« May 2010 | Main | July 2010 »

北京でワールドカップ観戦しましたinDX!CafeBar

Hi3g0110

サッカー・ワールドカップin南アフリカ大会
たった今、日本は「プレトリアの死闘」の末、
PKでわずか1本の差に涙を呑みました…

夜10時に始まって、日付が変わって12時半。
40人の仲間と熱い時間をすごしました。

soccer soccer soccer

思えば、

6月19日 オランダ戦 (北京時間夜7時30分開始)

Hi3g0065

1-0の僅差で日本の負け。

ここで、本当にどうなるかと思いましたが、
その後、24日のデンマーク戦で根性の3-1で勝ち、
決勝トーナメント戦まで楽しませてくれました。

本当に、最後の最後まで、
見る人たちに素敵なエンタープライズを提供して
くれた日本チームに万歳!!

…私がここで見に行った時だけ「負けた」なんて
言わないでね。私のせいではありません。

お店紹介 「DX!CafeBar」
住所:建外SOHO1号楼 606号室
*スターバックスの南側にある門からエレベーターで6階へ。

mailお知らせ

北京でこのココログがアクセスできない状況が続いているので、
4月1日から「アメブロ」でもブログを始めることにいたしました。

Emmyの中国北京道中記-EmmyBroad"Band"Cast
http://ameblo.jp/emmybbc/

徐々に中身も変えていきますので、宜しくお願いします。

↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

上海万博のネタ、本番に入る前に停滞中・・・
原稿は書いてあるんだけど、写真がね・・・すみません。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本旅行購物は東京秋葉原の「友都八喜」へ

友都八喜(YouDouBaXi)=ヨドバシ。

ヨドバシカメラさんは、現在中国のお客様へ向けて
キャンペーンを行っております。

http://www.youtube.com/watch?v=G-1ft-AEavk

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【上海万博番外編】 上海万博のチケットで”お得”体験!

上海へ行くと、必ず行くことになのが、ここ。

Img_03421

浦東地区。タクシーも地下鉄も不便なので、
個人的な趣味や買い物、観光では行きませんが、
「1回くらいは見ておくべきだ」というスポットです。

そして、中でも行く価値あるのが、ここ。

Img_03431

真下からの風景。近すぎてわかりませんね・・・
「世界環球金融中心」通称・森ビルです。
101階建てで、現在の上海では一番高いビル。
08年10月に竣工されました。

実はオープン前に潜入していたりします。
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2008/10/2-bc62.html

で、お楽しみはここから。

実は上海万博期間中、万博チケットを持っていくと、
100階にある展望台見物料が1割引きになるのです

150元だった入場券が135元。まだ高いといえば高いけど、
万博チケットを持っている人が1人だけでも、
その場にいる人全員が対象になるので、
3人だったら450元が405元と、なんだかすごいお得感。

Img_03481

101階展望台。上海万博の恩恵?人でいっぱいでした。

Img_03541

ちょうど上ったのが夕暮れ時だったので、

Img_03871

次第に夜になる上海の町を堪能。

Img_03471

吸い込まれそうな摩天楼の眼下。

万博の夜、会場帰りに皆さんもお試しあれ。
いや、別の日でもいいみたいですよ。

Img_04021

こうして、上海の夜は更けていくのでした。

mailお知らせ

北京でこのココログがアクセスできない状況が続いているので、
4月1日から「アメブロ」でもブログを始めることにいたしました。

Emmyの中国北京道中記-EmmyBroad"Band"Cast
http://ameblo.jp/emmybbc/

徐々に中身も変えていきますので、宜しくお願いします。

↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【上海万博番外編】上海の町は「海宝」に埋め尽くされていた…

Hi3g00391

上海万博期間中の上海には、マスコットキャラクターの
青リーゼント野郎 「海宝君」がいーーっぱい。

私が来た日(6月16日)は、開催47日目だそう。
この日まで、中国は端午節という3連休なので
人手は多いだろう、と自他ともに認め(?)、
万博見学は翌日に変更。先に、上海の街中でこいつ
海宝君を探すことにする。
 
Hi3g00401

地下鉄の構内にも、大量の海宝君がうじゃうじゃ。

Hi3g00501

地下鉄を出て地上に上がっても、てっぺんにちょこり。

Img_03311

シンクロナイズドスイミング?

Hi3g00511

あちこちの植え込みが、海宝君型に刈り取られています。

Hi3g00541

でもって、こ、これは…
5年前、日本のあっちこっちで見たやつらじゃないか!
これって、許可取ってるのかな…

・・・

万博期間中に上海へ行く人は、
これらの海宝君がどこにいるかを探してみましょう。

Hi3g00461

退屈そうな街角ボランティアの皆さんに聞いてみたら、
ひょっとしたら親切に教えてくれるかもしれません…?

mailお知らせ

北京でこのココログがアクセスできない状況が続いているので、
4月1日から「アメブロ」でもブログを始めることにいたしました。

Emmyの中国北京道中記-EmmyBroad"Band"Cast
http://ameblo.jp/emmybbc/

徐々に中身も変えていきますので、宜しくお願いします。

↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

| | Comments (2) | TrackBack (1)

上海万博へゆくっ -北京で入場券を購入する・・・一例

ひょんなきっかけで、上海へ行くことになった。


「せっかく上海へ行くなら万博でも見てきなよ」
「おー、そういえばそんなのがありましたね」


そうそう、上海万博といえば、
あの青リーゼント野郎がウルムチにも南寧にも
突っ立っていて存在感を醸し出していたあれか。


では、せっかくなのでちょっくら行ってみようかな?
的なゆるさで決めたのだけど・・・

そんな私が甘かった。

「入場までに1時間かかる」
「日本館は6時間並ぶ」
「直射日光を遮る場所がない中歩きまくる」


などなど、入ってくる情報は「酷」なものばかり。
相当な心構えが必要であることに今更気付く。

これは周到に準備しないといけないのだけど・・・

まずは対策として、

「朝9時の入場前には到着しておく」
「日本館に入りたいなら、一番近い4番ゲートから入る」

そして、

「入場券はあらかじめ北京で買っておく」

上海では、ローソンやファミマなどのコンビニで
購入することができるそうだけど、
北京では、郵便局で販売しているとのこと。

なんで、郵便局なんだろう・・・ま、中国だからな。

北京には、大小合わせて郵便局がごまんとあるけど、
小さい所では、まず売っていないと判断。

北京市内最大級の「建国門駅そば郵便局」へ行ってみる。

すると・・・

「没有。北京駅の郵便局にありますよ」

判断ミス・・・(泣)

建国門駅と北京駅は、地下鉄で一駅。
わざわざ乗るのも勿体ないので、歩いていくことに。

んで、北京駅の郵便局って、どこよ~~!

などとぼやきながら駅前に行くと、いきなり目の前に
どでかいユースホステルの看板と郵便局の看板が
並んだ建物を発見!! しっかりと、駅正面でした。

Hi3g0024

「上海世博会的票(上海万博の切符)は7番窓口です」

ぶっきらぼうな店員さんに言われるまま7番窓口へ。
列には1人だけ並んでいるので、すぐに順番が来るだろうと
踏んでいると・・・なぜか前のお客さんが購入しているのは

「飛行機の切符」

ここの7番窓口、飛行機の切符と上海万博の切符を売る
窓口なんですか―――!!!?

「今、この人の機票(飛行機チケット)を発券しているから
並んで! 20分ほど待ってください」
「に、20分~~!?」

というか、
なんで郵便局で飛行機のチケットを売ってるの?
ま、ここは中国だからな。

窓口には1人しかいないし発券機も1つしかないので、
待つしかない。係員さんはテキパキやっているのだけど
物理的に時間がかかり、やっぱり20分ほど待たされて、
やっと入場券を購入できました。

Hi3g0027


ま、並んでいたのが私一人だったことは幸い。

これで、5人くらい行列ができていたら1時間待ちは確実で、
それこそ、上海万博の予行演習になったんじゃないかな?

しかし、端午節3連休の前日にして、
少ない販売所で万博のチケットを求めていたのが1人とは、
いかにこれが上海地区だけのお祭りかということが
伺えるような気もしなくもなく・・・。

ともあれ、無事にチケットを入手したので、
16日は朝上海駅に夜行列車が着き次第、
地下鉄4号線→6号線で会場まで直行します。

いざ!万博!!

しかし、切符買うだけで疲れた~~~。
こりゃ、本番は思いやられるな。(ぼやき)

mailお知らせ

北京でこのココログがアクセスできない状況が続いているので、
4月1日から「アメブロ」でもブログを始めることにいたしました。

Emmyの中国北京道中記-EmmyBroad"Band"Cast
http://ameblo.jp/emmybbc/

徐々に中身も変えていきますので、宜しくお願いします。

↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

| | Comments (1) | TrackBack (1)

”21年後”の、あの場所へ・・・

Img_9870

もーーー!!!

このココログブログが相変わらず北京で開けないので、
思いっきり書いてしまいますよぉ。

昨日といえば、中国のことを少しでも知っている人なら
知るぞ知る、例の事件からちょうど21周年。

昨年20周年の時にも私はここを訪れていたのだけど、
安全検査の入口で写真を撮ったら、ゲートを通る前に、

「パスポートを出してください。なんでここにいるんですか」
「観光に決まってるじゃないですか!!」
「さっき、撮った写真を見せてください。ここ(安全検査)の
写真は消してください」
「いいですよ。(こんなの消しても勿体なくないし)はい」

なんてやりとりをしたことを思い出しました。

で、今年は検査の前では写真を撮らず、
普通に鞄を安全検査機に通して、ゲートを通過。

前に並んでいた男性が身体検査を受けていたので、
あいているおばさんの前に立ったら、
「あんたはいいよ。行って行って」とすんなりGOサイン。

検査機の前で写真を撮らなかっただけで、
こんなに簡単に通過できるものなんですね・・・

広場の中は、普通の観光客、普通の団体ツアー、
普通っぽく見えない一人身のおっさんやお姉さん、
普通でない公安のパトカー隊、そして赤い傘の軍団。

一見ただの、だけどどこか物々しいにおいのする観光地。
21年前のあの場所にいた人は、連日の炎天下、
お風呂に入っていない学生が密集したあのにおいを
忘れられないと言っていたけど、きっとここに立ったら、
そのにおいとともにあの情景を思い出すことでしょう。

何事もなかったかのように佇んでいたけど、
未だ祖国に帰ることができず、海外で祖国の流れを
見守っている人々に、早く平穏な日々が戻ってきますように・・

Img_9880

あれから21年、時は既に上海万博。
開催35日目で、入場者数は900万人を突破したようですが、
当初の予定より少なめなので、市民に動員をかけるのだとか。

写真・情報ともにしゃおりんさん
「北京メディアウォッチ」ブログの方が豊富にそろっています。
http://pekin-media.jugem.jp/?eid=892

mailお知らせ

北京でこのココログがアクセスできない状況が続いているので、
4月1日から「アメブロ」でもブログを始めることにいたしました。

Emmyの中国北京道中記-EmmyBroad"Band"Cast
http://ameblo.jp/emmybbc/

徐々に中身も変えていきますので、宜しくお願いします。

↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

| | Comments (1) | TrackBack (2)

四川大地震2周年 当日 記念!?新幹線開通!!

5月10日

成都のホテルにチェックインした私が目にしたのは、

「5月10日 快鉄開通」

と書かれた時刻表の張り紙だった。

お!! これ、使えるかな?

被災地である都江堰を12日に訪ねようと思っていた私。
昨年は、12日の朝、バスターミナルからバスに乗っていったものの
大渋滞に見舞われて断念した苦い経験から、事前準備をと購入を決行。

11日午前、張り切って成都駅へ。
ここで切符を買えたら、明日の朝、のんびりと都江堰へ。
昨年のように都江堰を訪ねる人達によって既に完売だったら、
今日から荷物をまとめて行くことを心に決め、いざ券売機へ!!

初めての券売機に戸惑う人たちで
行列の進みはかなりゆっくり。やっと私の番が来ると・・・

「朝一の便、完売。10時半発、残り有り」

だった。

やった!晴れて切符を入手。

・・・

しかしその夜。
ネットで四川省周辺のニュースをチェックしていると、

「明日12日。快鉄開通」

というニュースが出てきた。

??? 10日じゃなかったの!?

どっちが正しい情報なのか?
すべては明日になったら分かるか?

というか、

「マスコミ=12日 地元の人たち=10日」

これって、中国によくありそうな「情報操作」だろう・・・
という構造が成り立っていることを先に察したので、
あまり気にしなかった。

・・・

そして、やってきました12日。

成都駅に設けられた「快鉄専用入口」から中へ入り、
階段を上がって、2階の待合室から専用の入口を探して通る。

切符は服務員が鋏を入れる。
新しい列車は得てしてホームが遠く、この駅も例外にあらず。
走る、走る、走る、5番ホームは一番奥!

間に合って、ホームへ降りると、いかにも「今日開通」らしき
取材陣がいっぱいいて
、服務員にインタビューなどしたり、
列車の先頭を撮影したり。お客さんも記念写真に忙しそう。

自分の席を見つけて、座る。2人掛けの窓側。
前に座ったおばさんが話しかけてくるけど、四川語でわからない・・
「すみません、北京から来たので四川語がわからないです」
おばさんの隣にいた娘さんらしき人が普通語に通訳してくれた。

少しおしゃべりをしながら、列車は出発。

そばでは、たくさんの人たちが窓の景色を見たり、撮影したり、
はしゃいでいたりして、うるさいうるさい。
中には、席の番号と違うところに座っている人がいて、
本来の番号を持っている人が抗議して喧嘩している場面も。

ひたすら、うるさい、うるさい、うるさい。
日本の新幹線ではありえない。

「屣蒲(シープー)駅」で、なぜか大量にお客さんが乗ってくると、
車内の騒音は輪をかける。や・・・やかましーーーっ!!

そして、次の「郫县(ピーシェン)西駅」で停車すると、今度は
何のトラブルか、列車が動かなくなる

なんだ!?なんだ!? 
アナウンスが流れるが、周囲のやかましい騒音でまったく聞こえない。
服務員が、通路に立っていた「立ち乗り」らしきお客さんに
話をしている。お客さんは、大声で怒鳴り返して抗議している

「あの人たち、どういう人たち?」
向かいの娘さんに聞いてみると、
「切符を持っていない人たちみたい」

シープー駅で乗ったお客さんの中に、切符を買っていない人がいた模様。
確認しましょうよ・・・

結局、20分くらい待たされて、列車はスタート。
予定より20分遅れて11時25分に都江堰駅に滑り込んだ

やれやれ・・・

この混雑、先に帰りの切符を買っておいた方がいいかもしれない。
と、券売機のところへ行くと、これまた行列できてない人たちが
我先に、と慣れないタッチパネルを叩いている。

やっと私の番(というより、割り込んでくる人に「排隊(並べ)」と言いまくり、
掻き分けていたら券売機の前に来られた、という感じ)が来て購入。

「17時46分発、成都。1枚」

ボタンを押してお金を入れようとすると、脇にいたおっさんが
「俺も成都までのを買いたいからもう一枚買ってくれ」と来る。

「残念でーす。もう、購入は終わりました。並んでください!」

切符取り出し口に切符が落ちてきて、購入が終わったというのに、
「買ってくれ、買ってくれ」としつこいおっさんを無視して、外へ。

4路、10路、13路 のいずれも、都江堰の観光地までが終点。
先にやってきた4路バスは、これまた「我先」人間が大量に入口を
ふさいでいたので、次に来た10路バスに乗る。座れる。

やれやれ・・という思いもあったけど、
出来立ての列車は綺麗で、被災地の復興風景なども
見ることができたので、良かったとしよう。

翌日の新聞には、しっかり一面トップでこの話題が掲載されていた。
もちろん、悪いことは何一つ書いていなかった。

mailお知らせ

北京でこのココログがアクセスできない状況が続いているので、
4月1日から「アメブロ」

でもブログを始めることにいたしました。

Emmyの中国北京道中記-EmmyBroad"Band"Casthttp://ameblo.jp/emmybbc/

徐々に中身も変えていきますので、宜しくお願いします。

↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« May 2010 | Main | July 2010 »