« 北京の新聞『新京報』を久しぶりに読む&北海道新聞に・・・ | Main | 北京市の大学生など20万人が参加!? 国慶節の閲兵式(式典) »

明日は衆議院議員総選挙ですね・・・北京から一声一票

いよいよですね。

第45回衆議院議員総選挙。
遊説最終日も20時をまわりました。
候補者・スタッフの皆さん、最後までお疲れ様でした。

遊説、スタッフ、マスコミ、いろんな立場で選挙を経験したことのある私ですが、
今回は、海外在住者の「在外選挙人」という立場で参加しました。

http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/08/in-8544.html

北京に来て2回目の選挙、2回とも投票しています。
日本人である以上、常に何らかの事情で
日本に帰らざるを得ない状況になることもあるからです。

その時の日本が、自分にとってどんな形になっているのか、
常に関心をもって祖国を見ておく必要はあるわけです。

それに、「海外にいても選挙ができる」権利を放棄していたら、
いざ帰って「なんじゃ、こりゃ?」という
日本になっていたとしても、文句が言えないじゃないですか。

おまえ、選挙できたんだろ?
あの時、なんで投票しなかった癖に今更文句言うんだよ?

ってね。

私は日本でも仕事がしたいし、家庭も大事にしたい。
そのためにも、今でも「日本」に少しでも参加していたい。

文句を言うために、というわけではなく、
住みよい町を作るために「意見を出せる」機会があるなら、
普段からその機会を生かさない手はないと思います。

・・・

それと、「選挙」というものがない中国に暮らしていると、
「選挙」のありがたみを感じてきます。

共産党一党体制の中国では、党内部の力関係や
政治手腕が評価されて、上層部へと上り詰めていくのですが、
それが民衆のための政治手腕とは必ずしも言えない気がします。

中国の都市計画は、政府の一声で左右します
一例としては、突然政府からやってくる「チャイ(取り壊し)」のお達し
これが出た日には、反対意見を述べる術もなく、強制執行です。

こういう、市民の泣き寝入りが時々あります。
そこに、「人民の声や反対意見を拾う」という風潮も、
「民衆に問う」社会的風潮もない、そう感じるたびに、
民衆の声で政治が決まる日本って、有難いことだと実感します。

・・・

また、選挙が存在していても、結果が軍隊に覆されてしまう国や、
選挙を阻止するためのテロなどで安心して選挙ができない国もあります。

自宅から数百メートル以内のところへ出かけるだけで、
投票できてしまう日本は、なんと安全な国なんでしょう。

きちんと選挙が実行できている日本だから、
安全・安心な選挙が保障されているものと思います。

でも、ここでみんなが
選挙権を放棄して投票に行かなくなったら・・・どうなるでしょう。

仕事や旅行や、住民票と違う自治体に住んでいる人以外は、
「玄関開けたら2分で投票」(できるかな?)の選挙に行ってみましょう。

何はともあれ、選挙もいよいよ明日。
これまで12日間、毎日12時間、全力で走り続けてきた
候補者の皆さん、スタッフの皆さん、明日の検討をお祈りします。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 北京の新聞『新京報』を久しぶりに読む&北海道新聞に・・・ | Main | 北京市の大学生など20万人が参加!? 国慶節の閲兵式(式典) »

日本関連ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/46062140

Listed below are links to weblogs that reference 明日は衆議院議員総選挙ですね・・・北京から一声一票:

« 北京の新聞『新京報』を久しぶりに読む&北海道新聞に・・・ | Main | 北京市の大学生など20万人が参加!? 国慶節の閲兵式(式典) »