« 夢の扉:駒崎弘樹さんの「待機児童問題、病児保育問題への取り組み」をご紹介しました | Main | 横浜中華街で新年快楽♪~日本で中国のお正月を楽しむ方法 »

TVF2011(東京ビデオフェスティバル)で優秀作品賞受賞!!

1010649

市民が作るビデオフェスティバル『TVF2011(東京ビデオフェスティバル)』
こちらのコンテストで「優秀作品賞」を受賞し、表彰を受けました。
※いきなり音楽が流れます。リンクを開く時はご注意を。

作品名は、『アポを訪ねて海南島』

これは、中国最南端・海南島で戦時中に起きた
慰安婦問題の被害者で、今も海南島に棲むアポたちと、
彼女たちが賠償裁判を起こし来日した時に出会った
日本人の20代の女性たちによる交流を描いた作品です。

当時のブログが残っています。
「中国海南島にて-戦時日本の被害者"アポ"と、今の日本の"若者達"1」
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2010/01/--4f5a.html
※全部で5回に分けて書いています。

昨年の年末年始に取材を行い、夏に編集したものですが、
これがなんと応募作品277作品の中から、
「優秀作品賞」15作品の中に選ばれたのです!やった!!

と言う訳で、1月29日。
その表彰式に参加してきました。

出欠のメールを送った時に事務局長さんから、

「あなたの作品は、審査員の大林宣彦監督が
評価してくださっているので、是非話を聞きにきてください」

と言われていたので・・・
これは、行かなければいけない!

翌日放送する『夢の扉』の編集も早く完成させて(くださって)
当日、朝から晩まで会場に行ける時間を作ることに成功!

そして、表彰式では、正にその大林監督から
表彰状と記念の盾を受け取るというありがたい順番。

1010659

表彰状を受け取る前に、大林監督からコメントをいただきました。

私の作品は、民放でドキュメンタリーを作っているとは
思えないほど、制作者の構成など度外視して、
ただただ彼女たちの行動をつないで作り上げたのですが、

そこを大林監督は、こう評価してくださいました。

「論理的に編集したり整理しようとすると、それはタテマエになる。
ただ、会いに行く、それしか術のない現代日本の娘さんたちと
アポたちの顔の皮膚に刻んだ表情が、私たちに語りかけている作品」

しかし、私の作品は、寸でのところで大賞を逃したそうです。
本来は3作品が選ばれるという大賞、
今回は15作品の優秀作品賞の中から2作品だけが選ばれました。
その3作品目は、私の作品が選ばれるところだった・・・と、監督。

選ばれなかった敗因は・・・?

その理由について、他の審査員の方々にも伺いたいと思い、
交流会で審査員の監督方、元マスコミの大学の先生方に
コメントをいただくと、こんな感じでした。

「素晴らしい作品だけど、大きな欠陥をもっている」理由。
●映像には引き込まれるものがあったが、
 制作者がもう少し出演者たちに歩み寄る姿勢が欲しかった。
●重いテーマなのに、軽く作られていた。若い女性だから
 敢えてそのように演出したのかもしれないが、勿体ない。
●ナレーションが、平べったい作品にしてしまった。
●制作者が、整理したり突っ込んだりする必要があった。
●最初に、後半の展開をにおわせる編集を少し入れればよかった。

他にも映画監督の高畑勲監督、羽仁進監督、
ビデオ作家の小林はくどうさん、佐藤博昭さん、
C大学教授、A大学教授、ありがとうございました。

私みたいな者の作品に、ベテランの専門家さん方から
細かい評論をいただいたことは、仕事の面においても参考になりました。

今度、また時間があったら、
新しいネタを見つけて市民ビデオ作品に再チャレンジしたいですね。

【TVF東京ビデオフェスティバル】サイト
http://tvf2010.org/
※いきなり音楽が流れます。開く時はご注意を。

mailお知らせ

北京でこのココログがアクセスできない状況が続いているので、
4月1日から「アメブロ」でもブログを始めることにいたしました。

Emmyの中国北京道中記-EmmyBroad"Band"Cast
http://ameblo.jp/emmybbc/

徐々に中身も変えていきますので、宜しくお願いします。

↓ここをポチッと押してくれたら、ますますEmmyに気合が入ります
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ  

|

« 夢の扉:駒崎弘樹さんの「待機児童問題、病児保育問題への取り組み」をご紹介しました | Main | 横浜中華街で新年快楽♪~日本で中国のお正月を楽しむ方法 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。
素晴らしいですね。
賞を頂くというのは本当に凄いこと。
すごい、凄い。
おめでとうござます。

Posted by: 小西克巳 | February 04, 2011 at 09:35 PM

小西さん

ありがとうございます。
こうした賞をいただけるということは、
ひとつのモチベーションにつながります。

これからも、もっと評価されるような作品を
作りたいと思います。

Posted by: emmy | February 05, 2011 at 01:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/50769773

Listed below are links to weblogs that reference TVF2011(東京ビデオフェスティバル)で優秀作品賞受賞!!:

« 夢の扉:駒崎弘樹さんの「待機児童問題、病児保育問題への取り組み」をご紹介しました | Main | 横浜中華街で新年快楽♪~日本で中国のお正月を楽しむ方法 »