« 『萬菜(VINZAI)』でほっこり料理in北京凍る冬の夜にぬくもりを | Main | 【書評】『排出権商人』は世界を席巻するか、それとも・・・ »

陝西省楊凌探訪記:「農業」と「エコ」と「排出権」。

Img_9292

陝西省の省都・西安から西へ82キロの所にある楊凌

西安は、秦の都として歴史が長く、シルクロードの起点として、
また世界遺産の兵馬俑がある町として有名ですが、
この楊凌もまた、中国にとって欠かせない歴史を持つ町です。

それが、農業

Img_9333
(楊凌ICの入口にある后稷さんの像)

歴史が長く、古くから文化が成り立ったこの場所、
楊凌は中国の農耕文明発祥の地と言われています。
4000年前、農業の始祖である后稷(HouJi)がこの地で
「強民稼穡、樹芸五谷」との教えで農業を始めたのだとか。

Img_9617

歴史の長さを表すのが、1800年前に建立されたという
仏教寺「法門寺」。改修を繰り返しながらも健在。
日本や韓国の仏教徒たちと交流を行なっています。

Img_9624
(その隣には、ウルトラハイテク「法門寺」が昨年オープン)

さてそんな楊凌。農業発祥の土地として、また先端地として、
1997年から、中国政府が推進する農村の貧困解消策を
目的とした『農業高新技術産業示範区』プロジェクトを発足。
大胆にも、町全体を農業ハイテク産業都市に改造することに!!

Img_9357 soon Img_9358
(楊凌の町全体が、ハイテク農業都市に変身!?)

総面積135平方キロメートルの楊凌の町全体をそのまま
改造するのだから、中国のやることは本当に大きいです。

Img_9339

高速道路で楊凌インターチェンジを降りて入口の門をくぐると、
楊凌政府の作ったデモンストレーションセンターが。

楊凌と農業の関わりを紹介するパネルと、
農業高新技術(ハイテク)産業示範区の計画を示したパネル、
成果物の「緑色産品」や品質改良作物が展示されていました。

Img_9545

街中はまだまだ昔ながらの風景・・これが大変貌を遂げるのか。

車を出して頂き、このプロジェクトで既に実施が始まっている、
農村の家庭や養豚場などの排泄物からガス燃料を取得する
『メタンガス回収による家庭用ガス装置』
を見学しました。

Img_9404
(ちょっと裕福な印象の崔東溝村の住宅地)

この装置を先駆けて設置し始めたのは、
楊凌でも最北にある崔東溝村。2006年から設置が始まり、
今ではこの集落260戸のうち160戸で取り付けられているとか。

Img_9554 Img_9422

自宅のトイレや牛小屋・豚小屋などで出てくる排泄物を、

Img_9411 Img_9410

自宅裏にある肥溜めタンクに回収します。

このタンクを密閉することにより、メタンガスを発生させます。

発生したメタンガスは、このまま大気中に放流したら
温室効果ガス
になりますが、これを逃がさないように
パイプを通じて送り込み、装置にて家庭用ガスに変換

Img_9405

台所のガスコンロや、ガス灯、ガス暖房などに使われます。

つまり、この装置を農家につけることで、
1.温室効果ガスを削減できる。
2.農家の人たちのインフラが向上し、
  かつ排泄物を綺麗に回収することで衛生的になる。

という利点が生まれてくるのです。

中国政府としては、この試みを優良な環境対策として
「中国全土の農村のうち2500万世帯には設置する」ことが目標。
この2500万世帯で回収できうるメタンガスを算出すると、
CO2で年間1億トンの温室効果ガスを削減できるそうです。
専門家も驚きのレベルです。

ただし、この装置を取り付けるためには、費用がかかります。
中国政府と、プロジェクトを推進する部門で三分の一ずつ負担し
残りを家庭で負担するそうですが、この費用でさえ捻出できない
家庭はまだまだたくさんあります。

この村全体が、真っ先にこの装置を採用した村だけあって、
平均年収は農村でも裕福なレベルの5600元/年程度。
※養豚場や養牛場、果樹園などで成り立っているようです。

見学させていただいた崔東溝村の村長・崔致遠氏の自宅は、
確かに広くて清潔で、本当に農村なの!?というほどですが、
それでも、3年経った今も260戸のうち100戸がまだ未設置。

まだまだ高いこの装置。残り三分の一を農家の代わりに、
負担してくれる人がいればいいのだが・・・

という訳で、ここで登場するのが『CDMプロジェクト』です。

CDMとは、温室効果ガス削減義務を負っている国が関与して、
削減義務を負っていない国で排出削減プロジェクトを実施すると、
CER(認証排出削減量)を発行してもらえる仕組み。

日本は、1990年比で-6%の温室効果ガス削減義務
負っていますが、国内だけでは、この目標を達成できない。
とすると、中国など海外でこうした温室効果ガス削減の
試みに投資をして、目標を達成できるそうです

例えば日本企業等が、この「メタンガス回収装置プロジェクト」に
投資するなどの関与を行えば、プロジェクトによって得られる
CERを発行してもらえることになり、結果として日本国の
削減目標達成につながるということなのです。

これがいわゆる排出削減量⇒排出権の売買
排出権の売り手(プロジェクトを作り実施する当事国)は中国、
買い手(それに関与する削減義務を負っている国)は日本。

「排出権」は今や貿易などの売買取引と同じような感覚で、
立派なビジネスとして成り立っています。

いろんな立場の人が存在しますが、私が同行させていただいた
エコ・アセット社は、その中でもユニークな立場にいます。

エコ・アセットは、中国政府などプロジェクトを立ち上げる機関
プロジェクトを組み立て、効果的な方法をコンサルし、得られる排出権を、
買い手の日本企業等に紹介する業務を行なっています。

こうしたことができるのは、専門的な知識や経験、
そして中国においては人と人との信頼関係が鍵となるのです。

エコ・アセットの社長・青木氏を見ると、終始、流暢でかつ
ボキャブラリー豊富な英語でトークを展開、サービス精神。
中国の優秀なパートナーの皆さんと交流していました。

Img_9634

そして・・・

Img_9658

白酒にワインで乾杯合戦。
おもてなしで出したお酒を一気に「クイッ」と飲み干すと、
接待してくださる中国側は満面の笑顔で喜ばれます。

これぞ中国ビジネスの登龍門!!
・・ということを体感した次第でした。

wine bottle beer wine bottle beer

今回の楊凌の旅。
「農業」=「エコ」=「排出権」と、いろんな視点から
勉強になりましたが、内容が複雑な上、英語と中国語で
交わされたので
、私の頭の中は既にオーバーフローです。

誰か、私の頭の中に入りきらなくなった情報を整理するべく、
頭の中にフローしている「モヤモヤ」を買ってくれないかな・・・
知識のエキスが一杯つまった「モヤモヤ」ですよ(笑)

Img_9583

皆様、取材協力ありがとうございました。

楊凌旅遊網 http://www.yanglingtour.com/
エコ・アセット http://www.ecoasset.jp/

ちなみに、排出権取引については、この本が詳しいです。

(2009年に出版した、タイムリーな『排出権商人』)

bell 海外生活ブログ村 「北京情報」部門1位獲得crown
↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

|

« 『萬菜(VINZAI)』でほっこり料理in北京凍る冬の夜にぬくもりを | Main | 【書評】『排出権商人』は世界を席巻するか、それとも・・・ »

中国(ロハス)楽活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/47410882

Listed below are links to weblogs that reference 陝西省楊凌探訪記:「農業」と「エコ」と「排出権」。:

« 『萬菜(VINZAI)』でほっこり料理in北京凍る冬の夜にぬくもりを | Main | 【書評】『排出権商人』は世界を席巻するか、それとも・・・ »