« 『龍抬頭』に髪を切る―成功(発展)への願掛けを中国流に!! | Main | 河北省唐山市探訪―日本語でくつろげるバー『Lee'sBar』へ行ってきた »

北京の週末は飲茶三昧-『中国芸苑』と『鼎泰豊』

Img_3613

もうすぐ春ですね。
青い空の下、元気に行進したくなる北京です。

中国の3月は通常生活ですが、日本はお別れの季節です。
3月の週末は送別がらみのイベントが多く、
「最後に飲茶(やむちゃ)!」をリクエストする方も多いようで・・・

先週は、飲茶三昧。私も満足、でした。

Img_3618

土曜日に訪れたのは、日壇公園南沿いにある『中国芸苑』
門の中にひとたび入ると、そこはかつての宮廷か?

Img_3620

個室も立派。今日はここに7人が集まって会食しました。

Img_3631

飲茶は、一つ一つが小さく少ないので、
たくさん頼んでしまいます。
包子やシュウマイ、餃子に限らず麺やお粥、野菜もありました。

Img_3624
エビ蒸し餃子。幸せ~。

Img_3629
大根餅。健康にいいかも~。

Img_3638

食事後、庭の中を散歩。
ここでも優雅にお茶と飲茶を囲めそうです。

日壇公園は1530年建造。 明・清両時代の皇帝が
春分の日の朝、太陽神を拝むために作られました。
今の季節にもってこいの場所ですね。

春分の日、ここの庭で飲茶を嗜みながら太陽を拝んでみたら、
また北京の悠久の歴史に触れられそうな気分です。
・・・違うか?

お店紹介:中国芸苑
場所:日壇公園南門 西に50m 電話:010-8562-8698


大きな地図で見る

cherryblossom cherryblossom cherryblossom

次の日も、送別会。

Img_3711

訪れたのは、北京で一番と言っていいほどの有名老舗。
日本は東京にもある『鼎泰豊』。

こちらは更に老舗の1号店。立地条件から、2号店の
「新光天地」にあるお店の方には2,3回行ったことがあるのですが、
1号店は初めて。広い店内にたくさんのお客でにぎわっていました。

Img_3714

今日は18人で集まったので、個室に2テーブル。

Img_3724

どんどん運ばれる飲茶は・・・小さな肉包子に餃子、えびシューマイ。

Img_3720

Img_3722

どれもこれも、おいしくて、ついついパクパクいってしまいます。
小さいからって油断すると、たくさん食べ過ぎてしまって太るのに。

しかも極めつけは、これだ!!

Img_3741

ドドーンッ!! と積み上げられた「かき氷」。

寒い冬にはぴったりの、デザートです。

デザートというタイミングで注文するものですが、
これを食べたら、その後に外に出るのが嫌になります。

お店紹介:鼎泰豊(DingTaiFeng)
【1号店】 住所:北京市朝陽区新源西里中街24号
       電話: 010-64624502 (漁陽飯店を更に西)
【2号店】 住所:朝陽区建国路87号華貿中心 新光天地6階
       電話: 010-65331536

営業時間:10:00 ~ 21:30(土日は22:00まで)
ホームページ:http://www.dintaifung.com.cn/


大きな地図で見る

送別会に歓迎会、誕生会に交流会など、
北京ではみんなで飲茶を囲むことも多いです。

2人程度でも行けるので、ちょっと時間のある時に、
飲茶食べ歩きをしても面白いかもしれません。

・・・太るけど。

↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

|

« 『龍抬頭』に髪を切る―成功(発展)への願掛けを中国流に!! | Main | 河北省唐山市探訪―日本語でくつろげるバー『Lee'sBar』へ行ってきた »

北京・お店紹介」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/47835453

Listed below are links to weblogs that reference 北京の週末は飲茶三昧-『中国芸苑』と『鼎泰豊』:

« 『龍抬頭』に髪を切る―成功(発展)への願掛けを中国流に!! | Main | 河北省唐山市探訪―日本語でくつろげるバー『Lee'sBar』へ行ってきた »