« 朝から豪快ステーキ!北京・建国門でアメリカンスタイルな朝食を | Main | 第10回茶旅読書会開催のお知らせ―中国のインターネットについて語りましょう! »

北京ワイン会―胡同の隠れ家イタリアン『PaletteVino』で開催

毎月1回のペースでワイン好きが集う『北京ワイン会』。

以前は、日本人の土佐男児が経営する『Igosso』で開催
されていたのですが、現在移転準備中のため、これまた
主宰のQさんが大好きなワインたっぷりのお店が会場です。

Img_4116

その店の名は『PaletteVino』(パレットビノ)。

東四十条から后海まで続く胡同(かつての城下町の通り)
の街にあって、昔ながらの建物が続くその通りにあります。
その胡同をイタリアンレストランにしたお洒落なお店です。

Img_4119

胡同は、いくつかの小さな住居が一つの区画の中にあります。
レストランの門も垂下門。ここをくぐると、中庭と幾つかの建物。

Img_4165

やっと、突き当りのメインの店舗に入ると・・・ワインでびっしり!
これは確かにワイン好きにはもってこいですね!

そして、この第71回ワイン会の趣旨は、毎回変わらず
主宰のQさんがセレクトした5種類のワインを飲んで、
どのワインがおいしかったかを好き好きに選ぶ
という簡単なもの。

Img_4125

というわけで、テーブルには一人につき5つのワイングラス。

参加者は常に12人(先着順)。
大使館員さん、総経理さん、マスコミさん、駐在員さん、奥さんと
幅広く北京で活躍されている方々が顔を揃えるので、話題も豊富。

Qさんが、皆さんに満足してもらえるようなワインを選ぶので
参加費もちょっと高めの350元ですが、本当にすごいワインが
並んでいて、高級な味わいの嗜好品として優雅に楽しめます。

で、この5種類のワインは毎回テーマを決めてセレクトされます。
今回のテーマは「スペインワイン特集」。
全部スペインの地方、スペインの生産者が作ったワインです。

Qさんがセレクトしたワインの生産地・生産者・葡萄品種などを
レジュメ
にまとめて渡してくれます。

このレジュメを読みながら、今口に運んでいるワインがどこで
どのように誕生し、どのようにしてワインになっているのかを
想像すると、それだけでもワインの世界の奥深さを感じます。

Img_4163

さらには、PaletteVinoのシェフが作り上げるイタリアンのコース。
ワインをさらにおいしくしてくれます。しあわせ~♪

・・・これはメインディッシュのお肉ですが、
他の参加者の皆さんは、この時点でワインが飲み干されてました。
一定量を超えるとすぐに寝てしまう私は、
寝ないようにせっかくのワインを大事に味わうために、温存。

この写真もおかげさまで、ワインをバックに添えられました。

しかし、そのそばにいた完飲の皆さんからはすかさず、
「残したら勿体無い!!」 というお言葉が・・・

飲み干して寝てしまうのも勿体無ければ、飲み残しも勿体無い。

ああ、もっとお酒に強い体質になりたい!!

wine wine wine

最初に注がれた時と、最後に食事を終えた時に、
「何番のワインが一番おいしいと思いますか?」
と、アンケートを取ります。

最初の投票数と、最後の投票数が変わるのが常で、
今回は、最初が1番&2番に4票、3番と4番が2票。
最後は、1番が4票、2番&3番が3票、4番が2票。
でした。

欧州の中でも発展途上のイメージがあるスペイン・イタリア等の
「南欧」は、値段の安いワインを「陽気にがぶ飲み」するイメージ

だったのですが、Qさんによると最近は生産者が増えレベルも
上がるにつれて、高級志向になりつつあるとか

それでも、値段はまだまだお手軽なので、
「安く、高級志向でワインを楽しむ」にはスペインがお勧めだそうです。

国際関係や国家情勢なども背景に詰まっているワイン談義
本当に奥が深いですね。

Img_4167

今回セレクトされたワイン(右から)。
1.ALION'05 Ribera del Duero
  (生産者Alverez)       750元
2.PINTIA'05 TORO
  (生産者Alverez)       600元
3.Alvaro Palacios Villa du Corullon'04
  (生産者Alvaro Palacios)   850元
4.Bodegas Chivite Coleccion 125 Resarva'01 
  (生産者Bodegas Chivite)  550元
5.Gago Cosecha Vino Tinto'01
  (生産者Telmo Rodoriguez) 430元

1.2.5.は「天ぷらニーリョ」という品種の葡萄100%で、
3.4.は「メルロー」や「カベルネ」もブレンドされています。
ブレンドされている方が、甘い味がしました。

お店紹介:PaletteVino
住所:北京市東城区東四十一条5号
電話:010-6405-4855
営業:14:00~23:00、(金~日は翌1:00まで)
参考URL:http://www.chainavi.jp/beijing/user.html?sid=5218365

交通:バス115路や118路などで『東四十条』下車。
行き方:

   Img_4104

   バスを降りちょっと東に歩き「東直門南小街」を北へ曲がる。

   Img_4107

   イスラム系料理店が見えてきます。おいしそうな
   羊肉串のにおいが漂ってきますが、我慢してその角を左折

   Img_4115

   すると、またまた「串」のマークにぶつかりますが
   それも我慢して隣の看板のお店に入ってください

   その先には、おいしいワインと、お料理が待っています

   
大きな地図で見る

   たっぷりワインを飲んでの帰り道。

   Img_4174

   我が家の前にも「串」の文字が光っていました
   でも、この「串」はトンボみたいに尾が長い・・・

↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

|

« 朝から豪快ステーキ!北京・建国門でアメリカンスタイルな朝食を | Main | 第10回茶旅読書会開催のお知らせ―中国のインターネットについて語りましょう! »

北京・お店紹介」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/47893933

Listed below are links to weblogs that reference 北京ワイン会―胡同の隠れ家イタリアン『PaletteVino』で開催:

« 朝から豪快ステーキ!北京・建国門でアメリカンスタイルな朝食を | Main | 第10回茶旅読書会開催のお知らせ―中国のインターネットについて語りましょう! »