« June 2009 | Main | August 2009 »

【告知】北京で、FaceBookが開けません!

最近、利用者が増えている「Face Book」が、
7月ごろからずっと開けません。

【FaceBook】
http://www.facebook.com

日本版(http://www.facebook.jp)でもだめです。

友人から、リンクの依頼を立て続けにいただいているのですが、
こういう事情で、リンク申請が遅れています。すみません。

中国に住んでいる他の方はいかがでしょうか?

【Face Bookとは】
友達や同僚、同級生、近所の人たちと交流を深めることのできる
ソーシャルユーティリティサイトです。Facebookを利用すれば、
友達の近況をチェックしたり、写真をアップロードしたり(枚数は無制限)、
リンクや動画を投稿したり、知り合いと連絡を取るのも簡単にできます。

でも、友人同士がやりとりするコメントも、
全部、個人メールに「お知らせ」として届くので、
やりとりは、違うところでやったほうがいいかも。

それにしても、Youtubeも未だに見られないし、
ブログではExciteも全然だめ。

情報交換もスムーズにできないなんて、、、
ここでも日中のコミュニケーションに弊害か!?


↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

中国人と私の「怒り」の違い

普段は冷静に振舞っているつもりの私だけど、

中国で暮らしていると、

感情をむき出しにして怒ることもある

怒らないといけない、そんな必要に迫られてのことだから、
心の中では、実はちょっと意図的で、計画的

だから根本的には冷静なので、
ガーッと怒ったあとは、スーッと忘れる。

こうしたところが、

「中国人っぽい」とか、

「中国暮らしに向いている」とか言われるのだけど、

今日、ちょっと感じた。

イライラする場所、怒る場所が、
私と中国人とは違う
、ということを。

・・・

某銀行。 開店時間の朝9時。

日本円から中国元への両替をしようと、立ち寄った。

開店前から、お客さんの数の多いこと!
なのに、開いている窓口の少ないこと!
そして、一人一人の応対になんと時間のかかること!

2番目に窓口へ行けるはずの私が、そこへ座ったのは、
時既に9時10分。

虎の子の2万円を出すと、

行員さんが、「ちょっと待ってください」と席を立った。

待つ。

待つ。

待つ。

・・・10分が経過した

行員は、来ない。

後ろにお客さんがたーっくさんいるのに、何をやっているんだか。

意図的に、声を出した。

「太慢!!(遅すぎ!!)」

声が大きすぎたせいか、お客さんが一斉に振り返った(汗)。

「どうしたんですか?」

と、銀行の入口にいた他の行員が飛んできたので、
「ここの行員が、10分も帰ってこないんですけど!」と
叫んでみたら、やっとその行員が帰ってきた。

「遅すぎるよ!何やってたの!」

すると行員は謝る言葉もなく、怒鳴り返してきた。

「あなたが持ってきたのが日本円だったから、アメリカドルで
一度単子(伝票みたいな奴)を出してから書類を作ったのよ!」

「前にここへ来た時は、そんなのなかった!」

「知らないわよ!そもそも、あなたが
日本円で両替にくるから
○×△◎~!!」

対応が遅いくせに、なんで私のせいにされなきゃいけないの?

結局、怒鳴りあったあとで手続きが終了すると、行員は
何事も忘れたかのように(一応業務上だからか、私が窓口の
処に置いてある『評価ボタン』で「不満足」を押したからか)
「慢走(お気をつけて=ありがとう、も含む)」と言った。

そして、終わって席を立つと、前の人も次の人も横の人も、
窓口対応で時間がかかることにあまりイライラしていなかった。

むしろ、私が怒ったことを、みんな不思議な目で見ていた・・・(汗)

・・・

普段は、簡単なところでぶつかりあっている中国人だけど、

待たされることには慣れているようで、

「時間のかかること、効率の悪いこと、予期せぬ遅延」

こういうことには、あまり怒らない。

逆に、私も含め日本人は、
少しでも予定が狂ったり、遅れたりすることをすごく嫌う

だから、意味もわからず待たされるとイライラする。

逆に、中国人はどういうところで怒るのか、というと・・・

「プライドや面子を傷つけられた時」

が、多い、と思う。

だから、窓口で私が作業の遅い行員に直面から

「遅い!」

と叫んだら、彼女は

「自分の行為(というか自分自身)に、人前で文句をつけられた」

と感じる。それが悔しくなって、怒鳴り返してきているのだ。

だから結局、私が怒っている本質は理解されていないし、
ここで展開されている喧嘩には何の意味も効果もない

という結論に陥る(泣)。

で、こういう場面、不満がある場合にあえて優しく
「他の人もたくさん待ってるから、工夫してね」
と言っても
「あぁ?○○だから仕方ないでしょ、私のせいじゃないわよ」
となるから、態度で怒りを示すしかない。

こうして中国人は喧嘩になるのだろう


先日、シンセンのスーパーで
列の割り込みを警備員に注意されたおばちゃんが、
仲間100人を引き連れてスーパーに殴りこみをしにきた

というとんでもない事件が起きたが、

どういう言い方でも、
割り込みを注意されて逆切れしたり反抗する人は、結構多い。

自分でも後ろめたさを自覚してやっているから、
敢えて他人から言われると、馬鹿にされた、と思うのか

すごい勢いで反抗してくるのだ。

それが、中国でよく見かける喧嘩の元、だったりする。

・・・

どっちがいい、とは言い切れないけど、

ひとまず、私と相手で怒っている内容が食い違っている
ということだけは、喧嘩する度に感じる。

だから、怒っても相手を不愉快にするだけだし、
根本的にはすぐに解決することはないだろう、

と感じるのだけど、

言わなきゃ言わないで、
効率悪いことのデメリットがいつまでも解ってもらえない

今回は、元から問題になっている銀行業務の対応態度が、
一向に改善されないのは良くない、と思ったし、
自分はこれからも、銀行へ行く度にイライラするのだろう。

そうなると、ついつい、

「訴えの怒鳴り声」を上げてしまう自分が、いた。

でも、結局行員にもお客さんにも解ってもらえなかったと、思う。

どうにかならないかな?

・・・やっぱり「計画的」って言葉は却下ですか

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

北京でも選挙できます!8月30日は衆議院議員総選挙

Img_6578 Img_6576

中国のテレビにも、麻生さんや鳩山さんが登場

今回の衆議院選挙総選挙、世界中の人にも注目されているようです

海外にいながら日本の選挙情報を入手できるなんて、
世の中便利になったものです。しみじみ。

・・・そもそも、既にインターネットで入手しているのですが。

オバマ大統領よろしく、日本の「チェンジ!」を期待するのか、
中国で、日本の政治ニュースが流れるとは驚きです。

Img_6579

オバマ大統領の記者会見でも、質問があったようです。
・・・

そんなある日、
我が家に帰ると、ポストに1通の手紙が入っていました。

「おや、我が家に手紙なんて珍しいな」
と、思うまでもなく、それが何かは推測できた。
そして、その推測に間違いはなかった。

『在外選挙のご案内』
7月21日の衆議院解散に伴い、第45回衆議院議員総選挙が、
8月18日(火)公示、8月30日(日)日本国内における投票
という日程で行われる予定になりました。

これを受けて、在中国日本国大使館では、在外選挙を
行う予定
となりましたので、投票方法や投票場所などを
以下のとおりお知らせします。

そう、
日本国外に住んでいる人でも、選挙に参加できるのです。
方法は、事前に「在外選挙人証」を入手するだけ。

私が北京へ来てから最初に経験した在外選挙は、
2007年の参議院総選挙。実は、情報入手が遅れた私、
3週間前に慌てて領事館から自治体に申し込みをした

通常1ヶ月~2ヶ月かかると言われていただけに、
「3週間前じゃ、間に合わないよ」と周囲にも言われて
半ば諦めていたのだけど、それはなんと、
在外公館の投票開始日2日前に届いたのであった

よほど申請者が少ないんだろうな・・・G県T市。
ではなくて、「こんな奴でも投票してもらおう」と、
超特急で頑張ってくれたんだろうな

と感動の念を抱いたのは正直な気持ちである。

何はともあれ、
私の手元には、しっかりこの時の「在外選挙人証」が残っている。
これは、今回も選挙に行かないわけにはいかないだろう。

海外に住んでいるとはいえ、自分の生活に無縁ではない
話はたくさんあって、こういう時こそ、自分の声も
日本の社会を変える力になってもらいたいものだから。

というわけで、詳細です。

【中国北京市在外選挙の日時・場所・方法】
投票期間:平成21年(2009年)8月19日(水)~24日(月)
投票時間:午前九時~午後五時
投票場所:在中国日本大使館領事部事務所内
     ※三元橋の南銀大厦2階:パスポート手続きを行う場所
必要書類:在外選挙人証、パスポートなど身分証明書
     ※運転免許証、就業許可証、など顔写真付きの証明も可

郵便投票などもできるようだけど、ちょっとこれは面倒くさい。
期間は長いし、北京に住んでいるので直接行ってきます。
※在外公館のない中国の小さな都市などに住んでいる人は、
選挙だけでも一大事。首都・北京在住の恩恵にあずかります。

夏休みの只中にあって、
住民票を抜いているけど一時帰国している人もいます。
この場合、日本で他の人たちと一緒に選挙できるそうです
※「在外選挙人証」を持参してください。

「ちょっと日本を変えてみたい」
国外に住んでいても、感じる今日この頃です。

「ちょっとどきっとしてみたい」
そんな感じがした本を、2冊見つけちゃいました・・・

 


参考:在外選挙人名簿登録申請の流れ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/flow.html

 
↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2年半後も「HSKの結果キタ━━(゚∀゚)━━!!」

2年半前に誓った目標は、「次は1つでもランクを上げる」
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2007/01/hsk_be71.html
でしたが、果たしてその結果はいかに・・・

7月21日

日本から戻って早々、
HSKの結果が公開されているとのお知らせを受けました。

http://www.hsk.org.cn/ExmScore.aspx

これで結果を見ることができます。

ドキドキしながら受験番号を入力して[査詢分数]をクリック☆

その瞬間、結果が画面の下に「ピュッ☆」

ちょっ!! 

ま、ままままてーぇい!!
心の準備ができる前に、結果を出すかい!!

2年半前は10分かかって表示されたのに、時代の進歩は早いです。

そして、瞬時に突き出された結果が、否が応でも目に入りました。

総合得点:260点
ランク級:初級A

これは・・・「5級」のランクです。

2年半前は「4級「だったので、1級上がりました(感涙)

でも、6級ランクの最低ラインを見ると総合得点で262点。
ネックは、ヒアリングがやはり55点で4級ランクだったこと。

2点足りなかった・・・
ヒアリングも、やっぱり当たらなかった・・・

今回の目標を詳細に言えば
「総合得点は6級だけど、 ヒアリングが足を引っ張って5級に収まる」

ということを想定していたのに、
結果として、総合得点・ランク級共に5級範囲だった。
ひときわ膨らむ惜敗感・・・く、悔し~い!!

なんで当たらないんだろう・・・なのに、
なんで中には400点満点近く取れる人がいるんだろう・・・

世の中、不平等だ・・・

とはいえ、満点近く取っている人は、
本当に必死で多くの時間を割いて勉強しているのだから、
仕事の片手間にやっているような人間が贅沢は言えません。

2年半前は「総合得点:234点・ランク級:4級」だったので、
ランクが1つ上がっただけでもよしとしましょう。
この調子で行けば、次は6級が取れるのではないかと期待が持てて、
それが次へのモチベーションにつながるのだから。

・・・

ところで、結果は、ネット上で表示される結果と
証書としていただく印刷物の結果の2種類があります。
なぜか、この2つは得点が異なることもあるそうなので、
「受験会場」で受け取って両方を確認したくなりました。

というわけで、朝早く行ってきましたよ。

北京第二外語学院
受験申し込みの時に、散々スッタモンダしたあの場所です。

北門から、受験した校舎が見えるのでまっすぐ歩いていきました。

すると・・・

『工事中』

・・・(汗)

では、HSKの結果はどこでもらえるの?
そこら辺を歩く学生さん、近くにあった学生寮の受付さんに
聞いてみるものの、みんな揃って「不知道」

結果、現場を探し出すことができず、タイムオーバー。

なんのために、朝の時間がない中、渋滞の道を
バスに乗って来たと思ってるんだようぶうぶう。

受験票にも改装中の校舎にも問合せ先の記載なく、まったく不親切。
でも、やはり事前に確認するべきだった自分にも反省でした。


あとで、リベンジします。

あいや、結果を貰うリベンジでなく、
6級以上の級を取るためのリベンジが肝心なのですが。


まずは、耳の力を鍛えること、
それには、声に出して発音を体で覚えること。

お勧めと言われたこの1冊を、毎日流しています。


↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【データ】北京日本人会は「中国で毎年邦人が100人亡くなっている」と言うが・・・

北京日本人会で7月16日にWeb上で公開されたデータ。

「中国で毎年邦人が100人亡くなっている」
http://www.nihonjinkai.org.cn/html/iinkai/seikatukankyo/200907/16-768.html

統計は、2003年から07年までの5年間。
2004年から死亡者が100名を超えたこと、
年代別では40歳32%、50歳34%と働き盛りの方々が亡くなり、
その原因は脳疾患・心疾患が多いことが分かりました。

よってそこから出た結論は、
「心疾患、脳疾患が多く、40~50歳代の駐在員が倒れるケースが多い」

ふむ・・・・

駐在員にだけ、言えばいい報告だったんですね

ってくらい、明らかにヘンですね。
しかも、死亡と関係のない内容が「注意事項」に書いてあるし。

データサンプルの抽出箇所が、全然記載されていないし、
これってどう見ても、調査対象がどこかに偏っているとしか思えないです

これなら、「中国の邦人が・・・」というのではなく、
「中国の駐在員が」、「中国の北京日本人会の会員が」
「中国に在外登録をしている日本人が」
など、データ集計に
使用した所を明記した方が良いのではないでしょうか。

しかも、「駐在員」「出張」「旅行」しかない訪中形態も意味不明。
中国にいる日本人のカテゴリーは、もっとたくさんあるはずです。
学生、現地採用、フリーランス、主婦、駐在員の子供、などなど。

30代以下の死者がまったくいない、なんてありえないでしょう。
留学生などが事故や事件に巻き込まれるケースだって少なくないし、
危険な安旅に出るのは若者が多いし、領事館も邦人の暴行事件とか
発表しているし、予期せぬどんな「死」が待っているかわからない中国。

上記統計に入っていない、30代+現地奮闘組の私だって
一応、これでも、中国暮らしにはひとまずの恐怖心もあるのだから、
日本大使館・領事館で公式発表をするならば、適当でなく、
もっと偏りのないデータを作るように努力してもらいたいものです。

30代+現地奮闘組、加えて元リサーチ会社の私としては、
どうも腑に落ちないこのデータに余計な神経を高ぶらせて、
血圧を上げている気がするのだけど・・・誰がデータ取ってくれるかな?

よってそこから出た結論は、
「30代以下の在中邦人は、自分の身は自分で守ろう」

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【静岡紀行】沼津~御前崎、雨と海の水の彼方へ

静岡空港の開港にちなんで、やはり名所を案内しておくと、
「お、静岡いいなあ・・・飛行機で行ってみようかな~」とでも、
思ってくれるのではないかと思い、静岡県内を回ってみました。

全国一新幹線の駅を持つ(6つもある)、東西に長い静岡県を、
一日で廻るとすると、こんなスケジュールでどうでしょう。

【スケジュール案】(あくまで、個人の一例です)

7月16日 23時50分 東京駅八重洲口バスターミナル
深夜バスで、一路静岡へ。所有時間・・・え、4時間半!?短い!!

7月17日 4時35分 静岡駅到着 5時05分の始発で沼津へ。

6時前、沼津駅到着。
仕事でお世話になっている、編集マンのMさんに車で沼津港へ。

Img_5623

漁港は、日が昇る前から仕事が始まるので、朝も早い。
さっそく朝食でいただいたのは・・地アジ丼。丼に見えない豪快さ!!

Img_5633

8時前、国道1号線を一路西へ。
10時前に、富士山静岡空港着。飛んで降りる飛行機を見まくる。

Img_5694_2

12時半 進路を南へ取り、静岡最南端の岬、御前崎
雨と、風と、潮と、危険・・・じゃないものを感じながら、海岸線を走る。

Img_5814

「海だーーーー!!」
と、叫んだ瞬間、Mさんのカーステレオから
『1/6の夢旅人』(By,樋口了一)が流れ出したのは・・・単なる偶然?

Img_5796

鳥取・・・じゃなくて「浜岡大砂丘」
鳥取より小さいのに「大砂丘」って・・・?
遠くに浜岡原発がよく見えました。

14時 御前崎の漁港で、昼食。
「がわ」という、冷たいお味噌汁に
イサキが入ったものをいただく。梅がおいしかった♪

Img_5820

16時 静岡市内へ。
駿府城を横に流し、フランス料理でディナー。
※す、すみません・・・駿府城の写真はありません。
時は江戸時代、駿府城は徳川家康の隠居のお城でした。
このため、苦労せずとも恩恵を受けた駿府の国(静岡)は、
文化が発展しなかったのだ、、、と、静岡っ子の知人が嘆いていました。

【参考:Wikipediaより】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A7%BF%E5%BA%9C%E5%9F%8E

こうして、静岡の夜は更けていきました。
長かった一日ですが、かなり充実していました。

静岡県、海あり山あり湖あり台地あり茶畑あり空港あり・・・
一日ではすべてを廻れないので、飛行機で来て、
じっくり堪能してみると、充実した旅行になること間違いなし!!

【静岡県概要】
http://www.pref.shizuoka.jp/a_content/info/profile/kensei/index.html

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【静岡紀行】富士山静岡空港、23日にフジドリームエアライン就航!

2009年6月3日に開港した『富士山静岡空港』へ行ってきました。
日本国内では、これが最後のローカル空港になると言われています。

Img_5748

【富士山静岡空港】
http://www.mtfuji-shizuokaairport.jp/

到着すると、あいにくの雨。
茶畑が広がる牧の原台地の上にあるため、霧が発生しやすいのだとか。
そして、霧が濃くなると、飛行機は着陸地を違う場所に移動します。

この「不時着率」を年に2%程度にしたいと望む静岡空港。
開港してわずか1ヶ月の間で、既に3%を超えているそうです・・・。

空港の前には、車社会・静岡県の方が利用しやすいように、
約2000台を無料で収容できる駐車場が設けられていますが、
天候不順による着地点は名古屋のセントレア空港
新幹線で1時間かかる場所から、車を取りに戻る手間が生じます。

この辺が課題ですが、開港した時期が梅雨時の6月でもあるので、
夏~春にかけては、不時着率も下がるものと期待しています。

Img_5659

『利用客より、観光客が多い』といわれていた空港ですが、
確かに、送迎デッキに行くと、飛行機の離着陸を見守る人で一杯でした。
新しい空港を、新しい観光名所として捉えている人も多く、お土産屋も盛況。

利用客がまだ少ない原因としては、本数の少なさ。
まだ、国内線が札幌・沖縄・福岡、国際線が上海・ソウルと5箇所
目的地の選択は申し分ないのですが料金も割高感があってまずまず。

ところがこれを打破するべく、
7月23日から新たに3箇所ルートが増えることになりました。
しかも航空会社は、新しくできた「フジドリームエアライン」です。

Img_5694

【フジドリームエアライン】
http://www.fujidreamairlines.com/

静岡から、石川県の小松・熊本・鹿児島へ向かう路線が増便です。
(インターネットで、チケットの予約もできます)

【運行内容】
・札幌  毎日2便
・福岡  毎日3便
・沖縄  毎日1便
・小松  毎日2便
・熊本  毎日1便
・鹿児島 毎日1便
・ソウル 毎日2便
・上海  週4日(月水金日) 1便 

と、なります。

そしてこのフジドリームエアライン、機体を7台用意する予定。
機体の色も7色用意するそうです。
現在、赤と水色がありますが、対になっている色が黄色なので、
水色バージョンは「AIR DO」を彷彿させてしまいました・・すみません。

石川県小松市は、静岡とも産業が類似するところも多いため、
一日2便を用意して日帰りの往来を可能にし、
ビジネスパートナーシップを図る目的もあるようです。

また、静岡県と中国の杭州があるセッコウ省は姉妹県提携を結んでいるため、
静岡-杭州線も作りたいとの目的もあるとか。
できれば、静岡-北京もできると嬉しいですね。

【富士山静岡空港へのアクセス】
http://www.pref.shizuoka.jp/kuukou/contents/gaiyo/kotsu.html

利用まではまだ予定がない・・という方も、
ぶらり観光気分で来てみると、面白いかもしれません。

Img_5648

富士山のパネルは、できれば出発口より到着口にあったほうが、
来静されるお客さんにワクワク感を与えてくれるのでは。。。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北京の日食はこんな感じでした・・・

8時半過ぎから欠け始めました。

Img_6082

肉眼でもはっきりと、欠けているのがわかります。

すかさず愛用のカメラを取り出し、
絞りF16、シャッタースピード1/4000で激写!!

Img_60841

Img_60801

晴天じゃなかったので、黒いフィルターや
下敷きがなくても、このくらい撮れました。

さあ、これから天体ショーの始まりだ~!

ワクワクしながらカメラを構えて
一番欠けると言われている9時半を待っていると…

え?

だんだん、雲が濃くなってきてるんですけど…

Img_6092

肝心の9時半ごろには、あたり一面真っ白け

心も天気もどんよりの9時半は、無情に過ぎていきました。

以上、雲と涙の北京報告でした。

追記:ただ、北京でも、9時半に太陽がしっかり見えた場所では、
最大近くの日食が見られたそうです
…粘り強さと諦めない気持ちが大事でした(涙)

【週刊中国的生活】ともこさんのブログより
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/blog-entry-518.html

2

この写真は、無事観測できた中国杭州の皆既日食。
中国語では「日全食」というそうですね。

・・・

で、この先2027年まで、世界で日食が見られる場所を
つらつら挙げてみると、こんなにたくさんありました。

でも、どこも遠いのが玉に瑕・・・


2010年7月11日
南太平洋(イースター島、クック諸島など)

2016年3月9日
マレーシア、インドネシア(スマトラ、ボルネオなど)、太平洋

2017年8月21日
アメリカ合衆国(オレゴン、アイダホ、ワイオミング、ミズーリ、テネシー、
サウスカロライナ州)

2019年7月2日
南太平洋、チリ、アルゼンチン

2020年12月14日
南太平洋、チリ、アルゼンチン、南大西洋

2023年4月20日(金環皆既)
インド洋、インドネシア、東ティモール、太平洋

2024年4月8日
メキシコ、アメリカ合衆国(テキサス、オクラホマ、アーカンソー、ミズーリ、
インディアナ、オハイオ州)、カナダ

2027年8月2日
スペイン、モロッコ、ジブラルタル、アルジェリア、チュニジア、リビア、エジプト、
サウジアラビア、ソマリア

ちなみに日本では、2012年5月21日に、
月が太陽を隠しきれずに太陽の中に入ったような形に見える
金環日食が、九州から関東の太平洋沿岸で観測できるそうです。

一方皆既日食のほうは、26年後の2035年9月2日
新潟・富山・石川・群馬・栃木・茨城の各県で見られるそうで、
実家群馬ならば、間近で見ることができるわけですが。

2035年っていえば、私はいくつだ?

え!?

還暦!?


↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

千代田チャリティ・コンサート~亜海れい子さんのステージ鑑賞

「ロハス」なシンガーと言ったらこの人!
シンガーソングライターの亜海れい子さん

中国語版『ソトコト』編集部に毎月届いていた日本の『ソトコト』から、
08年4月号の付録CDに入っていた1曲
「refresing breese」を聞いて一耳ぼれ。

そんな縁もあって、メールをやりとりさせていただく中、
今回、日本帰国のタイミングでコンサートを開かれる話を入手。
初めてその歌声を聴きに行ってきました。

Img_5562

7月15日

「第154回 千代田チャリティ・コンサート」
毎月1回、千代田区の御茶ノ水で開催されているコンサート。
入場料は、観覧にいらした方の任意の金額による「募金」だそうです。

18時開演、途中休憩を挟んでの2部構成で、20時終了。
この間に、全部で14曲もの歌を披露されました。

Img_5582

ピアノ伴奏は、ピアニストの小西真澄さん
何でも弾いてくれちゃいそうな、頼りになるお姉さんという印象でした。

Img_55802

亜海さんは、名探偵コナン劇場版第7作「迷宮の十字路」
クライマックスで流れる挿入歌「キミがいれば(十字路ヴァージョン)」
をはじめ、NHKみんなのうた「Yes,You」
元・長野県民の私には嬉しい「心のふるさと~信濃大町」
手話を含めた1曲「ゆっくりゆっくり」など、
心に沁みてくるクリスタルボイスで、次々と披露してくれました。

私は個人的に、最初に亜海さんを知るきっかけになった
「refresing breese」を生で聴けて嬉しかったです。

お客さんも、静かに歌声に聞き入って、
暑い夏の涼しいひとときを過ごさせていただきました。

亜海さんとはメールのやりとりだけでご対面
したことがなかったので、ご挨拶に伺いたかったのですが、

コンサート終了と同時にお客さんたちはまっすぐ出口へ・・

という流れになり、敢えてお会いするように頼めず、
お話できなかったのが残念でした。主催の方、今度は
お客さんと出演者のふれあい時間を設けてください^^

【千代田チャリティ・コンサート】
平成5年7月スタートし、その後月に1回開催。
音楽を中心にイベントを開催し地域の文化向上、
社会還元、福祉発展などに何か役立つ奉仕をしたい
という気持ちから実現したチャリティ・コンサートです。

今回の寄付金は、なんと合計83500円!!?

ここにも素敵な「ロハス」見つけました。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

武蔵野うどんに良く似合う・・・『小平ふるさと村』in江戸

『松根』で武蔵野うどんを堪能した帰り道―

Img_5885

どこかの神社で、神輿祭りが開かれていた。

Img_5896

うーん、これぞ日本の夏!

Img_5950

武蔵野うどんを案内してくれた評論家が、
その近くにある『小平ふるさと村』へと連れて行ってくれた。

Img_5938

ここは、武蔵野うどんのメッカ・・・らしい。
「武蔵野うどん保存普及会」の、本部、なのか。
武蔵野うどんの中でも、「小平糧うどん」が食べられるようです。

Img_5917

小麦も村の中で栽培されているらしい。

Img_5903

この中にある、藁葺き屋根の建物で、
本場モン、「小平糧うどん」が一日50食限定で食べられるとか。

私が到着した2時前。
ちょうど、「はい、今日最後でーす」と元気のいいおばちゃんが
・・・他のお客さんに50食目の糧うどんを出していた。

『松根』で食べたうどんが、まだ胃の中に残っていたので、
今度来るときのリベンジ材料として残しておきます。

Img_5939

うどんを食べる場所は、昔ながらの住居がそのまま復元されていた。
居間の畳に正座でうどんをズルズル。台所はかまど、縁側は広々。
食べに来たのか涼みに来たのかわからない人もいました。

江戸時代は「小川村」と呼ばれた小平市小川町周辺。
ここに残されていたのは、小川村が開拓されたばかりの
17世紀(1600年代!?)という、江戸も初期のころの建物。

木造平屋建て、茅葺屋根、壁も茅壁。

復元された建物とはいえ・・・歴史を感じますね。

『小平ふるさと村』
住所:小平市天神町2-57
電話:0423-45-8155

その後、評論家と私共々に思い出ある江古田へ行ってみると、
駅南側の商店街で、うなぎを裁く人が・・・そうか、
今日は「うどんの日」じゃなくて「土用丑の日」だったっけ!

Img_5959

この日夜、群馬の実家に帰ると真っ先に
「うなぎが食べたい!」
と、両親に猛烈アピール。

食べてきてしまいました。

群馬県庁最上階にある和風レストラン。

Img_6017

最上階から見える、前橋の景色もまた綺麗。

Img_6000


日本の夏、日本の味。
おいしく楽しみました♪

Img_5946


↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

武蔵野うどん 小平「松根」

ある晴れた日本の一日。

西武池袋線のとある駅から青梅街道を西へ西へ。
立川通りに入りまたしばらく進んで左に入ると、
そこは・・・田園風景だった!?

Img_5880

その畑や花に囲まれるように佇んでいたのが、
今回の目的地、武蔵野うどんの「松根」である。

テーブル席が3つにカウンター席という喫茶店風の店内。
定番は、せいろに小松菜などを添えた「糧うどん」だが、
メニューを見ていると「うどん定食」に惹かれていく。

セットの「てんぷら」は店の庭で作った無農薬野菜
豆腐は佐賀産大豆「フクユタカ」。米は新潟産「コシヒカリ」。
これに自家製の梅干がテーブルに備え付けで、食べ放題。

とのこと。

主役のうどんについては、
味が良いと評判の埼玉産「農林61号」の小麦を使用。
何から何まで素材にこだわっているだけでなく、
素材に関する説明が細かいところも嬉しい

ここまで説得されると、断るのが下手な性分の私。
量が多いかな?と思ったけど、注文してしまった。

手打ちはゆで時間が長いそうなので、待っている間、
武蔵野うどん評論家の異名を取る一歩手前の同行人に特徴を聞いた。

「讃岐うどんはツルツルだが、武蔵野うどんは、ゴワゴワ

「ゴワゴワ?」

ワシワシ

「ワシワシ?」

・・・評論家というのは、難しいものを
よくわからない言葉で表現する生き物です。

Img_5873

意味不明な話を聴いているうちに、お待ちかねの定食登場。
つけ汁は温かく、中にはきのこと野菜が入っている。
他のお店ではここに豚肉が入っているそうだが、
よく見るとお盆の上はすべて野菜もの。肉・魚類は一切ない。

うどんはコシがあって、太さが一定していない手打ち感あり。
ゴワゴワでワシワシだったかのかどうか、
まあ表現はともかく、おいしくいただきました。

お店から広がる花畑や野菜畑が綺麗でした。
ここで採れる野菜が、天ぷらになって提供されているなんて、
ロハスなうどん屋としても一見の価値ありかも。

武蔵野うどん・そば『松根』
住所:東京都小平市小川町1丁目423
電話:042-345-2116
営業時間:朝11時から・・・午後2時半!?
定休日:木曜日
※武蔵野うどん屋は日曜定休の店が多いらしいので、
この辺で休日にうどん散策したい人にもお勧めです。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本にて-心に残った詩

心に残った詩が新聞に紹介されていた。
ブログ上だけど、良い詩だったので紹介したい。

「草抜き」

庭の草を抜いていると
頭の中に次々と
わき出てくる
ことがある

よく見ると
自分中心のことばかり

いっしょに
抜いてしまおう
と思うが
私という大地に
深く根ざしているのか
なかなか抜けない

産経新聞 7月16日朝刊 1面「朝の詩」より


・・・

日本に帰ってきて1週間

長年にわたってこれまで付き合ってきた周辺の人と、
想定外の衝突や理不尽、ジレンマ、もどかしい思いを
これまでにないほど感じた。

原因なんてわからない。
ただ、「なんで」「どうして」という思いが自分の中でぐるぐる渦巻く。

自分が相手に対して悶々と「どうして?」と感じる、
でもそれは、あくまで「自分が」の視点になってしまって、
その視点による悶々から、なかなか抜け出せない。

この詩を書いた方は70歳の方
70年、人生を送ってきたからこそにじみ出た詩、
詩という文字に、思いを的確に託せたことに拍手。

あと3日、日本を楽しもう。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

世界の夕焼け・夜景in○○

Img_5269

ハワイに沈む夕焼け

Img_5282

イスラームのモスクに沈む夕焼け

Img_5300

そして、日は暮れていき・・・

Img_5342

イタリアは運河の夜景へと。

Img_5336

ニューヨークのデリで温かいパンを。

Img_5501

そしてハワイの火山。

夜中はアラビアで・・

Img_5460

盆踊り!?

Img_5428_2

しかもネズミが!?

・・・

Img_5214

以上、東京ディズニーシーから世界の夜をお伝えしました。


↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

16年前のリベンジ-甲子園の夏、始まる!!in群馬

狙っているとしか思えない。。。

7月11日 偶然里帰りした群馬の実家にて。

これまた偶然、居間に上毛新聞が転がっていたので、
何気に手に取ると、トップ記事に「甲子園予選はじまる」

おお!知らなかった(チェックが鈍い)

そういえば昨年もこの頃偶然実家に帰っていて、
テレビつけたら母校の予選が中継されていて、
それから慌てて駆けつけたんだっけ(去年もチェックが鈍い)

http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2008/07/post_4a3b.html

でも、わが母校はこの春甲子園に出場している。
開幕直後、いきなり春の代表校が登場する
可能性は低いだろう。明日はないだろうな・・・

と思いながら、予選組み合わせ表を見てみると、

「12日9時~ 高崎商業VS前橋工業 高崎城南球場」

あるじゃん(焦)

開幕式翌日第一試合、しかも相手は前橋工業!

こちらも甲子園に9回出場している老舗の名門校。
なんで1回戦からいきなり強豪同士ぶつけるんだよ!
群馬高野連は何を考えているんだ!!

これは・・・ふふ、観にいくしかないでしょ!

Img_5200

と、いうわけで今年もきてしまいました。
自宅から車で15分。

高崎城南球場 午前10時 
すごい人です。

Img_4954

まだ1回戦というのに、会場は1塁・3塁ともに満席。
まだ1回戦というのに、応援団もびっしり。

これ・・・県大会の予選、しかも1回戦ですよね・・・
(厳密に言えば2回戦でした)

Img_5046

時既に5回裏 1-0で高崎商のリード。
そんな時、場内に入った私の目に飛び込んできたのは、
前橋工業のタイムリーヒット!!  1-1の同点に追いつかれた!!?

・・・私が来たらいきなり打たれるってどういうこと!!
あのときの悔しさが蘇る。トラウマか。

と、ここで説明すると、
前橋工業高校と高崎商業高校は、共に老舗の強豪。
歴史上、決勝戦で戦った数も知れずの因縁の仲なのです。

そして、私は高校3年生の最後の夏、
3回戦で敗れた場面に遭遇した対戦相手も、前橋工。

今度こそは、負けられない!!(勝手に興奮)
16年前のリベンジを託す!!(勝手に託されても。。By.後輩)
頑張れ、後輩達!! と、気合を入れて試合を見守りました。

Img_5079

Img_5020

定番のそろばんダンス、「ハリス」
チャンスには必ず登場する応援歌が今回毎回登場。
でも、チャンスを点に繋げられずに、6、7、8、と回を重ねます。

Img_5177

吹奏楽部の応援も、綺麗なユニフォーム。
そういえば、ユニフォームもおしゃれになりました。

Img_5069

そしてなんと!チアガール!いつの間に!!
かなり気合が入っています。かわいい。

OB会、保護者会の皆さんもおそろいのTシャツで応援。
100年を超える伝統校、この辺の組織も大きいです(プレッシャー?)

試合は、両者互角。
高崎商業は、春の選抜に出た時のエース1人で投げ続けますが、
球威が落ちません。危ない場面でも的確に、0点に押さえていきます。

でも、打線も続きません。
毎回2塁、3塁と進塁しているのですが、得点につながりません。

そんなこんなで、延長戦10回表
前橋工業がツーアウトで、ついに3塁まで進塁!大ピンチ!!

守ってくれよ・・・

カキーン!! あっ!!

・・・大丈夫、浅いフライだ! アウト!

やったーー!! 応援団の興奮も絶頂に!!
これはいい、これで流れは一気に高商だ!!

そして10回裏。 ヒット、送りバント、ヒットで、ワンアウト 1、3塁。

バッターは4番、小山。

打った!! 深い、外野へ飛んでいく!! フライか、フライか、

でもこれは・・・犠牲フライだ!!

ゲームセット! 2-1、サヨナラ!!

Img_5192

か、勝った!! 
嵐のように湧き上がる応援団以上に感動がこみ上げる私。

久々の校歌を聴いて、現役の学生たちと一緒に盛り上がり、
胸中では、16年前の悔しさをリベンジしたのでした。

最後にスポーツマンとして、「いいな」と思ったのは、
終わった後に互いをエールしあい、喜びをかみしめたあとは
即座に次の試合チームに明け渡すため、片づけを始めるスタンドの
部員たち、応援団、チアガール、吹奏楽部の皆さん。

当然かもしれないけど、こういう姿勢を高校から身につけて、
立派な社会人になってください。

何はともあれ、初戦突破、おめでとう!!
私も久々に甲子園の夢を見ました。

7月28日追記:
その後、高崎商業は3回戦で桐生南高校に、今度はサヨナラ負け。
翌日の上毛新聞は、トップ記事に特大写真で「桐生南、金星」・・・(泣
そして優勝は、久しぶりの東京農業大学二高に決まったのでした。

その後、月日は流れて2012年…
長い長い念願かなって母校は優勝!22年ぶりに甲子園出場を果たしました!!
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2012/07/22112012-707f.html

人生、終わるまで楽しめる母校に入って、感謝しています。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北海道上富良野町で発見!?-我が家の家系図

今日は、まったくもって個人的な、自己満足のエントリーです。
でも、他の“迷える”家系の方々にとっても参考になるかもしれません。

・・・

我が家には、家系図がありませんでした。

父も伯父も、若くして亡くなった彼らの祖父(私の曽祖父)が、
どこで何をしていたのかを知らずに育ったから、です。

そんなある日―

私の元に、姉から1通のメールで、
「なんか、うちの父親が“Httpなんとかっていうページを探してほしい”
って、なんか興奮しているんだけどわかる?」とSOSが届きました。
※父はこの時、インターネットを触ったことがありませんでした。

で、話を聞いていくと、驚くことに―

伯父が、ネットサーフィンで自分の家系にまつわりそうなキーワードを
色々調べている時に、曽祖父の存命中の詳細を、
なんと上富良野町役場のサイトで見つけたというのです!

そのサイトには、自分の父(私の祖父)の名前が記載されており、
父達の祖父、私の曽祖父にあたる人物のことが詳細に描かれていました。

そんな訳で、私が一時帰国中の7月、
伯父が体調を崩し入院→自宅療養中というのでお見舞いに訪ね、
「我が家の家系図」をテーマにワイワイと盛り上がりました。

話が進んで行った時、伯父はおもむろに、

ドバドバーーーーッ!!
と、大量の資料を広げ始めました。資料、というより史料でした。

Img_49092

サイトの文面を読み進めるうちに、
とことん調べたくなってきたらしい、部類の調べ物好きの伯父。

なんでも、このサイトを見つけたあとで、
曾祖父の長男の息子さん一家
(つまり、父たちの従兄の子供の家族?)を「はじめまして」状態で訪ね

資料をいただいてきたらしいのです。旭川まで飛んで行ったようで・・・すごい。

そんな、父・伯父一家で騒然となったサイトが、こちら。
北海道上富良野町のホームページ:「富良野村時代の村医の足跡」
http://www.town.kamifurano.hokkaido.jp/hp/saguru/1613nakamura.htm

以下、サイトから内容をかいつまんで紹介。

明治維新以降、新たな土地に夢を求めて海を越えた移民が、
村や町を次々と興し始めた北海道開拓時代。

自治体として機能を果たし、人口が増える中で、
「村民を診てくれる村のお医者さん」が求められた。

そこに白羽の矢が立ったのは、遠くは石川県能登の當目村、
金沢大学医学部を卒業し、名頭(地主)の息子でありながら
地元で開業医を開いていた曽祖父・政一氏だった。

開業医を務めながら地主、村長娘の婿、などの肩書きを持つことに
苦悩を感じた政一氏は、新天地を求めて医院を閉じ海を渡った。

北海道に到着後、月形村、滝川村で医者を務め、
明治38年(1905年)、富良野村へ入り初の医院を開業した。
これが、上富良野町(当時・富良野村)の郷土史に、
政一氏の記録が残された所以となったのである。

北海道新聞1998年7月10日の記事にも、
「富良野医療史に新事実」として、大きく掲載されていた。

Img_4942
(右が、その北海道新聞で曾祖父のことが書かれたスクープ(?))
左は、私の祖父が樺太で届け出た婚姻届。)

家系図すらなかった我が家の先祖が、
まさかまさか、こうした役場の郷土資料の中に残されて、
実名で新聞にも載っていたとは、本当に驚きの新事実!

しかし、ここに「戦争」の陰が忍んで来る。

政一の四男で私の祖父・秀雄は跡を継ぐわけでもないため、
戦争ムードが広がる昭和のはじめ、樺太へ渡って仕事を始める。
そこで結婚、父の姉(つまり私の伯母)が樺太で産まれました。

伯父(S12生まれ)と父(S20生まれ)は札幌生まれなので、
おそらく戦争が終わる前に、祖父は引き揚げてきたということになります。
が、樺太にわたっていた間に、情報過疎になってしまったのか、

サイト上では、私の祖父の記載は、
「札幌北辰病院勤務」で終わっているのです。

曾祖父の話が、父や伯父のところまで届いていなかったということは、
翻せば、このサイトにも、祖父の情報が載せられなかったというですね。

・・・

「家系図」で、自分の立ち位置を考える。

自分の家のルーツ、家系がどんな風に生きてきたのかを知ると、
今の自分が社会の中でどんな位置に立つのがふさわしく、
今後どういう風に社会に貢献できるのかを考える、いいきっかけになりました。

そして、それを辿るのが、
今ではインターネットで可能になったのですね。

父も伯父も、曾祖父について知っていたことは、
子供の頃、交流のあった叔父さんや叔母さんから聞いた
「おじいさんはお医者さんだった」ということだけだそうです。

伯父はその情報だけで、ネットで曾祖父の詳細を見事に発見したのです。

しかしこのサイトの中に書かれている、
曾祖父の子供たち(要するに私の祖父・大伯父のこと)の就職先は、
郵便局に病院にと、かなりのインテリ。さすが医者の子供。

そんな血を引いている私は…

ま、まったく関係ない仕事をしているのだけど、
いつか、初めて村で開業医となった曾祖父のように、
今までにないことを始めるかもしれない、です(期待)。

そういえば、わが父。
先日、母校の甲子園の県予選を一緒に観にいった帰り道に、
こんなことを話していました。

「高校の時、本当は野球部に入ろうと思ったんだけど、
先生から「卓球部を作ってくれ」って言われてさあ。
あれがなければ野球部に入っていたんだよなあ・・・」。

父、卓球はめちゃめちゃ上手です。
かつ、会社に入ってから、そこの野球チームにも入り、
念願の野球もやっていました。

その後、結局自分で事業を立ち上げ、
65歳の今も(2009年現在)順調に仕事をしています。

やはり、新しいことを始める血は争えないようです。
私こそ、60歳以上でも仕事をしなければならない時代に突入するのだから、
今から人生設計をちゃんとかんがえなければ!

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ


上富良野、といえばラベンダーよラベンダー
http://www.kamifurano.jp/
2006年7月撮影の力作!!

我が家のルーツを探る、という名目で行ってみますか北海道!

100_1090

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北京でパスポート更新Ⅱ!2冊もって日本へ帰国

http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/07/post-2e3f.html

6月30日にパスポートを更新した私。
パスポートを中国で更新、ビザは日本で更新、
することになったため、無事出国できるか・・・ハラハラしていました。

こんな経験、10年後にはしないと思うので(したくないし)、
今後同じことを経験される方への参考として備忘録。

出国の日

Img_4795

ロゲ会長に見送られて、

Img_4802

パスポート2つ、航空券チケットを携えて、空港の出国審査へ。
どきどき・・

検査のお兄さんは何も聞いてこない。
2つのパスポートの顔写真を見比べて、丹念にスタンプをチェックしている。

ふと、顔を上げた。

お、終わりかな・・? と、思った瞬間。

「に、会中文?(中国語できますか?)」
「あ、会、会(できます)」

「るーじん、ちー」
「・・・は?」

お兄さん、「入鏡(入国)」のスタンプを指差している。

「入鏡へ行くの!?今から!?」→入鏡去(るーじん、ちー:Ru Jing Qu)
なんで今から入国審査の処に行かなきゃいけないんだよう・・・焦る。

ちょっとむっとして、
「入鏡って、何階?どう行けばいいんですか?」

と尋ねると、審査員のお兄さん、
「違う違う、いつ、入鏡?」

はっ!!

いつ入国したの?って・・・スタンプ見てたんじゃないんかい!!?
「あ、4月15日」 スタンプあるでしょ、というジェスチャーで指をさす。

「あ、OK、OK」

どうやら、問題なく出国できたようです。

Img_60532

「るーじん、ちー」ではなく、
「るーじん、りーちー(入鏡日期:Ru Jing Ri Qi)」
と聞いていたのですね。
やっぱり「R」の発音は日本人の耳にピンときません。
せめて「しぇんましほうらいちょんごおま?(什マ時候来中国マ?)」と聞いてくれれば・・・

というより、スタンプがついている日付を尋ねてくるとは思ってもいなかったので、
その質問自体が想定できなくて、聞き取れなかったという感もあり。

今後の備忘録:
1.空港では、空港用語で質問してくる。
2.パスポート更新時には、おそらく最後に来た日のことを聞いてくる。
(本人のパスポートかどうかを確認する意味で尋ねているのだろう)

ビザについては、何も聞かれませんでした。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

余談:
日本の入国管理で対応したおばちゃん、
人の顔も見ずに横の人とおしゃべり。
最後にはこれまた顔も見ずに「はい、どうぞ」で終わり。

ちょっとこれは・・と、「中国より態度悪いっすよ」
なんて捨て台詞を残して去ったけど、聴いたかな?

「笑顔禁止」「官僚的に」という規則でもあるの?
というくらい、どうしちゃったの、と思わざるを得ない
最近の日本の窓口対応。

アジアのレベルが向上してきただけに、尚更。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

北京でお土産を買う時のお勧めの場所「南鑼鼓巷」

もうすぐ日本へ帰国します。1週間くらいですが。

日本へ帰る時、結構好きなのが「お土産選び」
今日は、そんなお土産を求めに「南鑼鼓巷」を散歩。

Img_4756

近場の「鑼鼓巷」バス停を下りると、
広い通りに面した胡同が拆(チャイ)されていたので驚きました。
※拆(チャイ)する・・・「取り壊す」の和製中国語?

Img_4775

そして、メインストリートの入口に入るとここもチャイ・・
「遷甩(用の文字に似ている)」(チャイバーゲンセール)の紙が貼ってあったのですが、
残念ながら、普通のブティックなので購入したいものはなし。

そんな風に、日々変化が激しい南鑼鼓巷は、
気がつくと雑貨など小さいお店が並ぶストリートに変わりました。

で、お土産選びに悩む私に、
いろんなアイディアを出してくれるのです。

お土産選びで最近よく悩んでいるのは、根本的なこと。

「日本の皆さん、中国のお土産どう思ってる?」

3年以上、いろいろ買ってきたものの、実は「これ!」といった
感想をいただいたことがありません。皆、反応は鈍いです。
喜ばれているのか、嫌がられているのか、わからないのです。

そこで、いつも土産を買うときは、
自分がもらう立場に立ったら・・・と想像しています。

・食べ物系は、中国チックなものは冒険しない。
・中国デザインの雑貨系は、使われない。
・絵、民芸品、伝統工芸品は置き場に困る。

センスが違うんですよね・・・これは否めない。
なので、民芸品ばかり売っている場所もパスだし、
食べ物屋しかない場所もいかないで、ここを選んでいます。

お土産を買わない時も、南鑼鼓巷を訪れる時は、
日本人のセンスで選んだセレクト雑貨「ARUYO」へ足を運んでいます。

でもって、今回狙っていたものは・・・これ!!

Img_4778

「なんじゃこりゃ」パンダ!!

大型で、68元でした。

ここだけの話、空港で同じものが売っていましたが、
168元でした・・・100元もお得です。

Img_4760

カフェ「Alba」の隣にできた、いかにも中国
10元均一お土産店でも、いくつか買ってきました。

全部10元でした。チャイナドレスデザインのバックと、巾着。
中国チックなスリッパ、扇子・・・お土産のセンスはいかに!?

・・・すみません。

1つだけ、今回は奮発しようと思っていたものがありました。

Img_47741

Img_47721

ちょうど定年を迎えた母に、「お疲れ様でした」祝いを送ろうと、
南鑼鼓巷のストリートに増えている「北京シルク」のお店へ。
チャイナドレスなどもそうですが、北京もシルクが多いです。

でも、チャイナドレスは着ないだろう・・・却下。

ちょうど暑い日だったので、
目に留まったのは白い服に似合いそうな青いスカーフ!!
青と緑で彩られたストライプのスカーフを購入しました。180元。

やっぱり素材はいい。肌触りは抜群です。

でも、買ってから気づいたのですが・・・

夏にスカーフなんて、巻くっけ?(汗)

黒い服にも合う色だと思うので、冬にでも巻いてください。
でも、冬にあの青色が似合うかは・・・

・・・すみません。

お土産選びは、本当に悩みますね。

結論
「安かろう、でも、高かろう、でも、用途に応じて買えばよし」 強引。

そんな品物が、ひとまず揃っているのが、南鑼鼓巷なのです。

買ったお土産たちが、もらわれる人たちに喜ばれることを、
今度こそ期待しています・・・

・・・

最後に、最近南鑼鼓巷で増えてきたお店の種類を挙げると、こんな感じ。
これは、「お土産」というよりも散歩に来る人がポッと寄りそうなものばかりです。

1.Tシャツ屋
  「8」の影響でしょうか、ライバル店が増えています。
  今度はこの店の中国天気図Tシャツがほしいな。

Img_4769

2.ミルクプリン屋
  口コミで人気を博している「文宇ナイロウ店」の影響か、
  これまた似たようなお店が後から続いてきています。
  最近は、その右となりにある香港系のミルクプリン屋も評判です。

Img_4763

3.カフェ
  「過客」が一号店を出してから、結構長いお店が多いです。
  しかも、大きな窓から見ると結構おしゃれで、いかにも欧米人対象。

4.雑貨屋
  中国素材を生かした雑貨のお店が増えましたね。
  おしゃれだけど、部屋のインテリア系が多いので土産には向いてません・・

暇があったら、また行くでしょう。

行くたびに風景が変わるので・・・。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北京でお寿司!!「江戸前寿司」2号店

北京で暮らしている日本人として、
「本場モン」のお寿司が食べたくなってくるものです。

Img_4660

以前から北京在住日本人におなじみの江戸前寿司
好運街に2号店が出来たという話を聞いて、福建の友人と行ってきました。

Img_4668

店内に入ると、日本と同じお寿司のカウンター。
7人の職人さんが握ってくれますが、全員中国人板前さんです。
※名前は「三平さん」「翔太さん」と日本名。源氏名?

ネタが大きくて新鮮でプルプル。
そして私が待ち望んでいたのは・・・この酢飯!
このしょうゆ!これだよ、この味だよ!ガリ食べ放題も感激!

なのに、値段も寿司にしてはリーズナブルでした。

Img_4697

さば(昆布のせ) 12元

Img_4721

蒸し海老 12元 甘海老 18元

Img_4733

いくら軍艦(いくら大盛) 18元
い、いくらが、こ、こぼれてる~

Img_4736

親子軍艦(いくら大盛) 30元
鮭4枚をのりのかわりに包んだいくら軍艦です。。すごすぎる!

そして・・・

Img_4729

湯のみ 50元
あ、いや、ただの湯のみではないんです。
その秘密は・・是非、マスターに聞いてください。

Img_4681

そんなマスターの笑顔は、プライスレスですから~。

おいしくいただきました。

お店紹介:江戸前寿司 2号店
住所: 朝陽区好運街C区9単元
電話: 010-5867-0293

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

帰国を前に、ご報告♪in北京ブログ

今、このブログの管理画面を見たら・・・

累計アクセス数: 100039

アクセス数が、10万を越えていました!!

ちなみに、このエントリーをもって、

エントリー数: 1058

と、なります。

1エントリーにつき、平均100人が見てくれているようです。

とはいえ、アクセス数が増えたのは本当につい最近のこと。
最近は、100より多くの人に見ていただいています。

P1230600
13時30分~17時までの空白が・・・

6月30日、ココログでシステムダウンがあった日前後は、
空白の3時間が恨めしいほど、アクセス数が伸びました。
あの日のエントリーは、北京仲間に衝撃的だったようです。
だからシステムが落ちた・・・てのは関係ありません。きっと。

また先日も、あるカフェにいったら
「Emmyさんのブログを見た、って人が来店されました」
と言われました。

でも、それは私の知らない人だったそうです・・・

こういう風に、北京の街角を、
日中どちらに住んでいる人にも見ていただけるのは嬉しいこと。

これからも、日本へ帰るまで続けると思います。

ひとまず明後日以降は、更新できないかもしれませんが・・・

よろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

帰国を前に、すごく困っていることin北京

「メールが届いていない」

という事態が発生しています。
6月下旬ごろからやりとりしたメールの中で何人か、
返事が全然来ないので、再送してみたところ判明しました。

おそらく、北京のネット回線で日本のwebページから
メールを送っている私のせいでしょうが・・・

日常以上に、今、困っています。

9日から日本へ帰国するため、
いつもより多く日本の友人にメールを送っているのですが、
これでは全然海の向こうの友人たちとやりとりできません。

Skypeで対応できる人は対応していますが、
それ以外の人とのやりとりは基本的にメール使用です。

そして、送ったメールに対して、結構反応が来ないので・・・
のんびり返事を待っている暇はありません。
そこで現在、一定期間返事のない方には、
迷惑を承知で、メールを「再送」させていただいています。

すみません、届いたら返事をください・・・とつけて。

というわけで、
「送られているんじゃないかな・・・」
と思われる方、メールをください(^^;

無事、届いているのに返事のない方、
「メール、ひとまずいただきました」
の一言を、お願いします。

既に返事をいただいた方、ありがとうございました。

では、日本で会いましょう。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北京で「カラオケ」を純粋に楽しめる「銭櫃(PartyWorld)」

北京でお世話になっていたMさんが帰任されることになりました。
・・・という話をはじめて聞いたその場で、

「今からカラオケに行きましょう!」

これはお早い展開で・・・・

もちろん、カラオケ大好き美女3人(?)お供して、唄いまくりました。

選ばれたカラオケボックスが、ここ。
北京で、カラオケを存分に楽しむ場所としてお勧めでした。

P1230626

「銭櫃(PartyWorld)」
実は北京には、カラオケボックスがたくさんあるのですが、
ここは綺麗で広くて、部屋もたくさん。
パーティーに使うもよし、4人ほどの少人数で歌うもよし、です。

日本のカラオケボックスとここがちょっと違っていたのは、
1.食べ放題のバイキングがついてくる(なので夕飯いらない)
2.歌を選ぶときは、冊子をぱらぱらめくるのではなく、
  入力画面でボタンを押しながら探して、選曲する。

の、2点。

P1230628

やっぱり冊子をぱらぱらめくる方が、選びやすいです・・・

でもさすが北京。中国語(標準語、広東語)はもちろん、
日本語、韓国語、英語、いろんな曲が揃っています。

もちろん、日本のカラオケに比べて日本語の曲が少ないのは
否めませんが、それでも満足に楽しむほどの量は揃ってます。

http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/06/post-817d.html

集まったのは、ここで『乾杯』を唄った美女たちなので、
やはり今回も80年代オンパレード♪
特に今回のヒットはMさんも好きな「中島みゆき」でした。

4人で3時間唄って(!!?)・・・気がつくと午前様。

Mさん、お世話になりました。東京でもカラオケに行きましょう!!

お店紹介:銭櫃(QianGui) PartyWorld
住所:北京市朝陽区朝外大街22号 泛利大厦
    ※豊聯広場(フルリンク)の南側でした。
電話:010-65883333

タクシーの運転手には「朝陽門的銭櫃」と言ったら通じました。
大きいので有名なのかもしれませんね。

・・・

7月1日 

日本大使館のメールマガジンで、
「売買春行為に関する取締強化について」と題したお達しが来ました。

上記の発表によりますと、売買春行為の温床になっている場所、
(1)カラオケ、ディスコやナイトクラブなどの娯楽施設、
(2)理髪室、美容室、エステサロン、浴場やマッサージ店、
(3)旅館、ホテルやマンション等の公共宿泊施設

について、監督取締を強化するとしております。

また、今般、これらの行為をより厳しく取り締まる理由として、
新中国成立60周年に向けて良好な社会環境をとしています。
統計によれば、昨今中国全土の公安機関等によって摘発された
売買春行為の案件は、年平均14万件以上、25万人以上との
ことですが、最近は特に組織的、強制的な行為が増加しており、
事件が悪質化しているとのことです。


で、先日開かれた「中国日本商会」の総会で、
エリートらしき駐在員さんの、しかも総経理さんたちが
大勢集まる中、この話はセミナーの題材にまでなったそうです。

・・・

「銭櫃」のように一般的なカラオケは、北京にたくさんあります。
唄って楽しむだけなら、十分楽しめる場所だと思います。

でも、お金を持っているであろう日本人の方々が好むのは、
日本語の話せるお姉ちゃんがいるような日式スナックのカラオケ。
「事件の温床」の対象にされていそうな場所です。

「女のお前に何がわかる!?」
「違うんだよなぁ、わかってないんだよ~」
「お姉ちゃんがいない処で歌ってもつまんないだろ」
「出張者が行きたがるから仕方ないんだよ」

と、反感を抱くかもしれませんが、ここは中国。
今年は特に中華人民共和国建国60周年とあって、
取締りが厳しくなっているようです。注意してください。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

中国全省制覇の旅!準備編!? まず「七言詩」を覚えよう

Map6_1

http://blogs.yahoo.co.jp/yorinotorimidori/61818818.html
みどりさんのブログで、地理好きにはたまらない面白い言葉を知った。
中国の子供達は、こうやって中国の省、自治区、
直轄市の名前を覚えてきたのですね。

两广两湖两河山
五江云貴福吉安
四西二宁青甘陝
還有内台北上天

周恩来が詠んだものだそうなので、ちょっと今と違う部分もあるけど、
4行が「7、7、7、7」で、全部最後は「n」で韻を踏んでいる。
リズムがよくてすぐ覚えられそうです。
http://baike.baidu.com/view/593050.htm

两湖两广两河山→湖南、湖北,广東、广西,河南、河北,山東、山西
五江→江西、江蘇、浙江、黑龍江、新疆
云貴福吉安→云南、貴州、福建、吉林、安徽
四西→四川、西藏
二宁→宁夏、遼宁
青甘陝→青海、甘肅、陝西
還有内台北上天→内蒙古、台湾、北京、上海、天津

この詩には、当時四川省の一部だった重慶と、南の島、海南省が入っていません。
(でも、台湾が入っているあたりさすがというか・・・)
この2省を付け加えると、
内重台海北上天→内蒙古、重慶、台湾、海南、北京、上海、天津

ついでに、2000年以降になると香港・澳門も入ってきたので、
「香澳内重台海北上天」

9文字ですか!!字余りだから…整理して、 
「香澳内海北上天」で7文字…てのは大丈夫かな…
※重慶は、元々四川省の一部だったし、もう一つは中国じゃな…とと。

というわけで、私がこの中でまだ行ったことのない省、自治区を挙げると、

「广西、云南、青海、西藏、海南、新疆、甘肅」

7つ!! 

厳密に言えば、甘粛省は行ったことこそあるのですが、
どこにも寄らずに通過してしまったので、
敦煌か莫高窟かせめて蘭州くらい行かないと、カウントできずにいます。

というわけで・・

「广云西青海新甘」

目指して頑張ります。

追加:2010年4月時点で「西蔵」のみとなりました!
ここは、いつ行けることやら…

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジャーナリストの倉重奈苗さん、長江商学院で講演会

6月29日。

P1230574

王府井の東方広場にあるビジネススクール「長江商学院」にて、
1年間の語学留学を終えて帰国を間近にひかえた
朝日新聞の記者・倉重奈苗さんをお招きした講演会と、
参加された聴講者とのランチミーティングが
開催されました。

ただ、講演を聴くだけでなく、
食事をしながらのミーティングも行う・・・?

いったいこの時間は、どういう風に流れるのだろう。
新聞記者、しかも政治部という一線で活躍された方が、
「中国」という所へ飛び込まれてきただけでも面白い話が
出てきそう・・そして、私はどんな話ができるのだろう・・・

いろんな好奇心が湧いてきました。

会場には、私と同じくメディア界で働く日本人・中国人、
日本人留学生、研究職の方など30名ほどの人が集まりました。

講演が始まる前に珈琲を飲んでいると、横にいらしたのが
まさに倉重さん!挨拶をしたところから話が出てくる出てくる・・・
そして、講演でもそこで話題に上っていたことが登場しました。

その内容とは・・・
語学留学生として1年間を過ごした倉重さんが
この期間中に中国の辺境を色々と旅行された中、
ある都市で開発プロジェクトを目の当たりにし衝撃を受けられたエピソードでした。

「私はそこで見たものに対して、取材をしたわけではないので何も言えない。
ただ、56もの民族がいる中国が、どのように安定させて国を運営していくか、
というところで難しい課題を抱えている。」と、言及し講演は終了。

その後、みんなで日本料理店に場所を移してランチを食べながら、
倉重さんの講演内容をベースに、参加者とミーティング。

余談ですが・・・久しぶりにおいしい焼き鮭を食べました。

P1230576

参考に、と倉重さんが実際に撮影した辺境地域の写真を、
中国のあるメディア記者が見たところ、彼女の第一声は
「この風景、私の実家にも似ています」でした。

発展目覚しい、と言われている中国ですが、
高層ビルが並び、日本を越えんばかりの都会の景色が見られるのは、
北京や上海などごく一部の都市に限られた話で、
ちょっとバスや火車で西へ流れていくと、たちまち荒廃したビルが並び、
崩れているのか建っているのかわからない家屋が並んだ風景を目の当たりにします。

日本では想像できない問題がいろいろとある中国。
旅先や生活で目の当たりにし、視覚に訴えられたものを、
どのようにしたら、その情報を分析判断し、
日本や世界に伝えていくのか、自分も色々見てきた身ですが、
記者の方の口から客観的に聞くことで改めて感じたこともありました。

最後に、聴講者との話合いでは、
「見る側と伝える側」としての議論もかなり白熱しました。

まず、ここに参加された皆さんは、それなりにメディアというものに対して
リテラシーの高い人たちであり、自分達がメディアから得た情報を
どのように分析し、刻んでいくかを自覚している人たち。

核心を突いたやりとりが交わされる場面もあり、
伝える側としても受け止める側としても、勉強になる一日でした。

7月上旬に帰国される倉重さん。
中国で得たものを、日本の報道現場でも生かして、
また中国に・・・こんどは「特派員」として帰って来てくださいね。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

朝陽公園の屋外プールがオープン・・・してました!in北京

P1230500

北京市の中で1,2を争うほどの広さを持つ「朝陽公園」へまた来園。
※自宅から歩いて20分の場所にあるのです。

この園内に、屋外プールがありまして・・・6月1日にオープンしていました。

「泳ぎに行こう~」

北京でトライアスロンの練習を積むMさんに誘われて
行ったのは、6月末の土曜午後。

この週は、気温が高く40度はあったのではないかい?
という毎日で、屋外で泳ぐにはちょうどよいくらいでした。

土曜日も、じゃっかん天気は崩れ模様だったものの、
午後になると晴れ間が見えてカーッと暑くなってきました。
張り切って、入場!

朝陽公園で、まず入場料5元を払って中へ。
公園の左側に続く道をトコトコ歩くこと、5分で到着。

P1230497

ここの入場料は、更に入場料15元がかかります。
券売機もないので、お姉さん?にお金を払って入場。

気温34度、水温27度。

ちょうどいいかも♪ 25度では冷たいし、30度ではぬるい。
着替える場所は電気もなく、暗い・・・夜はどうするんだろう
(どうやら、夜10時まで空いているそうです)

泳いでいる間は、荷物を「保存包処」に無料で預けられます。
でも、心配な貴重品などがある場合は、5元で更に鍵つきの
ロッカーに入れてもらえます。

P1230499

手前は親子で遊ぶ広いプールがあって、奥に50メートルプール。
大会で使われているかわかりませんが、7コースは取れる広さです。

50メートルプールは久しぶりでしたが、
泳いでみると、あっさりと往復できるので、
25メートルプールで泳ぐときよりもすぐに距離を稼げます。
ターンする数は、少ないほど楽ですね。

25メートルプールでは1000メートル泳ぐ体力で、
2000メートルくらい泳ぐことができます。

土曜日の午後とあって人が多く、同じコースに数人が泳いで
いたのですが、スピードの差はあれ「追い越し」をしなければ
ならない機会は25メートルより少なかったです。
そもそも、50メートルプールで泳ぐ人は、泳力のある人が多かったし。

問題は、、、シャワーが水しか出なかったこと
結局シャワーを浴びずに着替えて帰り、家で即効浴びました。
自宅から歩いて20分程度の場所で良かったです。

親子連れ、日焼けしたい人、ガンガン泳ぎたい人、
どんな人にも対応できるプールで、夏を謳歌する人であふれていました。
これから暑い日が続くので、
日中に時間があったらまた泳ぎに行くことにします。

『朝陽公園屋外プール』
場所:朝陽公園内(南門すぐ。ボートのある池の北側)
営業時間:朝9時~夜10時(でも、お客さんがいないと早めに閉まるらしい)
料金:15元

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北京でパスポートを更新しました

P12305811

日本で更新するパスポートと何が違うかというと、
個人情報の記載されているページの下の「発行官庁」が、
日本では「外務省(Ministry of Foreign Affair)」だけど
中国では「中華人民共和国日本大使館」になります。

これ、日本では味わえない(当たり前)ので、結構面白いかも・・・
思わず、10年後にはどこで発行しようかな?
などと考えてしまいました。

もっと辺鄙な国だったらどうだろう。それこそ、
「大使館なんて、あるの?」
というような、中東とかアフリカとか南米とか・・

と話していたところ友人曰く、
「それだと、いかにも盗難に遭ったか、お金に困って売って、
紛失再発行扱いで作ったかのように見えるよ」

「・・・ごもっとも」

それは、いくら何でもその国に失礼な(汗)

・・・


6月22日 朝9時前

北京市三元橋にある南銀ビル。
ここの2階にある日本大使館領事部で、パスポート更新を行いました。

門番のお兄さんに、
「日本領事館は何階ですか?」→2度目なのに忘れている。
と聞くと、「Oh!Japan!Second,Second」

中国語で聞いているのだから、中国語でいいですよ。
→「領事館」の発音を間違えたのか、中国語がへたくそだったのか・・・

何はともあれ、2階へ。

9時5分前くらいに行くと、門の前で足止め。
ちょうど9時にならないと開かないようです。

そして9時になって開館。改めて呼び鈴を鳴らして用件を告げて、
そこでやっと入ることができます。手間隙かけて安全対策。ですか・・

日本では行列でも作っていそうですが、
ここに朝一番に来ると、誰もいません。当然この日最初のお客様です(?)

1.パスポート
2.写真(パスポートサイズ3.5×4.5)
3.戸籍謄本(事前に実家で用意してもらった)

を、携えて提出窓口へ。

受付のお姉さんに、
「では、この用紙にこの見本のように必要事項を書いてください」

と用紙と見本を渡されて、近くの台で記載。
見本を見ながらなので、完璧に埋められますな。
パスポートに記す署名は・・・また、10年前と同じでいいや。
本籍は、番地まで丁寧に書くのね。

・・・・なんてことを完璧に、私ができる訳、ありませんでした

「署名欄が抜けていますので、前のパスポートと同じ署名を書いてください。
本籍のところは、番地まで書いてください。あと、裏面も書いて下さい」

「はい・・・(あいよ~、やっちまった)」

訂正後、今度は裏面の証拠署名を書く欄で、
普段使っている漢字が「戸籍」と違っていてこれまた訂正・拇印捺印で、終了。

何はともあれ、手続き終了。

待つこと1週間。

6月30日 朝9時前

引き換え用紙と、お金を払って待つこと、15分。
新しいパスポートが出てきました!

受け取り証明書を書いて、1070元(10年用)の更新料を払って終了。
ICチップ入りで、ちょっと硬いパスポートになりました。

個人写真の背景色は薄い青だったはずなのですが、濃くなってました。
今度は白色をバックにしたほうがいいかも・・・(次回のために備忘録)


ちなみに、6月30日のレートは「1元=13.91円」

更新料の1070元は、14885.92円
日本で更新した場合の料金は16000円だから、
ちょっとだけ得をしたかもしれません。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中国人の観光個人ビザ解禁で、日本観光業大奮闘

7月1日から、中国人の日本観光における個人ビザが発給を開始します。
先日、北京で開催された観光博覧会でも
日本のパビリオンは他国以上に気合を入れ、
誘致を呼びかけていましたが、効果のほどはいかがでしょうか・・

さりげなく、ニュースを探してみると、北海道が総なめ!?
『非誠勿擾(フェイチェンウーラオ)』http://feichengwurao.sina.com.cn/
の話題が、一際目を引きました。

001e4fdb820d0aefa05701

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090629-OYT1T00727.htm?from=navlp
読売新聞によると、ロケ地だった阿寒湖温泉街の居酒屋には、
その時に使われた映画「非誠勿擾」の看板を残しているそうです。

「鉄道員(ぽっぽや)」の舞台になった富良野線「幾寅駅」とその周辺にも、
映画で使用された「幌舞」という看板やセットの居酒屋などが残されていますが、
これもなかなか風情がありました。

夏といえば、道東の広い地平線のような風景が綺麗なので、
映画の舞台に沿って、阿寒湖から屈斜路湖、オホーツク海へ抜ける
ルートをひた走る観光コースなどあれば、中国人のお客さんも絶賛でしょう。

そして、この映画で使われたロケ地・場所は、従来の観光地とは
全然違うところにあるので、個人観光がやっぱりお勧めかもしれません。

北海道・美幌音楽人さんのサイトに、
ロケで使われた場所の実際の名前がありました。
http://masaokato.jp/2008/12/24/210022
やっぱり、辺鄙なところにありそうです。

北海道は、自然の景色、おいしい食べ物、など観光資源ありまくり。
これに映画ヒット作のロケ地まで揃えば、
中国の人を十二分に楽しませることもできるでしょう。

北海道もかなり映画ロケ地誘致、それに伴う観光サービスなど、
やっぱり色々アイディアを出して頑張っているようですね。

北京市内の日本関連のフリーペーパーも、今月は観光特集を
組んでいるものがあり、気合が入っています。

個人的に、北京在住日本人としては、
経済効果ももちろんですが、人が行き交うことでお互いのイメージを上げ、
健全な交流を結べるようなきっかけづくりになると
嬉しいかぎりです。はい。

当日のニュース記事は、『サーチナ』にも掲載されています。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0722&f=national_0722_027.shtml
(動画はこちら:ただしYoutubeなので中国では見られません)
http://news.searchina.ne.jp/topic/youtube/topic.cgi?topic=y20090722000

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »