« 中国の"銀聯カード"で買い物するとキャッシュバック!?in北海道 | Main | 北京で『国際旅遊博覧会』が開催!日本の誘致合戦いかに »

中国人に朗報!7月1日から日本への『個人観光ビザ』解禁!!

6月17日 北京市内のホテル

P1230220

2009年6月18日から開催される『国際旅遊博覧会』に先駆け、
日本観光庁の主催により、7月1日から解禁される
「中国人の日本観光個人ビザ」の記者発表会
が行われた。

これまでは、団体でしか申請できなかった
(昨年3月からは家族ビザも発行開始しているが)
日本への観光ビザが個人でも取得できるということで、
会場には、中国の旅行関連雑誌やテレビ局などのメディアが集まった。

はじめに、日本大使館領事館の小松道彦部長から、
個人ビザ解禁に至った経緯を交えた挨拶のあと、
日本観光庁の西阪昇審議官より、外国人の日本観光に関する
データ発表とともに、個人観光ビザの取得条件などの説明が行われた。

西阪審議官によると、
2000年から開始された中国人の日本観光も、年々その数を伸ばし、
昨年(08年)には、ついに100万人の大台を突破した。

小泉元首相が2003年に打ち出した『Visit Japan』キャンペーンでは、
2020年までに、世界各国から日本へ訪問する旅行者の数を
年間2000万人に増やす目的を打ち立てたのだが、
そのうち600万人を中国本土からの観光客とする予定だとか。

しかし現実は、中国人の渡航に関する制限が多く目標達成は難しい。
これまで限定されていた「団体ツアーの場合のみ」の観光では、
「日本観光を十分に堪能できない」という声もあったそうだ。
結果、日本は1回きりの訪問では物足りないはずなのに、
再び観光にやってくる「リピーター率」は13.6%にとどまっている。

そこで、「添乗員を伴わず、自由に観光を楽しみたい」という
要望に応えるべく、個人ビザを解禁する運びとなったのである。

とはいえ、まだ事例もなく、手続きを行う人員も不足しているため、
7月1日からの1年間は試験期間とし、申請できる都市も
北京、上海、広州の3都市に限定されている。

また、申請の条件として最も物義を醸していた
「年収25万元以上」という制限については、
多少下回っていても、預金残高や納税証明を添付すれば
考慮するという緩和策
が出されたが、具体的な数字については、
「申請する時に、旅行会社と相談してください」と言うに留まった。

会場にいた記者から、判断基準の曖昧さが指摘されたが、
観光庁にとっても初めての試み、暗中模索でのスタートなのだろう。

現時点でまず求められるのは、案件を増やすこと。
より多くの中国人に「個人観光ビザ」で日本を訪れてもらうための、
企業、自治体による新しいPR作戦が始まろうとしている。

明日からの『国際旅遊博覧会』 何が飛び出すか、楽しみである。


↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 中国の"銀聯カード"で買い物するとキャッシュバック!?in北海道 | Main | 北京で『国際旅遊博覧会』が開催!日本の誘致合戦いかに »

日本国内旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中国人に朗報!7月1日から日本への『個人観光ビザ』解禁!!:

« 中国の"銀聯カード"で買い物するとキャッシュバック!?in北海道 | Main | 北京で『国際旅遊博覧会』が開催!日本の誘致合戦いかに »