« 危険な涼取り…群馬「吹割の滝」in利根 | Main | 北京再訪(雑記)その1―交通環境の変化には… »

危険な涼取り2…群馬「甌穴(群馬県指定天然記念物)」in四万

Img_67421 Img_67721

いつになっても最高気温が35度を上回る灼熱の群馬。
やっぱり、休日には涼しいものを求めて北へと進路を向けてしまいます。

本日行ってきたのは、四万(しま)温泉でおなじみの?
群馬県中之条町にある「甌穴(おうけつ)」
自然の天然記念物に指定されています。

どういうものかと言うと、
数万年もの長い年月をかけて自然が作りだした芸術です。

甌穴(群馬県指定天然記念物) http://www.ouketsu.net/

甌穴とは、川の流れが渦巻き状になることより石や砂が同じところを循環し、
川底の岩盤と接触して侵食されてできた丸い穴でポットホールとも言います。

上から見ると、水中の岩の色が違うことがわかります。
この大きさ、直径数十メートル規模、深さも最深で35メートルあるそうです。
自然の作りだした見事な大穴。確かに芸術以外の何物でもありません。

Img_67451

で、こういう水が溜まっている所では、
涼みにきた若者たちが水遊びなどしているのですが…

怖いです。

Img_68021 Img_67941

流される確率はほとんどありませんが、100%安全とは限りません。
岩場はしっかりした段差が出来ていて、滑らずに割と水の近くまで
行けるし、水遊びもできる場所ではありますが、用心くだされ・・・

・・・

気を取り直して、今度は水の近くには間違っても行けない場所へ…
甌穴から、更に車で北へ1時間もかからない場所にある奥の四万。

Img_68371

奥四万湖 http://www.nakanojo-kanko.jp/kankou/kanko/shimako.html

ここは、中之条町のダム(水力発電所)です。
四万川を「四万川ダム」によって堰き止めてできた湖が奥四万湖で、
光の加減や時間帯によって湖水の色が変化するそうです。
私が観に行った時は、緑がかった深い青でした。

Img_68181 Img_68141

で…ダムの反対側は水が細くなって流れているのですが、
他の部分は公園と…住宅・道路が続いています。

決壊したら、どうするんだろう…大丈夫かな。

水のそばには、危険も伴います。
群馬では、各地で水の事故が続いて死者も出ています。

水遊びは楽しいですが、気を付けて楽しんでください。

Img_68491

ちなみに四万といえば、群馬でも有数の温泉街です。
「上毛かるた」でも、「よ」の札で登場しています。

そんな四万温泉街の中心地に、柏屋温泉という旅館があり、
兄弟店として「柏屋カフェ」というおしゃれなカフェがあります。

柏屋カフェhttp://www.onsen-cafe.com/

ここの名物、それが・・・

Img_68521

「温泉マーク・カフェラテ」です。

レトロな木の店内に、窓の向こうは川の音。
お風呂上がりに、静かなひとときを楽しむことができそうです。

そして、柏屋カフェの向かいには、上州名物「焼きまんじゅう」が!

Img_68631

Img_68611

おばちゃんに、丁寧に焼いていただきました。1本200円なり。
上州名物焼きまんじゅうは、150年以上の歴史を持つスイーツだそうです。
当時、群馬県の主産業だった生糸工場で働く女性たちに評判となったとか。
どの時代でも女性にスイーツは必須だったようで…

・・・

おいしく温泉カフェラテと焼きまんじゅうをいただいた帰り道…

Img_68751

突然の雷雨が…群馬県は「雷と空っ風義理人情」と言われる通り、
雷でも有名な土地柄です。しかしこの突然のスコール…

そして…

Img_68691

空の色が一瞬にして変わる雷の嵐!
途中の交差点では、信号が停電する勢いでした。

群馬県に住む以上、水には気をつけたいものです。本当に…

|

« 危険な涼取り…群馬「吹割の滝」in利根 | Main | 北京再訪(雑記)その1―交通環境の変化には… »

日本国内旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 危険な涼取り2…群馬「甌穴(群馬県指定天然記念物)」in四万:

« 危険な涼取り…群馬「吹割の滝」in利根 | Main | 北京再訪(雑記)その1―交通環境の変化には… »