« 龍慶峡で"桂林"を堪能―北京ローカルバスの旅Vol.XX | Main | 【中国テニス】『チャイナオープン2009』観戦してきました »

天津薊県「古城」と「黄崖関長城」を堪能!!・・・やっぱりローカルバスの旅Vol.XX

Img_1832

天津にも長城があるという話は有名だが(どこが?)
まだ、行ったことがなかった長城マニアのワタクシ。

やっと行ってきました。

天津と河北省の境にある天津郊外「薊県(JiXian)」
この街中から30キロほど北にある長城。

その名も、「黄崖関(Huang Ya Guan)長城」

北斉から隋代(紀元577年~581年)に創建されたもので、
東は河北省遵化県の馬蘭峪長城、
西は北京平谷県の将軍関長城へとそれぞれつながっている。

ついでに、この黄崖関へ向かう中継地点の
薊県市街地そのものも歴史が古く、
春秋戦国時代(紀元前ン100年くらい)に創設。

中心地には、まだ「古城」が残っていると聞いた。
古城といえば、雲南省の麗江や山西省の平遥など
世界遺産にも登録されているほどである。

・・・・気になるものばかり。

そんな訳で、ココロをワクワクさせて計画を立てたものの、
ネットにも書店で立ち読みしたガイドブックにも、行き方が
きちんと書いているものが見つからない。
こんなに情報のない観光地は初めてだった。

もはや、

「行ってみなければわからない」

それなら、私がちゃんと行き方を確認して、
日本語で行き方を丁寧に説明しようではないか!!

断片的につないだ情報だけを元に、地図も持たず、
極めて冒険的な旅が始まった。

・・・

10月6日 朝7時30分

北京市にある地下鉄1号線の四恵駅から道を渡って
東へ200メートルほどの所にある「四恵」バスターミナル。

Img_1584

かなり質素なバスターミナル。

Img_1588

ここの質素な窓口で、「薊県(JiXian)」行き直行バス券を購入。
運賃は、19元とネットに出ていたのに、24元が正解。
経済成長と共に、値上がりするのも早い中国です。

Img_1590

バスに乗って、河北省の大厂回族自治県、三河市を通過し、
2時間ほどで、薊県県内へ突入。店の看板に書かれた
電話番号の市外局番が「022」になったら、そこはもう薊県です。

Img_1599

終点は「薊県バスターミナル」だけど、手前に「白塔寺」の
看板が左に見えてきたらさっさと下車した方が無難です。
下りて、道を渡ると丁寧に案内図が点在しています。

もはや、古城のためにあるような街なのでしょうか。

・・・街中は、コンパクトに出来ています。

Img_1603

Img_1611

下りて歩くと、あっという間に古城のメイン・鼓楼が登場。

鼓楼を中心に、ショッピングストリートが左右に伸びてます。

その端っこに、古城の象徴「独楽寺」。
入場料40元なので、入口で写真を撮って行った気分に。

Img_1621

さすが城下町。その向かいから、胡同が広がっていたので、
この中を散策すると、遠くに白塔の寺「白塔寺」が登場。

Img_1629 Img_1643

お坊さんが歩いているので仏教なのはわかるのですが、
果たして何仏教なんだろうか・・・

お坊さんに聞いてみました。

「知らない」

との回答でした。

ってことはありえないので、改めて紙に「蔵(チベット)?」
と書くと、お坊さんは「不是不是!」と紙に「漢」。

漢民族の仏教は、「漢仏教」と呼ぶのですか。
勉強になりました。お坊さんもきっと、漢民族以外の
何者でもなかったので、そんな質問をされたことが
ぴんとこなかったのでしょう。

柿が綺麗でした。薊県は至る所に柿の木がありました。

・・・

さて、いよいよメインの「黄崖関長城」を目指して出発!!

ネットによると、
「独楽寺のそばの道路から、ミニバスが出ている」
とあったので、独楽寺が面している「長城大道」へ行くと・・・

Img_1656

なんと!
独楽寺駐車場の入口前の道路は真っ赤なワゴンで一杯!!

Img_1657

これがほぼすべて、長城へ行くミニバスだったようです。
「黄崖関(Huang Ya Guan)」と適当なおっちゃんに伝えると、
おっちゃんは笑顔で即答。「乗れ!1人10元」

ネットでは7元って書いてあったんだけど・・・ま、いいか。

8人乗りのワゴンに乗って、出発!!
40分強の山道ドライブを堪能していると、ほどなく

Img_1661

「コカコーラ希望小学校」

お!これが噂に聞いていた
コカコーラの社会貢献"PR事業"か!!米国はやることが違う。

と、感心していると、車は黄崖関圏内へ。

Img_1666

到着しました。黄崖関長城の入口です。
馬が一杯止まっていますが、まあ、いわゆる観光用です。

入場料は50元。ネットでは40・・・もう、いいや。
※ちなみにネットの情報は2006年でした。

長城へ登る前に、故宮のような敷地に入りました。
これは、北京の長城にはなかったぞ!

Img_1682

若かりし頃の毛沢東さんにもお会いしました。
60周年おめでとうございます。

建物の敷地を抜けて、やっと長城です。

ここの長城は、八達嶺の「男坂」「女坂」みたいに
左右に分かれていて、左側の方が険しいのか人は少なめ。

という訳で、もちろん「男坂」というか、左側の方へ。

Img_1703

Img_1728

Img_1736

どんどん登ると、北斉時代を思わせる旗がひらめき、
その先は、かなり古くなって草が生えていました。
「注意」と書いてある所も皆さんかまわず、どんどん登って行きます。

Img_1745

色合いは可愛かったです。

再び入口へ戻り、今度は右側の長城にちょっと挑戦。

Img_1801

長城の間が途切れていて、ただの山道になっていました。
山道が終わったところで、長城の切れ端を眺めて終了。

Img_1832
これが切れ端でした。

同じコースをバスに乗って、再び薊県市街地へ。
バスターミナルまで赤のワゴンに乗せてもらって、
帰りのチケットを購入。これも24元。

Img_1850

薊県バスターミナルを午後5時に出発したものの・・・
国慶節の交通規制か北京市へ来る人の制限か、
切符購入時と河北省のあたりで、警官に「身分証を出せ」
と言われたのでパスポートを出すと「よくわからないから、いい」

中国の警備、こんなもんでいいのでしょうか・・・いいのか。

北京市に到着した時は、夜8時でした。

最後にスッタモンダしたけど、
ひとまず日帰りで行ける隋の旅。

要するに、ネットにもガイドブックにも行き方が明確に
書かれていないのは、明確な交通手段がないから
ということだったのですね。中国らしい旅、勉強になりました。

※ガイドブックやネットに、「919路専用線が黄崖関長城直行」
という言葉が時々出てきましたが、今はありません、たぶん。
全然見かけませんでしたから。


費用は、
交通費 (24+10)×2=68元 
※帰りのワゴンにバスターミナルまで運んでもらい追加5元
入場料 白塔寺 5元+長城 50元=55元
昼食代 30÷2=15元
飲み物などを買ったらその分追加

合計・・・143元!!

北京の桂林より安かったです。

・・・

Img_1845

Img_1799 Img_1838

秋の紅葉も始まっていました。

天津薊県黄崖関長城 →「あざみ」と打つと「薊」が出ます。

北京からの行き方
1.地下鉄1号線「四恵」駅から東へ200メートル歩く。
  路線バスで行く場合は、四恵バス停ターミナルの東隣り。
2.四恵バスターミナル「薊県」の切符を買う。10分に1本。
3.2時間くらい走って、両側の店の看板に書かれた
  電話番号の市外局番が「022」になったら下車サイン。
4.左に「白塔寺」の看板が見えたら、
  その後すぐに止まるバス停で下りる。
5.まずは、古城を堪能する
6.独楽寺の西側にある駐車場沿いの「長城大道」に立つ。
7.赤いワゴンがたくさん止まっているので、
  「どこ行くんだ?」と聞いてくるおっちゃんの態度と、
  フロントに「長城」と書かれていることを確認して乗る。

これでバッチリ行けました!!
あなたも、この情報を掴んだら、ちゃんと長城へいけますよ!

って、どこの日本人がローカルバスで長城行くんだよε-( ̄ヘ ̄)┌

bell 海外生活ブログ村 「北京情報」部門1位獲得crown
↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

|

« 龍慶峡で"桂林"を堪能―北京ローカルバスの旅Vol.XX | Main | 【中国テニス】『チャイナオープン2009』観戦してきました »

中国国内旅行」カテゴリの記事

Comments

連載の旅シリーズ(?)で、すっかり名所巡りをした気分です!(^^)!
「コカコーラ希望小学校」があるのですね。(←感動するところが違う?)

シリーズ次回を楽しみにしています!


Posted by: Mr.クール | October 10, 2009 at 10:12 AM

Mr.クールさま
企業の方としては、やっぱりそこに目をつけられますよね!
コカコーラ希望小学校は、中国全土各地にあるそうです。

Posted by: emmy | October 10, 2009 at 12:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/46419015

Listed below are links to weblogs that reference 天津薊県「古城」と「黄崖関長城」を堪能!!・・・やっぱりローカルバスの旅Vol.XX:

« 龍慶峡で"桂林"を堪能―北京ローカルバスの旅Vol.XX | Main | 【中国テニス】『チャイナオープン2009』観戦してきました »