« 「夢の扉」地球環境の危機と戦う「エコ・アセット」青木社長と中国4000キロの旅に出ました | Main | マスコミは何を伝えないか--メディア社会の賢い生き方(下村健一著) 制作者にも視聴者にもわかりやすい解説書 »

日本で過ごす5年ぶりの年越しとは・・・

20100403kashi

今年の思い出の旅先:
新疆ウイグル自治区のカシュガルにて

・・・

これまでの人生で年越しを迎えた場所を、
”暖かい場所の順”に並べるとこんな感じ。

海南島(09年→10年)
※ダントツ!!…だって30度あったんだもん。

四川省成都(08年→09年)
※雨降っていたのに、暖かかった。

愛媛県(04年→05年
※雪が降っていなければ成都より暖かかったと思う。

長崎県(03年→04年
※泊まる宿がなく長崎駅で野宿?したので寒く感じたのだと思う。

東京都(数年
※人生で、極めて平均的な場所だと思ってます。

群馬県(やはり数年
※風さえなければ・・・

長野県(84年~87年
※神社が向かいにあったので、毎年外で年を越していた。

山東省泰山(07年→08年
※標高1545メートル!!

北海道札幌市(01年~03年
※元旦の夜泊まった置戸町はもっと寒かった…

北京(06年→07年
※ダントツ!!…でもそういえば、たった1回だけなの?

・・・

と、いろんな経験をする中
いろんな場所でお正月を迎えて来たのですが、

今年→来年の年越しは、

5年ぶりに群馬県で迎えます。
とはいえ、1泊だけのとんぼ返りで、
1月2日からまた仕事という、
中国となんら変わりのない新正月ですが…

こうして並べてみると、群馬県は寒い方なんですね。
天気予報を見ると、大体東京よりも2度~3度は低いので、
同じ関東地方とは思えません(東京の人もそう思っているかも)

昔は国道17号線沿いに住んでいたので、
どっかのテレビ局で中継する実業家駅伝を、
沿道から応援していたものです。

Img_3780

で・・・前橋県庁前でゴールシーンを応援しました。


・・・

そんな訳で、
今年は、日本に拠点を戻して初めてのお正月です。

9月に、今の職場での仕事が始まり、
12月に、デビュー作を放送し終えました。
http://www.tbs.co.jp/yumetobi/backnumber/20101205.html

そんな訳でお正月はのんびり…と、思っていたのですが、
12月5日の放送を終えたと同時に、2本目の取材を開始、
年を跨いで1月末に放送することになり、
気持ちは「ゆっくり正月気分」とまでいかなくなりました。

でも、せっかく日本で久しぶりに過ごすお正月なので、

年賀状を作成しようと考えたり、

家に鏡餅を供えてみようとか、

年越し蕎麦を食べようとか、

おせち料理を食べようとか、

ついでにお雑煮も食べたいなとか、

姪にお年玉をあげてみようとか、

初詣にどこへ行こうとか、

「日本らしいお正月」を、色々と
思い出しながら計画を立ててみています。


そして最後に、思いだしました。


今年1月に祖母を亡くしたことを・・・

つまり、「喪中」です。

ごめんね、おばあちゃん・・・


上記、いくつかは中止です。


31日まで仕事をしてから、短い「喪中」のお正月を過ごします。

皆様、よいお年を!

PS.

もうひとつ、大切なことを思いだしました

来年は、ワタクシ・・・

Usavich2


年女です。


mailお知らせ

北京でこのココログがアクセスできない状況が続いているので、
4月1日から「アメブロ」でもブログを始めることにいたしました。

Emmyの中国北京道中記-EmmyBroad"Band"Cast
http://ameblo.jp/emmybbc/

徐々に中身も変えていきますので、宜しくお願いします。

↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

|

« 「夢の扉」地球環境の危機と戦う「エコ・アセット」青木社長と中国4000キロの旅に出ました | Main | マスコミは何を伝えないか--メディア社会の賢い生き方(下村健一著) 制作者にも視聴者にもわかりやすい解説書 »

日本生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。
ご無沙汰しております。
今年は、TBSでのお仕事など、これまで以上にご活躍の年だったのではないでしょうか。
次回は1月末の放送だそうですね。
楽しみにしています。
やはり、知っている方の番組だと応援したくなってしまいます。
短い休みのようですが、どうぞ良い新年をお迎え下さい。

PS:先日北京に出張した際に、しゃおりんさんとやーうぇんさんとお食事をご一緒させて頂きましたよ。

Posted by: 小西克巳 | December 31, 2010 at 08:47 AM

小西さん
ご無沙汰しております。
北京へ行かれていたのですね、寒かったのでは・・・

来年のことを言うと鬼が笑うかもしれませんが、
今年は激変の一年だったので、来年は
もう少し、年齢相応の動き方ができればと思います。

Posted by: koma | December 31, 2010 at 09:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/50445401

Listed below are links to weblogs that reference 日本で過ごす5年ぶりの年越しとは・・・:

« 「夢の扉」地球環境の危機と戦う「エコ・アセット」青木社長と中国4000キロの旅に出ました | Main | マスコミは何を伝えないか--メディア社会の賢い生き方(下村健一著) 制作者にも視聴者にもわかりやすい解説書 »