« 【レビュー】『「社会を変える」を仕事にする』 著者は駒崎弘樹さん | Main | 北京生活で欠かせない「バイク」の存在 »

【実況中継】中国南方航空やら空港やらの「サービス」は・・・

良くなってきたところ、
まだまだかな~?というところ、

両面を感じる中国のサービス。

日本のサービスが異常、ということも感じることもあるし、
中国のサービスが最近日本を越えるくらいよくなったと感じることもある。

何はともあれ近い将来、こういうエントリーを書いたことが懐かしく、
恥ずかしく感じるくらいに急激に変化していく可能性もあるので

2009年9月の記録として、今はとどめておきます。

・・・

Img_8500

時間の都合で、金曜日夜のフライトで大連へ。
過去2回は火車(汽車)だったので、大連行き飛行機は初めて。

しかも、ダイヤの事情で、これまで避けていた「中国南方航空」に!
大連便でメジャーな航空会社なのか、この時間帯はずらり南方航空なのである。
それで選んだのだが、この航空会社はもとより評判が悪いことで有名。

どんなサービスが待っているのだろうか・・・楽しみである。

ここで楽しみなサービスとは、機内設備ではない。
これはどこの航空会社でもそうだが、国内線は仕方ない。

空姐(キャビンアテンダント)たちのサービスが、楽しみどころなのである。

1時間15分のフライト。時間通りの離陸。夜10時。

後ろの方の、5分おきに「カーッ・・・!!」という
タンを喉から搾り出す音にピリピリしながらの空の旅。
※さすがに「ぺっ!」と吐き出す音はなかったのが幸い。

それにしても、なんであんなに汚い音を出せるのだろう?不思議だ・・
と疑問に思っていると、お待ちかねの機内食タイム♪でも、夜遅いせいか、
ピーナッツとドリンクだけだった。当然、ブラックコーヒーはないと諦め。

そして、来ました来ました♪

アーイーさん(家政婦さん)か?というような、ぶてっとした空姐が。
始終ぶすっとした顔で黙々と客にピーナッツを渡す。

私は窓側に座っていたので、遠くから見物。わくわく。

ぶすっとした空姐は、まず通路側に座っている男性客のテーブルに、
ピーナッツを「ポイッ」と投げ落とした
。目の前にいるのに、である。

そこまでは普通なのか、男性は表情を変えずに受け取る。
私だったら、この時点でちょっと切れてるけど。

で、私と男性の間に座っている女性客は、睡眠中だったので、
空姐は、私にピーナッツを渡そうとした。

(私のところまで、ピーナッツをほん投げて来たら、それこそ投げ返す!)
など考えながら、どんな渡し方をしてくるかを楽しみに待っていたら・・・

無言で、ピーナッツを通路側の男性客に突き出した

「これ、向こうの客に渡して!」という態度である。

私、虚を突かれた顔で唖然・・

これには男性も、ちょっと引きつっていた。

続いて空姐は、「これは、睡眠中の女性客の分」とばかりに、
男性客にもう一つピーナッツセットを突き出して、去っていった

始終無言で、ぶすっとしたまま、である。

私が通路側に座っていたら、どんな日中戦争が起きていたかわからない

つくづく、窓側で良かった。

飛行機は定刻どおりに到着したが、乗客たちが次々と降りていく間、

入口に立った空姐たちは、突っ立ったまま何も言わない。。。

「ありがとうございます、を言うな

と、指導されているのか?というくらいの突っ立ちよう。
あんたたち、お地蔵様か?

面白いものを見た。できればもう利用したくない。

・・・

ともあれ、11時過ぎには無事着いた大連空港。

街中のタクシーの運転手さんは笑顔で親切な人が多かった

・・・

月曜朝。帰りも飛行機。今度は朝の大連空港。

喫茶店で珈琲を注文。

ウェイトレスさん、珈琲にミルクとスティック砂糖をお盆に乗せて持ってきた。

で、珈琲とミルクをテーブルに置いたかと思うと・・・

スティック砂糖は、お盆を傾けてテーブルに転がした

「おーいangry

思わず声をあげたけど、ウェイトレスさんは「あぁ?」

わかっていないらしい。

語気を強めて、

「我不要糖!拿走!(砂糖、要らない。持ってって!)」

と言ったら表情一つ変えずに砂糖を持っていった。

やっぱり、わかっていないらしい。

お盆倒して転がし渡ししても、悪いわけじゃないんだろうな、中国ではまだ。

・・・

Img_87151

とはいえ、帰りで利用した中国国際航空はよかった。

ドリンクサービスも、ドリンクカーになかったブラックのコーヒーを厨房から出してくれ
飛行機を降りるときも、ちゃんと「漫走」と挨拶をしてくれた

以前はこの航空会社も、笑顔もなくぶすっとしまくっていたけど、
スターアライアンスに加盟してから、かなり良くなった・・・のかな、と、思う。


ところで・・・

Img_8712

大連空港の滑走路沿いには可愛い民家?がずらーーっと並んでる
騒音とか、大丈夫かな?


↓ここをポチッと押してくれたら、Emmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  にほんブログ村 動画紹介ブログ ニュース動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 【レビュー】『「社会を変える」を仕事にする』 著者は駒崎弘樹さん | Main | 北京生活で欠かせない「バイク」の存在 »

中国国内旅行」カテゴリの記事

Comments

成田→広州便は日本人CAもいるからなのか、サービスは少し良かったと思います。フライトも文句無し! 入り口でもニコヤカに迎えてくれて、主幹空港だからだろうか???

Posted by: mal | June 10, 2010 at 07:53 PM

中国南方航空の口コミを探していたら、このブログに辿りつきました。明後日利用いたしますが、たぶん、「安かろう、悪かろう」ではないかと想像しております。広島に住んでおり、今後中国系航空会社の利便性は高まるようにも思います。ただ、日系とは比較にならないでしょうね。

Posted by: vitahiroshima | December 28, 2011 at 12:20 PM

vitahiroshima様

はじめまして、ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
おそらく、国内線と国際線では違い、日本発であれば、
日本人のCAさんや日本語のできるCAさんもいらっしゃるので、
ハード面はわかりませんが、ソフト面では国内線より良いのではと思います。

私が利用したのは、ほんの1時間ほどの中国国内線なので、
あまり参考になさらず、快適な空の旅にしてください。

Posted by: emmy | December 28, 2011 at 12:58 PM

南航を利用して、広州経由でドバイへ旅行してきました。機内食は見てくれはよくないのですが、でも片道で3食出て完食しました。サービスは、お世辞にも愛想はよくなかったですが、一応仕事はしてました。ただ、お茶(中国茶のつもりで)を頼んだところ、緑茶(龍井)か聞かれましたが、中国の航空会社なのに中国茶を飲む日本人はいないのでしょうか。行きにシャンパンがあったものの、帰りにはない、座席も狭かったり広かったりで(その差50センチ以上)、ムラがあり過ぎです。帰りの日本紹介ビデオは中国人のおかしな日本語で、笑ってしまいました。中国流のサービスに初めて接し、慣れればなんとかなるかも(?)と思いました。

Posted by: vitahiroshima | January 05, 2012 at 10:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/46146051

Listed below are links to weblogs that reference 【実況中継】中国南方航空やら空港やらの「サービス」は・・・:

« 【レビュー】『「社会を変える」を仕事にする』 著者は駒崎弘樹さん | Main | 北京生活で欠かせない「バイク」の存在 »