« “和バー”『JIPANGU(ジパング)』、在北京日本人の憩いの場になるか | Main | 第2回チャイナカップ・バスケットボール大会開催!in北京 »

悔しかった・・・

二晩寝れば何とか冷静に書けると思い、少しおいていた。

だいぶ時間がたって、色んな人から色んな話を聞いて、
考えにも整理がついてきたので、今回のことを書いてみる。

・・・

10月17日 

中国各地の日本人バスケットチームbasketballが集まる大会
「チャイナカップ」があった。

去年は、応援しかできなかった女子チームだが、
※参照 【上海から3】バスケット・チャイナカップを応援!!

今年は念願のチーム参加!!

男子は7地域9チームが出場したが、
女子は、上海チームと北京チームの2チームのみ。
上海チームは、経験者ぞろい&チームの歴史も長い。
実力は遥かに上と言われていた。

「それでも、今の実力でできる限りのことをしよう」

と北京女子メンバーと、女子を指導してくれた監督役の男子。
私も、ビデオ編集や帰国準備の傍ら、毎日泳いで体力作り、
9月10月はバスケットの練習に積極的に参加した。

そして迎えた本番。

上海-北京の試合がはじまった。試合は、12分+12分の1試合のみ。
本来2試合行うはずだったが、2日前に急遽1試合に減ってしまった。

私はスタメンではなく控えでスタート。
「全員参加」を基本としていたので、撮影しながら出番を待った。

前半12分が終わったところで選手を交替することになり、
「出たい!」と申し出るが、その前に経験者の控え2人が先に交替。

後半6分あたりで、さらに1名交替。
ここで、撮影していたカメラを収めて、
いよいよ出るからね!というモードをコートに流す。
監督役の男子メンバーが「1分前に出よう」と言ってくれた。

1分だけ…? 仕方ないかな。

と、思った瞬間だった。

「ガアアーーン!!」

終了のミニ銅鑼が鳴ってしまった…
審判、時計係が1分前、30秒前、のコールをしていなかった。

「え!?」頭の中が真っ白になった。
試合は、26-4で上海の圧勝だったが、負けたことよりも、
自分が試合に出られなかったことに、悔しさがこみ上げた

スタメンの5人は誰もゴールを決められなかったので、
自分たちの責任を感じ余計に交替をさせられなかったのだろう。
私と交替するポジションの子は、結局24分ずっと出ていた。

自分はそれでももっと「出たい!」とアピールするべきだった。
それよりも「出て!」と言われる実力になっているべきだった。

「今の実力で、できる限りのことをしよう」
とみんなで言い合っていたが、

「コートに立てなかった」 これが、今の自分の実力だった。。。

試合に出られたメンバーは、
「負けた」ということの悔しさを純粋にかみ締め、
「あのゴールが決まらなかった」「あのパスがつながらなかった」
など、課題をいろいろ考えていることだろう。

私は、そんな彼女たちと同じ意味の悔しさを共有できない。
それが一番悔しい。

basketball basketball basketball

確かに私はへたくそだ。

学生時代は、バスケットなぞやっていなかった。

北京へ来て、2年前に今のチームに参加してから1年近く前までは、
女子メンバーがいない中、ただバタバタ走り回るだけの、
「運動」としてのバスケットを楽しんでいた。

運動して、体を動かすことだけで十分楽しかったのだが、
女子が増えて、やっと「試合」の仕方を教わってくると
今度は本格的な「バスケットボール」の面白味を増してきた。

それなりに、そんな2年間の経験を経た。
そしてやっと「公式試合」というチャンスを迎えた。

のに、

と思えば思うだけ、
北京の女子が初めて「ひとつのチーム」として参加した公式試合の、
一緒に戦えたチャンスを逃してしまったことが悔やまれてならない。

「来年のチャイナカップで出ればいいよ」
「交流試合で出たからいいじゃない」

と考えようとしたが、交流試合はエキシビジョンで緊張感が違う。
来年のチャイナカップまで中国にいる保証は、
前のエントリー「4周年」に書いたとおり、ない。

ひょっとすると、ラストチャンスだったかもしれない。

そう思うだけ、また悔しさがこみ上げる。

basketball basketball basketball

とはいえ、一晩寝れば、少しは気を前向きにできるものだ。

翌日、本帰国するメンバーを空港に見送りに行ったのだが、
そこには私と同様、試合に出られなかったメンバーがいた。

私と彼女の2人だけ、同じ意味の「悔しい」思いをしたのだが、

彼女は前向きに言った。

「3月のアジアカップには出たいね」

あ・・・

思い出した。

「アジアカップ」があることを。

今度は、中国のみならず、東南アジアの各都市に在住する
日本人のバスケットチームが集まった大会
があるのだ。

来年3月まで北京にいる可能性は、まあ、どうだろう。

もしもそのチャンスがあれば、
今度こそ、1分でも試合のコートに立って、
試合に出られたメンバーと同じ悔しさを共有したい。

いや、勝ちたい。

↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

|

« “和バー”『JIPANGU(ジパング)』、在北京日本人の憩いの場になるか | Main | 第2回チャイナカップ・バスケットボール大会開催!in北京 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

チャイナカップお疲れ様です。

蘇州チームの一番背のでかいものです。(あえて名前は伏せます、冊子見てください)。

チャイナカップの記事を探してネットを見ていたらたまたまEmmyさんのブログを見つけたので書き込ませて頂きます。

本当に気持ちわかります!

僕も小学生からずっと野球をやって、駐在中の最後の年の半年だけたまたま蘇州チームでバスケをやらせてもらった”ど”のつく素人です。

でも練習した成果を試したいし、やっぱり試合は出たいですよね、、、今回我がチームは6人で参加したので、僕のような初心者でも出ざる負えない状態で、足もつりましたが悔しい思いと同時に楽しむことができました。

次回のアジアカップは帰任しているので参加できませんが(今回も日本から参加ですが、、)、Emmyさんの活躍を期待しています。

フルで参加できるように練習頑張ってください!

次回ChinaCupも日本から参加できれば蘇州にも来てください。
北京チームのように大会運営ができるかわかりませんが、
僕も日本からできることをサポートする予定です。

最後に北京男子チームの方へ、初心者うえ激しいファールすいません。とお伝えください汗、、

そして大会運営本当にお疲れ様でした!
全チーム本当に楽しい時間がすごせました!
また来年蘇州も負けないような大会にしたいと思います!!!

Posted by: Suzhou 初心者 | October 19, 2009 at 05:59 PM

>Suzhou 初心者さま
コメントありがとうございます。冊子でお名前、確認します^^

6人で4試合は、もっと辛かったのではないでしょうか。
でも、日ごろの練習してきたことをコートで出せたことが
うらやましい気持ちです。

で・・・ご帰任ですか!?
蘇州は来年の開催地なのに残念です。
でももし、3月のアジアカップ、来年の蘇州、
お会いできたらうれしいです♪

Posted by: emmy | October 19, 2009 at 06:24 PM

>>Emmyさま

実はまさかの5試合でした。。。笑
5試合目に足をつりました。。

まぁやっぱりできないことも多かったので、もっと練習して次は上位に食い込みたいですね、、、

さすがに5試合目は相手のシンセンチームもバッシュを脱いで終わりムードできつそうでした。。。笑

北京チームとは少し縁があるようです。
今回はじめて知りましたが、会場で司会をしていた”きいろ”君は私の会社の同期でした。笑

またアジアカップはわかりませんが、ChinaCupで会えるといいですね~ 酒を飲みましょう!
今年の8月に帰任しましたが、また参加しますよ~

次回は北京女子も応援しますね!

ではまたちょくちょくブログ見させて頂きま~す!


Posted by: Suzhou 初心者 | October 19, 2009 at 06:44 PM

5試合だったんですか!! 
それは足もつります…>< お疲れ様でした。

たまーに北京バスケットチームのことも書いているので、
よかったらご笑覧ください→おっと、北京の仲間にバレる!!

きいろさんの会社、大きいですから普通わかりませんよ。
→おっと、きいろさんの個人情報がバレる!!
でも、会社の同期と異国で出会うなんて不思議な縁ですね。
バスケもブログも、ご縁を大事にしていきたいと思います。

Posted by: Emmy | October 19, 2009 at 06:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/46526248

Listed below are links to weblogs that reference 悔しかった・・・:

« “和バー”『JIPANGU(ジパング)』、在北京日本人の憩いの場になるか | Main | 第2回チャイナカップ・バスケットボール大会開催!in北京 »