« 完全凍結の『后海』で氷上散歩♪in北京開き直って冬堪能 | Main | 陝西省楊凌探訪記:「農業」と「エコ」と「排出権」。 »

『萬菜(VINZAI)』でほっこり料理in北京凍る冬の夜にぬくもりを

Img_8892

やっと行ってきました。
バブル会のMさんが、「しっぽりと語りましょう」と開かれた
「プチ・バブル会」。今回は、某大手食品会社の駐在員さん、
某大手研究所の駐在員さんと、4人で隠れ家小料理店へ。

その名も『ほっこり料理 萬菜(バンザイ)』

Img_8878 Img_8880

店内に入ると、とってもジャパニーズテイスト!
そして、カウンターとテーブル2つしかないお店は、
テーブル席利用時には予約しないと確保できないよう。

予約を入れると、こんな可愛いメッセージが・・・

「ほっこり料理」は、店長・オノさんの手作り料理。
昨年3月頃、別のお店でお会いして名刺をいただいていたのに、
今頃の来店になってしまいました。ということでご挨拶を・・・

Img_8882

メニューはお手ごろ価格でおいしそうな和風料理がずらり。
先に頼んだ「イシモチ」は、お店の入口で干したものだとか。
北海道の人間として、こういう焼き魚は嬉しいですね。

このほか、肉じゃがにモツ煮、懐かしい家庭の味がずらり。
「このモツ煮、おいしいから・・・おかわり!!」となる始末。

Img_8910

そして、メインディッシュのお鍋。
トマトベースの洋風鍋を頼み、ワインも一緒にいただきました
ワインは、お店のこだわりで「楽しく気軽に飲める値段に」と、
ほとんどすべてが1本200元以下。注文はオーストラリア産175元

お鍋は、店員のハセガワさんが最初から最後まで作って、
一人一人に上手によそってくれました。この間、皆さんで
かわいらしく働くハセガワさんに突っ込む突っ込む・・・。

で、盛り上がった我々、もうすぐ北京に来て6年となるという
彼女のために「よおし、特別バブル会を開こう!!」という運びになり、

実現することになりました(笑)

北京の輪って、こうして広がっていくのですね。

何はともあれ、この狭い空間で、料理と店員さんとゲストが
一体になって盛り上がれる所が、このお店の魅力ですね。

ご馳走様でした。

余談ですが、今日1月27日は「本番・バブルの会」
一体何人で大騒ぎするのでしょうか・・・

・・・

お店紹介

Img_8875
※にっこりMさんが向こうにいる扉が「萬菜」です。

ほっこり料理 萬菜(VIN ZAI:バンザイ)
住所: 朝陽区新源南路8号
電話: 130-3111-8170(長谷川さん・小野さん) 

行き方:京城大廈から新東路方向(SOSのあるほう)へ。
左手に「MORO」と書かれた閉店したような看板の店を見たら、
その3~4軒西側、「美容室」と「成人なんとか」の間です。
看板がなくて、黄色のカーテンが奥にかかった扉が萬菜。

bell 海外生活ブログ村 「北京情報」部門1位獲得crown
↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

|

« 完全凍結の『后海』で氷上散歩♪in北京開き直って冬堪能 | Main | 陝西省楊凌探訪記:「農業」と「エコ」と「排出権」。 »

北京・お店紹介」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/47361896

Listed below are links to weblogs that reference 『萬菜(VINZAI)』でほっこり料理in北京凍る冬の夜にぬくもりを:

« 完全凍結の『后海』で氷上散歩♪in北京開き直って冬堪能 | Main | 陝西省楊凌探訪記:「農業」と「エコ」と「排出権」。 »