« 北海道新聞に載った南京「反戦の誓い」from南京!北京! | Main | 3度目の「大連」from北京 »

2度目の「南京」from北京

Img_7140

南京駅の朝焼け。こんな時間に南京上陸です。

もうかなり前の話のような気がするけど、
8月15日の終戦(敗戦)記念日に南京大虐殺記念館で開かれた
漫画家さんによる「私の八月十五日展」
を取材するため、
12日の夜から火車に乗って南京へ行ってきました。

南京は、2007年1月に訪れて以来、2度目の訪問だけど、
古代の歴史、日中の歴史において奥深いものがあるだけでなく、
街中の雰囲気は北京より都会の雰囲気を感じる町。

よって、見所は十二分にあるので、日本の団体さんより
一足先に南京入りして、市内雑感撮影がてら、初めて見る
観光地ばかりを廻ってきました。
前回も今回行ったところなんて、南京駅と長江大橋くらい。

そんな南京駅前

Img_7833

南京駅前公園の玄武湖では、朝から噴水がショーをやっていました。
音楽にあわせて、噴水たちが色んな形をしながら飛び跳ねています。

Img_7159

通勤ラッシュの、長江大橋
前回は橋の下までタクシーで行って、エレベーターで上に登ったけど、
今回は南京駅から市内バスに乗って、橋の上の停留所で下車。
これなら、入場料が要らないのですね・・・

Img_7156

Img_7166

ちょっと公害?水の色が2色・・・

南京の街で「いい景色」が見られる場所を求めて玄武湖めぐり。

Img_7183

明の時代に首都だった南京は、玄武湖を囲むように城壁を
作っていました。明代台城の上。今はこんな眺め。

Img_7195

夏草や・・・城壁の上も夏草や。

南京には、世界遺産もあります。
街中からバスに乗って「中山門」で乗り換え着いたところは・・・「明孝陵」

Img_7236

明の時代に首都だった南京。
当時の皇帝・朱元樟を埋葬したお墓だそうです。広いですね。
2003年に世界遺産登録されました。

Img_7249

北京の「明の十三陵」を思わせる守りの動物達がお出迎え。
※注:私は、十三陵には行ったことがありません。

でも、この動物達には、定番の獅子・狛犬に加え、
ラクダやゾウもいます。ラクダは新疆ウイグル、ゾウは雲南省の象徴。
要するに、新疆も雲南も中国なんだよーん、という意味?

奥が深い・・・

Img_7228

世界遺産に落書きなんかして!?
と、思いきや、世界遺産登録を支持する人たちのサインだとか。

やはり奥が深い・・・

Img_7792

お隣の「中山陵」。 孫中山さんが埋葬されているお墓だそうです。
200段以上ある階段。上に登っても墓しかないと聞いたので、ここまで。

Img_7214

ふもとにあったのは「中山門」。 中山陵の入口的存在で、
孫中山さんが亡くなった時、ここからお墓へ運ばれたと言われる門。

日中戦争の時、日本軍もここから南京市内に進撃してきたそうです。

Img_7375

そして・・・「南京大虐殺記念館」

Img_7417

前回訪れた2007年1月は、改装中で閉館していたのですが・・
南京に着いてから閉館していると聞いてショックでした(中国はそういうものです)。
今回は、リニューアル後の広い記念館を見ることができました。

終戦を中国で迎えた漫画家達と一緒に過ごした、64年後の8月15日。

心に刻まれた、2度目の南京でした。

bell 海外生活ブログ村 「北京情報」部門1位獲得crown
↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

|

« 北海道新聞に載った南京「反戦の誓い」from南京!北京! | Main | 3度目の「大連」from北京 »

中国国内旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/46145883

Listed below are links to weblogs that reference 2度目の「南京」from北京:

« 北海道新聞に載った南京「反戦の誓い」from南京!北京! | Main | 3度目の「大連」from北京 »