« マスコミは何を伝えないか--メディア社会の賢い生き方(下村健一著) 制作者にも視聴者にもわかりやすい解説書 | Main | TVF2011(東京ビデオフェスティバル)で優秀作品賞受賞!! »

夢の扉:駒崎弘樹さんの「待機児童問題、病児保育問題への取り組み」をご紹介しました

『夢の扉』 2011年1月30日放送は、
http://www.tbs.co.jp/yumetobi/backnumber/20110130.html
※バックナンバーページに格納されたので、リンク変えました。

「日本の保育環境を変えて
仕事と育児の両立が当たり前の社会を実現したい」

という目的のために日々努力し続ける、
NPO法人フローレンス代表の駒崎弘樹さんを紹介しました。

私が駒崎さんを最初に知ったのは、友人が紹介してくれた1冊の本。

「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方

子どもが熱を出すと、保育園では預かりを断る…という話、
実際に子どもを持たない私は知りませんでした。

更に、預かりを拒否されても仕事を休めないお母さんの苦悩、
逆に仕事を休んだがために解雇になってしまう話などの、
理不尽な話も聞いて、

「今の日本は、なんでこうなったんだろう…」

という思いを抱えながら、

フローレンス駒崎さんの生み出した「病児保育サービス」
伝えることで、少しでもこの現実と、こうしたサービスの存在を
知ってもらえれば、という思いで取材をさせていただきました。

・・・

そして、想像以上に深刻な「待機児童問題」

公式発表では、2万~4万くらいで発表される待機児童数、

実はこれ、認可保育園に申請できた人の待機数で、
推測しきれない、申請すら出来なかったり、申請を諦めている
人の数を、厚生労働省がアンケート調査すると、

全国に85万人はいるという話!

この問題を解決するために、生み出した「おうち保育園

こちらについて、品川区のおうち保育園オープンまでを
取材させていただきました。

基本的に、駒崎さんのお話に沿って、
おうち保育園の計画からオープンまでを追いかけたのですが、

その中に、本当に発生したトラブル、解決に尽力される
駒崎さんやフローレンススタッフの皆さん、
同時に、着実にこの問題について政府へ伝え制度から
変えようとする働きかけの一つひとつが、実現につながっていくと実感しました。

その結末については・・・・

1月30日 日曜夜6時半 TBSをご覧いただけましたでしょうか(汗)

駒崎さんの著書もまた、非常に高い評価を得ています。
「夢の扉」によって、更に評価を後押しし、その本を通じて
皆さんの意識がまた問題解決への後押しになれれば、

ディレクター冥利につきます。

 

・・・


mailお知らせ

北京でこのココログがアクセスできない状況が続いているので、
4月1日から「アメブロ」でもブログを始めることにいたしました。

Emmyの中国北京道中記-EmmyBroad"Band"Cast
http://ameblo.jp/emmybbc/

徐々に中身も変えていきますので、宜しくお願いします。

↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

|

« マスコミは何を伝えないか--メディア社会の賢い生き方(下村健一著) 制作者にも視聴者にもわかりやすい解説書 | Main | TVF2011(東京ビデオフェスティバル)で優秀作品賞受賞!! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/50711287

Listed below are links to weblogs that reference 夢の扉:駒崎弘樹さんの「待機児童問題、病児保育問題への取り組み」をご紹介しました:

» 【レビュー】『「社会を変える」を仕事にする』 著者は駒崎弘樹さん [中国映像撮影 "EmmyBBC~本日の北京"ブログ(Blog)]
ここまで清々しく楽しく読める「奮闘記」はないでしょう。 「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方 日本社会に置き去りにされた「病児保育」問題をテーマに、 ビジネスを興す形で社会というものに挑む駒崎弘樹さん。 結婚していないし子供もいない身である私が読んでも、 次から次と出てくる「病児保育」への冷遇ぶりに憤慨し、 同時に、そういう環境を生み出しているのが周辺ではなく 現場にいる対象の人たち自身にもあるという事実に驚愕しました。 何事も、問題はあらゆる要素が引き起こしているのですね。 それに... [Read More]

Tracked on February 02, 2011 at 03:40 PM

« マスコミは何を伝えないか--メディア社会の賢い生き方(下村健一著) 制作者にも視聴者にもわかりやすい解説書 | Main | TVF2011(東京ビデオフェスティバル)で優秀作品賞受賞!! »