« 【動画】中国で見つけた「ロハス村」~広西チワン族自治区・巴馬瑶族自治県 | Main | 毛沢東の生家へ-湖南省韶山:中国共産党のメッカ巡礼2 »

毛沢東の生家へ-湖南省韶山:中国共産党のメッカ巡礼1

湖南省韶山(ShaoShan)は、毛沢東が産まれ育った町である。

このため、観光地として一躍有名になったこの場所だが、
いつの間にか中国一の指導者にあやかろうとする
党員たちが訪れ、お祈りをする巡礼地
となったようだ。

それはまるで、あのイスラム教徒のメッカのように。。。

ともなると、この国に暮らす身として、外国人である私も
一度くらいは巡礼にいってみないと気が済まなくなるものである

たとえそう思うのが、私くらいであっても。。。

・・・

3月7日早朝。バスケット大会を終えた故人北の方広州を辞し、
煙火三月湘江にくだることになった。

Img_3228_2

6時半に、花園酒店前のバス停に停まる南駅快速バスで30分、
広州南駅に到着。2日前に購入したチケットは用心し過ぎて8時発。

時間が勿体ないので、切符売り場で始発の7時半発に変更してもらう。
これなら、2日前に広州駅で行列してまで頑張る必要なかった

Img_3231_2

09年12月に開通した武広高鉄(新幹線)は、最高速度340キロ。
遅れることなく順調に9時57分長沙南駅へ到着。

下調べでは、ここから市内バスに乗って長沙南『バスターミナル』へ
移動して、このターミナルから韶山行きのバスに乗り換える。

そんな情報を頭にインプットしていた私。
市内行きのバス乗り場へ行こうと表に出ると、

反対側に『長距離都市間バス』という標記を発見。

「?」 そこには、『韶山』の文字もあるではないか!!
しかも、1日2本というのに、その1本は『10:20発』とある。

馬上出発(すぐの出発)だ!!
これはもしかして・・・ラッキー!ってことで、いいの!?

即座にチケットを購入すると、確かに『韶山』と書いてある。
これで、ダイレクトで韶山へ行けるなんてありがたい!!

いざ、韶山!! さっそく、バスを探すが・・・

Img_3276

・・・これですか? 他の行き先のバスより小さいんですけど。

しかも乗客は1人ですか(廃線にならないことを願う)。

乗り込むと、乗客1人におっちゃん乗務員が3人(汗)もいた
運転手、車掌さん、このバス会社の社長さん、だそうです。

狼のようなおっちゃん達に、羊のようなか弱い?外国娘。
ちょっと怖かったので、持参した本を読んで視線を遮っていると、
おっちゃん達が、興味津津な態度で質問タイムに突入してきた。

「どこ人だ」「結婚してるのか」「給料はいくらだ」

アメリカならすべてセクハラで訴えられるって、今ここで読んでる
犬も歩けば英語にあたるという本に書いてますよ。
中国人とアメリカ人、日本人から見ると似ているところもあれば
まったく逆のところもある。お国違えば、マナーの認識も千差万別。
本と実践が近くでリンクして、自分の中で妙に楽しんでいた。

ある程度の質問タイムが終わると、私は再び読書タイム。
すると車掌から運転手から、本をひょいと取り上げて
「お、ちょっと見せてくれよ。これは看不ドン(わからんな~)」
とくる始末。本当に皆さんひとなつっこいようです。

そうこうするうちに長沙西バスターミナルで乗客が増え、
ほぼ満席状態で高速に乗り、2時間走り続ける。
午後12時半前には、順調に韶山バスターミナルへ到着した。

ターミナルの敷地内に停まると、
このバスにぴたーっ、と小さなミニバスが横付けしてきた

「毛沢東故居(生家)へ行く人はこれに乗ってください」

なんと驚いた。これは便利。たった一歩の乗り換えである。
さっそく2.5元を払って乗車すると、車掌のお姉ちゃんが
毛沢東故郷地区ツアーの宣伝にやってきたので、「不要」と回答。
さっきの韶山行きのバスでも、バス会社の社長という人にも、
「你打遊マ?(ツアーチャーターするか?)」といわれたけど、
かなり観光地化している模様である。

一言断ると、それ以上何も言わず、数人の乗客を乗せてスタート。
バスに乗ること10分。あっさりとバスは毛沢東故郷地区へ。
予定では、今頃長沙南バスターミナルから出発するくらいだったから、
つまり、3時間は早くスケジュールが進んでいるということだ。

時間に余裕ができれば、心にも余裕ができる。
ここ中国では、心を落ち着かせることが大事なのでこれは嬉しい。

これはいい気分で観光できるぞ~♪

と、思っていた自分があまかった。

バスは『毛沢東故居』の看板を通過してしまった。

Img_3394_2

「過了、過了!!(過ぎた、過ぎた!!)」。
思わず叫ぶと車掌の姉ちゃん、
「ご飯食べた? → 先にご飯食べる場所へ行きます」

「不要、お腹すいてないから」
と、言うも、
「没問題!!」 バスは止まらずに走り続ける。

いらないってのに。。。困ったなあ。と、思っていると、
ある程度走ったところで幸い他の乗客が降りたので、
一緒に便乗下車。ふう、助かった。

でも、目的地からかなり遠のいちゃったよ~やれやれ。

ひとまず時間は余裕があるので、のんびり散歩しながら
生家を目指すことにしましょうか。

Img_3294_2
(降りた所は学校入口。高台にある校門前から故郷を一望できた)


中国旅の鉄則
1.予期せぬことがよく起こるので、時間に余裕を持たせること。

今の所は、還可以(ひとまずOK!)である。

↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

|

« 【動画】中国で見つけた「ロハス村」~広西チワン族自治区・巴馬瑶族自治県 | Main | 毛沢東の生家へ-湖南省韶山:中国共産党のメッカ巡礼2 »

中国国内旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/47802371

Listed below are links to weblogs that reference 毛沢東の生家へ-湖南省韶山:中国共産党のメッカ巡礼1:

« 【動画】中国で見つけた「ロハス村」~広西チワン族自治区・巴馬瑶族自治県 | Main | 毛沢東の生家へ-湖南省韶山:中国共産党のメッカ巡礼2 »