« 北京の日食はこんな感じでした・・・ | Main | 【静岡紀行】沼津~御前崎、雨と海の水の彼方へ »

【静岡紀行】富士山静岡空港、23日にフジドリームエアライン就航!

2009年6月3日に開港した『富士山静岡空港』へ行ってきました。
日本国内では、これが最後のローカル空港になると言われています。

Img_5748

【富士山静岡空港】
http://www.mtfuji-shizuokaairport.jp/

到着すると、あいにくの雨。
茶畑が広がる牧の原台地の上にあるため、霧が発生しやすいのだとか。
そして、霧が濃くなると、飛行機は着陸地を違う場所に移動します。

この「不時着率」を年に2%程度にしたいと望む静岡空港。
開港してわずか1ヶ月の間で、既に3%を超えているそうです・・・。

空港の前には、車社会・静岡県の方が利用しやすいように、
約2000台を無料で収容できる駐車場が設けられていますが、
天候不順による着地点は名古屋のセントレア空港
新幹線で1時間かかる場所から、車を取りに戻る手間が生じます。

この辺が課題ですが、開港した時期が梅雨時の6月でもあるので、
夏~春にかけては、不時着率も下がるものと期待しています。

Img_5659

『利用客より、観光客が多い』といわれていた空港ですが、
確かに、送迎デッキに行くと、飛行機の離着陸を見守る人で一杯でした。
新しい空港を、新しい観光名所として捉えている人も多く、お土産屋も盛況。

利用客がまだ少ない原因としては、本数の少なさ。
まだ、国内線が札幌・沖縄・福岡、国際線が上海・ソウルと5箇所
目的地の選択は申し分ないのですが料金も割高感があってまずまず。

ところがこれを打破するべく、
7月23日から新たに3箇所ルートが増えることになりました。
しかも航空会社は、新しくできた「フジドリームエアライン」です。

Img_5694

【フジドリームエアライン】
http://www.fujidreamairlines.com/

静岡から、石川県の小松・熊本・鹿児島へ向かう路線が増便です。
(インターネットで、チケットの予約もできます)

【運行内容】
・札幌  毎日2便
・福岡  毎日3便
・沖縄  毎日1便
・小松  毎日2便
・熊本  毎日1便
・鹿児島 毎日1便
・ソウル 毎日2便
・上海  週4日(月水金日) 1便 

と、なります。

そしてこのフジドリームエアライン、機体を7台用意する予定。
機体の色も7色用意するそうです。
現在、赤と水色がありますが、対になっている色が黄色なので、
水色バージョンは「AIR DO」を彷彿させてしまいました・・すみません。

石川県小松市は、静岡とも産業が類似するところも多いため、
一日2便を用意して日帰りの往来を可能にし、
ビジネスパートナーシップを図る目的もあるようです。

また、静岡県と中国の杭州があるセッコウ省は姉妹県提携を結んでいるため、
静岡-杭州線も作りたいとの目的もあるとか。
できれば、静岡-北京もできると嬉しいですね。

【富士山静岡空港へのアクセス】
http://www.pref.shizuoka.jp/kuukou/contents/gaiyo/kotsu.html

利用まではまだ予定がない・・という方も、
ぶらり観光気分で来てみると、面白いかもしれません。

Img_5648

富士山のパネルは、できれば出発口より到着口にあったほうが、
来静されるお客さんにワクワク感を与えてくれるのでは。。。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 北京の日食はこんな感じでした・・・ | Main | 【静岡紀行】沼津~御前崎、雨と海の水の彼方へ »

日本国内旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/45733546

Listed below are links to weblogs that reference 【静岡紀行】富士山静岡空港、23日にフジドリームエアライン就航!:

« 北京の日食はこんな感じでした・・・ | Main | 【静岡紀行】沼津~御前崎、雨と海の水の彼方へ »