« 北京でお土産を買う時のお勧めの場所「南鑼鼓巷」 | Main | 北海道上富良野町で発見!?-我が家の家系図 »

北京でパスポート更新Ⅱ!2冊もって日本へ帰国

http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/07/post-2e3f.html

6月30日にパスポートを更新した私。
パスポートを中国で更新、ビザは日本で更新、
することになったため、無事出国できるか・・・ハラハラしていました。

こんな経験、10年後にはしないと思うので(したくないし)、
今後同じことを経験される方への参考として備忘録。

出国の日

Img_4795

ロゲ会長に見送られて、

Img_4802

パスポート2つ、航空券チケットを携えて、空港の出国審査へ。
どきどき・・

検査のお兄さんは何も聞いてこない。
2つのパスポートの顔写真を見比べて、丹念にスタンプをチェックしている。

ふと、顔を上げた。

お、終わりかな・・? と、思った瞬間。

「に、会中文?(中国語できますか?)」
「あ、会、会(できます)」

「るーじん、ちー」
「・・・は?」

お兄さん、「入鏡(入国)」のスタンプを指差している。

「入鏡へ行くの!?今から!?」→入鏡去(るーじん、ちー:Ru Jing Qu)
なんで今から入国審査の処に行かなきゃいけないんだよう・・・焦る。

ちょっとむっとして、
「入鏡って、何階?どう行けばいいんですか?」

と尋ねると、審査員のお兄さん、
「違う違う、いつ、入鏡?」

はっ!!

いつ入国したの?って・・・スタンプ見てたんじゃないんかい!!?
「あ、4月15日」 スタンプあるでしょ、というジェスチャーで指をさす。

「あ、OK、OK」

どうやら、問題なく出国できたようです。

Img_60532

「るーじん、ちー」ではなく、
「るーじん、りーちー(入鏡日期:Ru Jing Ri Qi)」
と聞いていたのですね。
やっぱり「R」の発音は日本人の耳にピンときません。
せめて「しぇんましほうらいちょんごおま?(什マ時候来中国マ?)」と聞いてくれれば・・・

というより、スタンプがついている日付を尋ねてくるとは思ってもいなかったので、
その質問自体が想定できなくて、聞き取れなかったという感もあり。

今後の備忘録:
1.空港では、空港用語で質問してくる。
2.パスポート更新時には、おそらく最後に来た日のことを聞いてくる。
(本人のパスポートかどうかを確認する意味で尋ねているのだろう)

ビザについては、何も聞かれませんでした。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

余談:
日本の入国管理で対応したおばちゃん、
人の顔も見ずに横の人とおしゃべり。
最後にはこれまた顔も見ずに「はい、どうぞ」で終わり。

ちょっとこれは・・と、「中国より態度悪いっすよ」
なんて捨て台詞を残して去ったけど、聴いたかな?

「笑顔禁止」「官僚的に」という規則でもあるの?
というくらい、どうしちゃったの、と思わざるを得ない
最近の日本の窓口対応。

アジアのレベルが向上してきただけに、尚更。

|

« 北京でお土産を買う時のお勧めの場所「南鑼鼓巷」 | Main | 北海道上富良野町で発見!?-我が家の家系図 »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

まさに同じ状況なので、参考にさせていただきました!
7月14日でパスポートもビザも切れるので、北京でパスポート更新するつもりでした。(記載事項に変更がないので、北京で切り替える方が簡単そうなので)
一ヶ月に1~2回ぐらい出張で帰国するので、
①2週間ぐらい時間があるときにパスポート更新
②パスポート切れるまで2枚持ちで
③時期が来たら、ビザ更新
でいきます。

ありがとうございます!

Posted by: AAA | March 26, 2012 at 05:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/45609173

Listed below are links to weblogs that reference 北京でパスポート更新Ⅱ!2冊もって日本へ帰国:

« 北京でお土産を買う時のお勧めの場所「南鑼鼓巷」 | Main | 北海道上富良野町で発見!?-我が家の家系図 »