« 国境"歩いて"ベトナムへ3(中国・河口-ベトナム・ラオカイ) | Main | 雲南省・昆明の『滇池』で『少数民族博物館』にたそがれ。そして・・・北京へ »

雲南省・昆明の『Q'sCAFE』と『サルバドール・カフェ』でゆったりコーヒータイム♪

Img_8831

雲南省・昆明は、1月でも気温20度まで上がる常春の国。
その代わり、標高1900メートルという高さにあるおかげで、
朝晩はかなり冷えて、最低気温は5度くらいだそう。

そんなもん!
今や最高気温でさえ氷点下の北京に比べれば天国だい!!

そんな雲南省。温暖な気候で農業に恵まれていますが、
プーアル茶等のお茶に並んで、コーヒー豆の産地でも有名です。
昆明へ来るとコーヒー・カフェが多く、コーヒー好きにはお勧め。

という訳で今回、昆明にある2店のカフェを訪れました。

・・・

Img_8588

その前に、

「南寧-昆明」の火車で同じ部屋になったチワン族の方と
再び会い、雲南省といえば!のタイ族レストランで昼食。
ベトナムの話に盛り上がる。南寧に住んでいる中国人は、
ベトナムビザは一日で下りて、簡単に直行列車で行けるそう。
この方かなりベトナムリピーターだ・・・やっぱり裕福なんですな。

2人で5品食べて「69元」のタイ族料理も、「便宜」と言われていた。

Img_8624

チワン族の男性と別れ、昆明の中心にある「翠湖」へ。
入場無料とあって、いろんな人でごったがえして、
"中国風に"優雅な休日を堪能していました。

Img_8625

民族楽器で演奏を楽しむ人の集団が、あちこちで見られました。
皆さん、好き好きに弾いて唄って、楽しそうです。

Img_8613

と、その傍らに、公園内の雑踏とは違う雰囲気の豪華なホテル・・・。

その名も『翠湖賓館』。
ここに、北京では三全公寓という日本人の多く住むマンションに
併設された『Q'sCAFE』昆明店があるので、12月にお会いした
店員さん・孫さんにご挨拶がてら、コーヒーをいただきました。

Img_8618

一番安いメニューで40元というお値段。
北京の『Q's CAFE』はパンと一緒にいただくイメージですが、
こちらはしっかりセレブ御用達です。

『Q'sCAFE 昆明翠湖賓館店』
昆明市翠湖南路6号 翠湖賓館1階 0871-5163086

邱公館サイト http://www.q-cafe.com.cn/japanese.html
翠湖賓館サイト http://www.greenlakehotel.com.cn

・・・

Img_8636

そして、この翠湖を挟んで湖の西北側へ。
雲南大学の近くにある「文林街」と「文林巷」は、
北京の三里屯と南鑼鼓巷を足して2で割ったような街。

欧米人向けのカフェやバー、ブティックが並んでおしゃれ。

Img_8641

その、文林巷の入口付近にある『サルバドール・カフェ』へ。
入口から、ビール片手に談笑する欧米のお客さんが。

この『サルバドール・カフェ』は、アメリカ人3人と日本人1人の
4人のオーナーで作ったカフェ。オープンして5年、店内は賑やか。

店内は、和風なインテリアに欧米の方が座りやすいテーブル席。
ネットもできて、長時間パソコン作業をしたい人にも向いている。
この席でまずは、コーヒーをいただきました。1杯10元とお得感。

Img_8831_2

以前、昆明に住んでいたライター・コンドウさんの紹介で、
唯一の日本人オーナー・オカノさんにお会いしてお喋り。

Img_8644

訪れた時間が夜だったので、ここで夕飯もいただきました。
トマトソースのパスタに、チーズを乗せて40元。
欧米人向けの嗜好のためか、麺は緩めだけど量が多くて満足。
『ラオスビール』と一緒に楽しませていただきました。

オカノさんは、カフェのオーナーというだけでなく、
鍼灸師の資格もお持ちで、今はこちらでも大忙しだとか。
多才なだけでなく、お話が上手でお客さんへのサービス、
従業員が向上する職場作りにも色々貢献されています。

なので、ここで働く従業員の子達は笑顔で親切。
繁盛の決め手はこういうオーナーの気配りにあるのでしょう。
昆明へ来る日本人には、お勧めしたいくつろぎのカフェです。

『サルバドール・カフェ(薩爾瓦多珈琲館)』
昆明市文林街文化巷76号 0871-5363525

Salvador's CAFE http://www.salvadors.cn/

こうして、コーヒー好きにはたまらない、
昆明のコーヒータイムは賑やかに過ぎていくのでした。

上記2店は、翠湖を挟んで対角線にあります。


大きな地図で見る


余談:

Img_8564

昆明で泊まった宿は、質素な暖房いらずのユースホステル。
一番安い8人部屋のベットで1泊30元。ベットは綺麗で
インターネットの使えるカフェも併設されていてなかなか。

日本人・欧米人のお客さんで溢れかえって賑やかでした。

昆明大脚氏国際青年旅舎 http://www.cloudlandhostel.com
篆塘公園南側の「篆塘路(ZhuanTangLu)」を入ると左に見えます。

「篆塘路」という名前のバス停が西昌路にあって空港直行の
52路バスもあるのですが、同じ名前のバス停があちこちに
点在していて、一苦労。これは昆明市に物申したい!!

bell 海外生活ブログ村 「北京情報」部門1位獲得crown
↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

|

« 国境"歩いて"ベトナムへ3(中国・河口-ベトナム・ラオカイ) | Main | 雲南省・昆明の『滇池』で『少数民族博物館』にたそがれ。そして・・・北京へ »

中国国内旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/47360666

Listed below are links to weblogs that reference 雲南省・昆明の『Q'sCAFE』と『サルバドール・カフェ』でゆったりコーヒータイム♪:

« 国境"歩いて"ベトナムへ3(中国・河口-ベトナム・ラオカイ) | Main | 雲南省・昆明の『滇池』で『少数民族博物館』にたそがれ。そして・・・北京へ »