« なぜか北京で「80年代フォーク歌合戦」開催!!in新居 | Main | 北京でパスポートを更新しました »

中国人の観光個人ビザ解禁で、日本観光業大奮闘

7月1日から、中国人の日本観光における個人ビザが発給を開始します。
先日、北京で開催された観光博覧会でも
日本のパビリオンは他国以上に気合を入れ、
誘致を呼びかけていましたが、効果のほどはいかがでしょうか・・

さりげなく、ニュースを探してみると、北海道が総なめ!?
『非誠勿擾(フェイチェンウーラオ)』http://feichengwurao.sina.com.cn/
の話題が、一際目を引きました。

001e4fdb820d0aefa05701

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090629-OYT1T00727.htm?from=navlp
読売新聞によると、ロケ地だった阿寒湖温泉街の居酒屋には、
その時に使われた映画「非誠勿擾」の看板を残しているそうです。

「鉄道員(ぽっぽや)」の舞台になった富良野線「幾寅駅」とその周辺にも、
映画で使用された「幌舞」という看板やセットの居酒屋などが残されていますが、
これもなかなか風情がありました。

夏といえば、道東の広い地平線のような風景が綺麗なので、
映画の舞台に沿って、阿寒湖から屈斜路湖、オホーツク海へ抜ける
ルートをひた走る観光コースなどあれば、中国人のお客さんも絶賛でしょう。

そして、この映画で使われたロケ地・場所は、従来の観光地とは
全然違うところにあるので、個人観光がやっぱりお勧めかもしれません。

北海道・美幌音楽人さんのサイトに、
ロケで使われた場所の実際の名前がありました。
http://masaokato.jp/2008/12/24/210022
やっぱり、辺鄙なところにありそうです。

北海道は、自然の景色、おいしい食べ物、など観光資源ありまくり。
これに映画ヒット作のロケ地まで揃えば、
中国の人を十二分に楽しませることもできるでしょう。

北海道もかなり映画ロケ地誘致、それに伴う観光サービスなど、
やっぱり色々アイディアを出して頑張っているようですね。

北京市内の日本関連のフリーペーパーも、今月は観光特集を
組んでいるものがあり、気合が入っています。

個人的に、北京在住日本人としては、
経済効果ももちろんですが、人が行き交うことでお互いのイメージを上げ、
健全な交流を結べるようなきっかけづくりになると
嬉しいかぎりです。はい。

当日のニュース記事は、『サーチナ』にも掲載されています。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0722&f=national_0722_027.shtml
(動画はこちら:ただしYoutubeなので中国では見られません)
http://news.searchina.ne.jp/topic/youtube/topic.cgi?topic=y20090722000

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« なぜか北京で「80年代フォーク歌合戦」開催!!in新居 | Main | 北京でパスポートを更新しました »

日中関係ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/45504674

Listed below are links to weblogs that reference 中国人の観光個人ビザ解禁で、日本観光業大奮闘:

« なぜか北京で「80年代フォーク歌合戦」開催!!in新居 | Main | 北京でパスポートを更新しました »