« 中国でも続々報道!衆議院総選挙と民主党への期待 | Main | 国慶節を前に「国慶見!」地下鉄4号線がいよいよ・・・!? »

中国人民元両替スッタモンダ―7000元は大台か?

最近、色んなところで「抜けて」いる。

本来だったら気にする必要のない、
余計なことで色々考え事をしているせいだろう。

9月2日の朝は「あるもの」を持っていくことに頭が一杯で
自宅を出た後で携帯電話を忘れたことに気づき、
慌てて取りに帰ったため往復で10分のロス。

本当ならば忘れるはずのない凡ミス。
この10分が、大きなことにつながることも知らず。

その「あるもの」が、今日のスッタモンダである。

・・・

最近の、余計な考え事の一つが「両替」。

「なんで中国で働いているのに日本円を両替する必要がある?」
という突っ込みもありそうだが、その話は時が来たら。

で折角ならばと、レートを常にチェックして、より多く元を稼げる(?)
タイミングを見計らう「プチプチデイトレーダー」なぞやっているから、
細かいのが苦手な私の頭は、にわかに飽和状態だったりする。

これすべて「余計な考え事」になるのだろうが、
生活のためなら仕方ない。余計ではないと信じたい。

というわけで、話は戻って前日の9月1日

最近日増しに延びていく円高元安の影響で、
先週から、「1円=0.07元」、10万円で7000元超えの大台を突破した。

私が常にチェックしているのは、為替情報局のサイト。
http://searchina.ne.jp/exchange/

ここで、私は逆に、「1元=14円」を割り込むかどうかを見る。
この方が、判断基準を掴みやすいからだ。

1元が14円を割り込んでから、常にチェックをしてきた。
13.9円、13.7円、13.67円、13.60円、そして・・・

13.57円 これは、100000円に対して7360元

最高値!!

とはいえ、これはあくまで「標準値」であって、
元を「買う」となると、0.4円くらいは加算して計算する。

0.4円プラスしても14円を割り込んでいる時、
つまり、10万円で元と両替しても7000元はもらえる時に、
銀行へ行って両替をしようと決めていたので、今が、正にその時!

1日の朝、この時を狙ってタンスに眠らせていたお金を引っ張ってきた。
時は来た!いざ出陣!!

という訳で、近所の中国銀行へ。
中国銀行には、便利なことに備え付けてある「信息査詢」機
先にレートを買値と売値で確認することができる

見てみると・・・買値で「1元=0.07088」 10万円で7088元

買値でも、7000元を突破している

喜び勇んで、順番を待つ番号札の紙を取り、椅子にかける。

ワクワクしながら、バックの中に入れてきた現金の封筒を予め再確認。

したら・・・

持ってきた封筒は、「円」ではなく「元」が入った封筒だった!!

しまったーーー!!
今、我が家にある元が少なすぎて、封筒の厚さが同じだったから、
間違って取り出したことにも気づかなかった!!

そういえば今朝、携帯電話の充電のことばかり気にかけていたから、
封筒についてはあまり注意しなかったんだ。

580元で買った安物携帯電話。
2日に1回は充電しないといけないなんて、ありえない!

ああ・・・こういう抜けている最近の自分が痛い
こんな簡単なミスによるタイムロスでも、運命を大きく左右するもので、
案の定、諦めて会社に戻り、為替情報局のサイトでまた確認すると、
13.57円は再び13.67円までリバウンドしていた

それほど、今は変動が激しい。
「ここ!」というタイミングで常に実行できるようにしないといけないのに。

こういう「抜けている」ことが本当に最近、まったくもって多すぎるけど、
今日ほど痛恨した日はない、ってくらいに悔やんだ。

でも、希望を棄ててはいけない!
明日はもっと良くなっている可能性だってある。

神様も、「いや、今日両替するのではなく、1日待てや!」
と言ってくださったのかもしれないし、果報は寝て待ってみよう。

日本の取引が終了した9月1日午後5時時点で、13.65円だった。

その夜は更にレートとにらめっこ。
夜の間は、「Yahoo!Finance」でNYの変動をチェックする。
http://finance.yahoo.com/currency-converter#from=JPY;to=CNY;amt=1

と、、、夜中の時点で13.57円、再び7360元台に

ん!? これはいい傾向だ。

明日は、中国もまた戻しているかもしれない。

希望を繋いで、早寝した

・・・

9月2日の朝。決戦の水曜日。

今日こそは、ちゃんと日本円の入った封筒を持って、
しっかりバックに納めたことを確認して、家を出た。

・・・それで携帯電話を忘れて、慌てて取りに引き返す始末↑(4行目に戻る)
痛恨のタイムロス10分。

そんな遅れで、昨日と同じ中国銀行に着いた時は9時20分。
再び検索機で買値のレートを確認すると、

なんと、買値で「1元=0.0710」を出した!!

昨日よりも、高い!! やった!神様は私に味方した!

早速、番号札を取って、順番を待つことにした。

・・・が、ここは中国の銀行。
待てど暮らせど順番は、廻って来ない。

再び確認すると、レートは買値で「0.0709」にやや戻り。

ああ・・・順番よ、早く廻ってこい!

携帯電話を忘れた10分のタイムロスが、重くのしかかる。

10分待っても順番は廻ってこないから、20分のロスか。

・・・と、ふと隣に「中国工商銀行」があるのを思い出した。
ここは、番号札が「一般客」と「外貨両替」に分かれていて、
外貨両替客は専用窓口で早めに廻してくれるのだ

さっそく、移動!

隣の中国工商銀行。

前に「外貨両替専用窓口」に座っていた客が長居していたものの、
5分ほどで順番がやってきた。

以前中国N業銀行で両替したときの、
係員に席を立たれ延々待たされたような苛立つ展開もなく、
窓口の人は、ガラスの向こうの私にも見えるようにパソコン画面を打ち、
「今のレートは、0.07082。10万円で7000元ちょっとですね

と、即座に答えてくれた。

この銀行、一番いいかも!!

という訳で、手に入れたのは、10万円で7082元

2日がかり、無駄暇タイムロスばかりでヒヤヒヤの両替だったけど、
目標だった7000元はクリアしたので、満足ってことで、いいね。

で、見間違えるのでタンス預金は止めて、即座に貯金しました、はい。

今度は、13万円を両替して10000元貰えるよう頑張りたいと思います。

そもそも、こんなの頑張ることじゃないんだけど・・・

Img_8459

【両替するときの備忘録】
中国銀行と中国工商銀行が並んでいる所がお勧めです。
中国銀行では両替前にレートを検索できるし、
中国工商銀行は、両替専用番号札があって対応も早い。
どっちで両替するかは、皆さんの都合におまかせしますが。

↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 中国でも続々報道!衆議院総選挙と民主党への期待 | Main | 国慶節を前に「国慶見!」地下鉄4号線がいよいよ・・・!? »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/46097511

Listed below are links to weblogs that reference 中国人民元両替スッタモンダ―7000元は大台か?:

« 中国でも続々報道!衆議院総選挙と民主党への期待 | Main | 国慶節を前に「国慶見!」地下鉄4号線がいよいよ・・・!? »