« 甲子園予選に垣間見る?リアルな「もしドラ」 | Main | 危険な涼取り2…群馬「甌穴(群馬県指定天然記念物)」in四万 »

危険な涼取り…群馬「吹割の滝」in利根

群馬県は、天気予報でもおなじみの「全国で最も暑い所」である。
母校の甲子園予選を観戦した日も、最高気温は35度まであがり、
球場のスタンドも屋根の下に人が押し寄せる状態でした。

こういう時に熱い戦いを見るのは好きだけど、
選手の皆さん、体調管理に注意して感動のプレイを魅せてください。

・・・さて、

熱い戦いが終わったあとは、熱くなった体を冷やしに行きましょう。
群馬県には素敵な場所があります。

それが、上毛かるたの「た」の札でもおなじみ「吹割の滝」です。
※「た」の札は、「滝は吹割片品渓谷」と読みます。

車で前橋から1時間北へ。冬は豪雪地帯の利根町へ。
とはいえ、夏の群馬は、ここへ来てもまだ暑い・・・です。
そんな暑い中、滝に向かう途中で、どんどん涼しくなってきます。

Img_62481

歩道の横に広がるのは、すべて「滝」でございます。
幅30メートルの川に亀裂が入り、そこが滝となって延びているのです。

その姿、「東洋のナイヤガラ」という異名をとるほど。
私は実際のナイアガラの滝をみたことはありませんが…、
おそらく、そのかなーりミニチュアであることは確かです。

しかし、「ミニ・ナイアガラ」とはいえ、その景色は荘厳。

Img_62241_2
吹割(ふきわり)の滝 です

Hi3g14401
鱒飛(ますとび)の滝 です

高さ7メートルの滝にはそれぞれ滝壺もちゃんとあって、
落っこちたらそれまで…です。

実際、滝のそばには注意を促す白線はあるものの
景観を保つためにガードレールは設置していません。

前に両親が来た時は、「これ以上行ったら駄目!」と
制してくれるおじさんがいたそうですが、私が行った日は
アナウンスだけが繰り返し延々と危険を伝えていただけでした。

どうやら、年に何人かは転落してしまい、犠牲者が出るそうです。
みんな、荘厳な景色をカメラに収めようと、かなり危ない所まで近づいていたから、
わかるような気がします。滝つぼに落ちて、流されたらおしまいです。

それはそれで、冷や汗に涼しめそうですが(汗)
十分に注意しながら、涼取りを楽しみましょう。

wave wave wave

群馬の名勝「吹割の滝」 http://www.houbien.jp/fukiware/
昭和11年12月16日文部省より、天然記念物に指定された吹割の滝は、
高さ7m、幅30m余に及ぶ。轟々と落下、飛散する瀑布は『東洋のナイヤガラ』
といわれている。この滝は、凝灰岩、花崗岩の川床上を流れる片品川の清流が、
岩質の軟かい部分を浸蝕し、多数の割れ目を生じ、あたかも巨大な岩を
吹き割れたように見えるところから、“吹割の滝”の名が生まれた。

horse horse horse

Hi3g1452

上野駅で見かけた「ぐんまちゃん」のキャンペーン。
群馬県、今年はディスティネーションキャンペーンとかで
かなり東京都内での宣伝・観光誘致に気合を入れています。

普通電車で東京から1890円、新幹線でも4000円ちょっとで行けるので、
ちょっとした旅行に群馬はお勧めです… 

群馬に実家を持つ一個人として。

|

« 甲子園予選に垣間見る?リアルな「もしドラ」 | Main | 危険な涼取り2…群馬「甌穴(群馬県指定天然記念物)」in四万 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/52289066

Listed below are links to weblogs that reference 危険な涼取り…群馬「吹割の滝」in利根:

« 甲子園予選に垣間見る?リアルな「もしドラ」 | Main | 危険な涼取り2…群馬「甌穴(群馬県指定天然記念物)」in四万 »