« 28日オープン!北京に増えた素食料理店、『慈來素食』 | Main | 北京で発見!!日本の「マヨネーズ」で懐かしの料理を・・ »

北京で日本の書籍に飢えている人へ朗報!「北京書籍共同購入の会」

北京で暮らし始めてから、ずっと飢えているのが、
日本語のメディア。特に書籍類は手に入りません。

これが、香港や上海だったら、もう少し楽に手に入るのですが・・・
とかく北京はまだ「異国」です。

というわけで、同じ考えを持っている人が
北京に少なくないようで、いつの間にかこういう会が発足しました。

「北京書籍共同購入の会」

話によると、ネット書籍販売の最大手・AMAZONでは、
20冊以上の本をネットで購入申し込みした場合、
海外でも配達費がぐんと安くなるそうです。

そんな訳で、
「みんながバラバラに購入するよりは、一緒にまとめて、
20冊以上希望冊数がたまったら、本格的に注文して、
日本の書籍を購入しやすくしよう」

というスタンスで始まりました。

で、せっかく色んな人が書籍(新刊やヒット本など)の
情報を共有できるのだから、「紹介会」を開くことになり、
毎月1回、集まりやすい飲食店でランチを取りながら
情報交換を行うことになりました。

6月27日

今回会場に選ばれたのは、新しくオープンしたばかりの「サロン・ド・千華」

清潔でおしゃれな空間に、ちょっと面白いインスタントラーメンの山

P1230482

中国や日本、世界のインスタントラーメンが集まっています。
ここのランチは、基本としてインスタントラーメンのアレンジメニューです。

漫画をはじめ、書籍も置いてあるので、
ゆっくり読書を楽しみたい人は、珈琲やお茶でも利用できます。

さて、今日はその出来立てのサロンに、12人の人が集まりました。
会に参加する人は、自分のお勧めの1冊を紹介することになってます。

P1230494

私が普段よく読んでいる本は、
紀行本・小説(特に現実社会もの系)・世界情勢(特に戦争系)
なのですが、他のジャンルに興味のある人のお勧めを聞いても、
「なるほど~、こういう本に興味を持っている人はこう考えるのか」
とか「世界をこういう風に見る方法もあるのか」と、

まったく違う人の視点を聞くのも面白くなってくるものです。

こうして色んな人がお勧めの本を紹介すると、
その人の趣味嗜好・考えていることを共有でき、
自分の中の引き出しを1つ増やすこともできるので、楽しいですね。

「本」というメディアは、人のアイディアや心を豊富にするためにも、
今後もなくならないでほしいものです。

『共同購入会の概要』

本好きな北京周辺の在住の方の、
日本からの本の取り寄せをお手伝いするために作られた会です。
注文が20冊以上になれば、まとめて注文します。

そうすれば、本代プラス300~400円程度で
日本から本を取り寄せることが出来るとか。
※ちなみに、本以外に音楽CDや、DVDもOKです。

【アマゾンの配送料のページ】
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=642982#international

・・・


お店紹介:サロン・ド・千華

住所  北京市朝陽区関東店南街2号  旺座中心西塔 501
電話  5207-8030
営業時間  午前11時~午後7時

北京では比較有名な「嘉里中心(ケリーセンター)」の
すぐ北側の建物「旺座中心西塔(VAN PALACE)」です。
ビルの入口入って左側のエレベーターで5階まで上がり左折。
地下鉄10号線・金台夕照駅から歩いて10分程度です。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 28日オープン!北京に増えた素食料理店、『慈來素食』 | Main | 北京で発見!!日本の「マヨネーズ」で懐かしの料理を・・ »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北京で日本の書籍に飢えている人へ朗報!「北京書籍共同購入の会」:

« 28日オープン!北京に増えた素食料理店、『慈來素食』 | Main | 北京で発見!!日本の「マヨネーズ」で懐かしの料理を・・ »