« 北京地下鉄4号線は「学術観光路線」!? | Main | “和バー”『JIPANGU(ジパング)』、在北京日本人の憩いの場になるか »

北京生活、気がつくと・・・4年

2005年10月13日

東京よりも5度は寒い北京空港に降り立ったのは、夜。
飛行機が2時間ほど遅れての到着だった。

それでも、到着口で粘り強く待ってくれていた、
新しい「同事」になる会社のスタッフ2人。

日本語のできない方の彼女が先に私を見つけ、
片言で「こまざきさん、です、か」と声をかけられた驚き、

肌寒い空気の中、渋滞する道路を流したタクシーの車窓、
四環路から朝陽公園へと曲がった時のネオンの灯り、

階段しかない入口で、20キロを越える重いカバンを
「せいの!」と持ち上げてくれたか弱い2人の同事、

こうして入った新しい我が家のがらんとした空間、
そして、風呂にバスタブがなかったショック…

そんな街で3年は暮らそうと誓った私だったが、

気がつくと、あれから4年。目標を1年も超えた。

・・・

1周年、2周年、3周年はそれなりにイベントを設けたけど、
4周年となる昨日は、普通にバスケットに参加して過ごした。

その後で、久しぶりにメンバーと食事に行って、
久しぶりに「乾杯」気分でビールを飲んだけど、
4周年記念日であることは誰にも言わずに流した。

来北京1年で最初の会社を辞めることになったとき、
「ここで北京生活を終わりにはしてたまるか!」
と転職したのは、3年の目標に足りないからでなく、
「ここで帰ったら負けたことになる」と思ったから。

でも、まあ、それからも色々あって、
3年の目標を1年も超えてしまった今もまだ残っている。

そんな自分の気持ちをどこかで整理しようと、
4年前から住んでいるマンションの部屋を大掃除中。

異国生活の中で、日本では味わえない
珍しい人生をちょっとだけ重ねてきた。
その中で、増えた荷物の分だけ経験も思い出も増え、
自分自身の思考にも影響を与えてきたと思う。

あの「がらんとした空間」を再現することで、
もう一度、初めて北京へ来た時の気持ちに戻す。

北京に住んでいる日本人の多くは、
誰もがこうした「初北京」の日を覚えていて、

そして、初北京の時の気持ちと現在の気持ちを
それなりに比較しているのではないだろうか。

それを100%再現するのは難しいけれど、
北京=Not日本の生活で、激動の日々を過ごしてきた分、
たまにはゆっくり気持ちを落ち着けたいのだろう。

そんなことができるのも、

自分の中には4年前と変わらないものが残っていたから
これだけは、いつまでも失くさないでいたい。


bell 海外生活ブログ村 「北京情報」部門1位獲得crown
↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

|

« 北京地下鉄4号線は「学術観光路線」!? | Main | “和バー”『JIPANGU(ジパング)』、在北京日本人の憩いの場になるか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。いつも楽しく愛読させていただいてます。わたしも北京に暮らしてもうずいぶん長いです。今日のブログ、なんかすごく心に響いたのでコメントさせていただきます。はじめてきた日の気持ちなんてもうすっかり忘れてました。ちょっと振り返ってみようと思います。ありがとうございました。

Posted by: とり | October 15, 2009 at 07:32 AM

>とりさま
はじめまして。コメントありがとうございます。個人的に、
北京で暮らして長い方には、いろいろ助けていただいた
4年間でした。もしどこかでお会いできましたら(できそうですね)
北京暮らしの経験談を教えてください。
これからもよろしくお願いいたします。

Posted by: emmy | October 15, 2009 at 12:48 PM

お久しぶりです。
お元気そうでなりよりです。

とても素敵な文章で思わず胸が熱くなりました。
私は来てまだ2ヶ月のひよっ子なので今は毎日が新鮮な状態です。
私も日本で会社員をやっていたときは、年々忘れる初期の思いを
たまに思い出して、奮起をしていたものです。

これからもブログ楽しみにしています。

>ueponさん

お久しぶりです。自宅のPC、なぜか自分のブログに
コメントを書けないので、このコメントに追記します。

この先何年、ueponさんがいらっしゃるか、それは
誰にもわからないかもしれませんが、今の新鮮さを
忘れずに、輝いた北京生活をエンジョイしてください。

また、飲みに行きましょう!!

Posted by: Uepon | October 22, 2009 at 12:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/46483639

Listed below are links to weblogs that reference 北京生活、気がつくと・・・4年:

« 北京地下鉄4号線は「学術観光路線」!? | Main | “和バー”『JIPANGU(ジパング)』、在北京日本人の憩いの場になるか »