表しています。

P1220263

このお店は、おそらく抵抗したのでしょうか・・・
閉店した店の入口に北京市から派遣された
「治安部隊」が門番のように見張っていました。

そんな訳で、『鳥小屋食堂』も5月30日でラスト。
感謝祭が開かれたので、満席のお店に行ってきました。

P1220274

崩される前に、とみんなで壁に落書きしました。
『鳥小屋食堂』3年間ありがとう!!

寂しくなります・・・

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 北京で部屋を借りるメリットとデメリット | Main | ぶらり北京バスの旅―水に沈む長城を求めて(1.往路編) »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/45182255

Listed below are links to weblogs that reference 星巴路!星巴路!-「拆」に消え行く北京の街並み:

« 北京で部屋を借りるメリットとデメリット | Main | ぶらり北京バスの旅―水に沈む長城を求めて(1.往路編) »