« 【レビュー】『建国大業』 中国の人は必ず観なさい!! | Main | 龍慶峡で"桂林"を堪能―北京ローカルバスの旅Vol.XX »

2016年五輪開催地がリオデジャネイロに決まった理由

10月2日。

中国は、昨年開催されたお祭りなど忘れたかのように、
国慶節60周年のお祭り一色に染まっている頃、
日本の皆さんはデンマークのコペンハーゲンに注目していた。

ここで、2016年のオリンピック開催地が決定した

G9

投票は、3回目の最終決戦までもつれ込んだ結果、
「南米初」に期待を寄せたブラジル・リオデジャネイロに決定。

東京は、残念ながら2回目の投票で敗退した。

昨年、北京オリンピックの時に味わったあの高揚感と、
五輪招致活動で北京を訪れたり駐在で頑張っていた
たくさんの日本の招致委員会メンバーの皆さんを思い出すと、
私自身も、東京が選ばれなかったことに悔しさを感じる。

いや、絶対今の不景気、気持ちだけでも高める何かが
日本には必要だったのだ。

だけど事実は事実。ましてや日本が今回落選した理由は、
「東京都民の支持率の低さ」が原因と言われている。
肝心の地元民が期待しなければ外国も見てくれない。

そして今回の世界のあらゆるうねりを見ていると、
リオデジャネイロに開催が決まったことには合点がいく。

これは私の主観ではあるが、リオに決まった背景を分析してみる。


1.先進国の消沈ぶりと発展途上国への期待

今回、最初の投票で真っ先にアメリカ合衆国のシカゴが落選し、
続いて、日本の東京が敗北した。

先進国は、昨年のリーマン・ショック以降全般的に
意気消沈し、ロンドンは2012年のオリンピックすら
開催を危ぶむ声さえ出た。

こういう時に、真っ先にアメリカ・日本が落選したことは、
世界もやはり、先進国に対して期待していない、
将来を懐疑的に見ていることを示した表れではないかと捉える。

ロンドンと同じヨーロッパだから、と諦め顔だった
スペインのマドリードが善戦したこと、そして4カ国で
最も発展途上にあるブラジルが決定したことは、
今の世界が何に期待しているかを端的に表したと思う。

経済の盛り上がりは、国民の勢いもつける。
ブラジル国民が、開催招致に盛り上がった気持ちもわかる。

2.北京オリンピックの評価

ブラジルは「BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)」
といわれ、中国と並んで経済新興国に入っている。

昨年、中国北京は様々な問題が指摘されたものの、
まかりなりにも無事ホストを務め上げた。
で、これに対して中国は堂々とした自信を持って、
「発展途上国(敢えて言う)もやればできるんだ」
ということを、世界にアピールしまくっていた、と思う。

それは決してブラジルのためではなかったと思うけど・・・
結果として、世界が2008年の記憶を鮮明に残しているうちに
行われた今回の投票は、ブラジル有利に動かしたのではないか。

中国に民主主義や選挙という言葉は遠いけれど、
「投票」という数字が、なんだか北京オリンピック自身を
評価したように感じた。いや、新興国が開催することも
できるんだということを、世界が認めたことになるのだろう。

・・・

ともあれ、ブラジルで懸念されるのは「治安」といわれるが、
北京と同様、貧しさ故の治安の悪さは、開催自体を危機に
晒すことはあまりない。

2010年にワールドカップが開催される南アフリカの方が
よほど治安が悪いと言われているし、2014年には
ブラジル自身がワールドカップのホストを務める。

この2回の大会を経て、発展途上国は治安問題を解決する
ノウハウを身につけ、準備を整えてくることは間違いない。

大いに期待したいと思う。

・・・というか、

リオデジャネイロに行きたい(本音)

ブラジルは、ポルトガル語。

ポルトガル語は、将来、私が行きたいと思っている
サントメ・プリンシペの公用語でもある。←どこだよ?


【関連記事】2020年五輪 開催都市は東京に!これからの“7年間”と、更なる未来へhttp://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2013/09/20207-d2e0.html

この記事を書いた4年後の私の追記。

うわ…一昔前の記事に感じる。
あれから4年、新興国は軒並み経済不況のただ中。

ブラジルも今、リアル安・物価上昇に加え、
会場建設資金に賄賂が発生しているなどで反政府デモが起き、
2014年のワールドカップ・2016年のオリンピックさえも、
世界から不安視されているとか…開催できるのかな?

bell 海外生活ブログ村 「北京情報」部門1位獲得crown
↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

|

« 【レビュー】『建国大業』 中国の人は必ず観なさい!! | Main | 龍慶峡で"桂林"を堪能―北京ローカルバスの旅Vol.XX »

北京五輪・パラリンピック」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。お久しぶりです(覚えてらっしゃるかしら)。

東京の方々とってもクールでして、
「渋滞がいやだからオリンピックなんて嫌だわ」と、
北京ではごく日常的な理由をおっしゃるので、
東京なんて地下鉄路線がたくさんあるので
私にはあまり理解できなかったりします。

でもやっぱりオリンピックって観戦するとすごく感動しますよね。
うちのアホ息子なんて北京オリンピックがモチベーションになり、今も陸上競技に燃えてます。
そういうことの方が大切だと思うのですが・・・どうでもいいんでしょうね。

私は広島、長崎を巻き込まないと「日本」のメッセージ性に乏しく、勝ち目はないと思っています。

Posted by: Hideyo | October 06, 2009 at 12:44 AM

hideyoさま

お久しぶりです、日本は如何ですか?
お子さんの情熱が、将来本当にオリンピックに
出るまで続くとうれしいですね。それこそリオへ!?

日本は、まだまだチャンスがあると思うので、それまでに
世界に「日本で開催したらどうなるか」と期待させる
要素を生み出すのが大事かもしれませんね。
そうすれば、国内の人も乗ってくるのではないかな・・・

Posted by: emmy | October 09, 2009 at 04:39 PM

はじめまして。私も日本の経済対策にオリンピック招致は不可欠と思っていました。しかし、最初からブラジルに決まっていたんですよ。
東京都から150億の予算を貰った電通。
JOC、IOC、には電通の役員が送りこまれています。
本当なら日本が取れないはずがありません。
しかし電通は、ワールドサッカー、オリンピック、と
立て続けにブラジル開催することで、大規模な事業計画が
あるのです。結局、電通は東京に決まらなくても150億、
その後、本命のブラジルでの大規模事業で儲ける事を
第一目標にしていたのですから。怖い会社です。

・・・

>のんのん様
興味深いコメントありがとうございました。
確かに怖い会社・・・
という以前にそういう会社がある
この日本社会が怖いですね。

Posted by: のんのん | December 25, 2009 at 06:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/46395515

Listed below are links to weblogs that reference 2016年五輪開催地がリオデジャネイロに決まった理由:

« 【レビュー】『建国大業』 中国の人は必ず観なさい!! | Main | 龍慶峡で"桂林"を堪能―北京ローカルバスの旅Vol.XX »