« 「上野動物園のパンダ」を見てきました(2011年6月21日) | Main | 危険な涼取り…群馬「吹割の滝」in利根 »

甲子園予選に垣間見る?リアルな「もしドラ」

Img_61861

狙ったように、今年も行ってきちゃいました。
4年連続?母校の甲子園予選観戦・今年は3回戦です。
今年の母校は取り組み表の位置の関係で、高崎勢にも関わらず
前橋の上毛新聞球場(旧敷島球場)がメインの戦場です。

つい先月、
『もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーのマネジメントを読んだら』
(通称:もしドラ。映画館には「もし映画館にドラ焼きがあったら」という
寒いメニューが売店に並んでいました。余談です)

という映画を観た影響か、今年は試合そのものに加え、
監督の采配、スタンドの応援席にも注目して見ていました。

『もしドラ』映画サイト http://www.moshidora-movie.jp/index.html

今年の甲子園予選3回戦。我が母校・高崎商業は吉井高校と対戦。
「7年ぶりの初戦突破」という吉井高校の実力を見たか、
高商はエース温存、2番手投手が投げました。

「エースばかりが投げず、余裕のある時に控えにも舞台を踏ませ、
いざという時にも本番の舞台で投げさせよう」というのが本筋ですが、
制球力が今一つで(ごめん、後輩)毎回のようにピンチに。。。
それでも、控え2名の連携は、3失点に留めました。
11点獲得していた我がチームに、コールド勝ちは揺らぎませんでした。

我が母校の野球部、数年前から評価しているのは、
「守備の良さ」と「粘りの打線」→追い込まれると連打が出る。
これに「投手力」が付く年は、かなり無敵で甲子園にも行けたりするけど、
今年は2年生から2年連続でエースを務めている金井選手が期待できます。
ので、あとは…いざという時の控え投手、今日の経験を踏んで頑張れ!

・・・というのが本命の解説かもしれませんが、見方を変えて、
「7回コールドが決まったような余裕の試合でも、
最後まで観客をハラハラドキドキ楽しませよう」
という
「監督の見せる演出」だったのかも・・・と、思うようにします。

そして、我が母校の野球観戦で楽しめるもう一つの要素。

それが、「応援団」 で湧くスタンド応援席

中でも名物は、試合中盤、2塁までランナーが進塁すると
「待ってましたー!!」とばかりに奏でられる「ハリス」

Img_61481

「ハリス」とは、応援歌の一つで、一般的には「そろばん踊り」と言われている。

「負けて泣くなら勝って泣け~1点2点はへっちゃらさ~
ぐーっとこらえて力を溜めて、そろそろこちらの出番かな~♪」

と唄いながら、控えの野球部員がそろばんの授業で使っていた
大型のそろばんをジャカジャカ鳴らすのである。
その顔、レギュラーでグラウンドに立つ選手以上に真剣。

Img_61181

これぞまさに商業高校名物、そして伝統野球部・伝家の宝刀!

「もしドラ」でも、選手のリズムやモチベーションを高揚させるために、
応援団に難度の高い応援と、チアリーダーを用意していたが、
高商も、チャンスの時のハリスを始め、吹奏楽部もレベル高く、
観客は楽しみ、選手は試合のリズムをつかむことができる(と思う)

「応援団の見せる演出」で、波に乗れば連打が出るという訳で、
この日も、5回ではハリスが鳴り続き、打者一巡の猛攻撃だった。

更に今年は、AKB48のヒット曲「会いたかった~」が登場。
毎年「狙い撃ち」「トリトン」「アルプス1万尺」など変わらないものもあるが、
時代に合わせ、いくつかは今の選手の耳になじんだ曲を応援歌として採用。
これもまた、選手のモチベーションを高め、試合を盛り上げます。

と、AKBってことは…やはり「もしドラ」を意識していたんですか(^^;

こうして試合は、11-3で7回コールド勝ち。個人記録では
6番・石田選手が1試合打点数で大会タイ記録の7打点をあげ、
翌日の上毛新聞スポーツ欄で1面記事でした。

Img_62101

次の試合も、余裕があるかもしれないけど、
最後の最後まで油断禁物!で頑張って、是非甲子園へ!!
OGに一つの生きがいをください(って年寄りみたいな・・・)

<私の観戦記録>
2008年 3回戦 対伊勢崎高校 3-4(サヨナラ負け)
2009年 2回戦 対前橋工業  2-1(サヨナラ勝ち)
 ※3回戦で桐生南高校に「金星」取られて敗退
2010年 2回戦 対高経大附属  2-1(逆転サヨナラ勝ち)
 ※3回戦で健大高崎高校に善戦の末惜敗
2011年 3回戦 対吉井高校 11-3(7回コールド勝ち)
 ※4回戦で館林商工高校に2-0でベスト8!!!!(7月22日追記)
 ※準々決勝で高崎高校に8回の大逆転で7-4でベスト4!!!!!(7月24日追記)
 そして…
 ※準決勝で、前橋商を倒した前橋工に4-1で勝ってしまい…

つまり、久しぶりの決勝進出なのですsweat01
                       ・・・続く、続け、続いてほしい!!!!!

…が(7月27日追記)
 決勝戦、6-10で高崎健康福祉大学高崎高校という
 長い名前の高校に敗退sweat02 甲子園のアナウンサー泣かせでしょう。

 5-10で迎えた9回裏、1死満塁で1点返したあたりは、
 高商の「粘りの打線」ならではでしたが、序盤で点を取られ過ぎました。
 でも、終了後、高商の選手が勝利を祝いに行き、選手同士
 抱き合っている所を見ると、「これぞ高校野球!」感動しました。
 この1年、両チームは何度も対戦し、勝負を分かち合ってきたのでしょうね。 

 いい試合を見せていただきました。後輩たちに、感謝heart04

その後、月日は流れて2012年…
長い長い念願かなって母校は優勝!22年ぶりに甲子園出場を果たしました!!
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2012/07/22112012-707f.html

<おまけ>

Hi3g143500011

球場入口で募金をしたら、『栄光は、君に輝く』うちわを貰いました。
福島・宮城・岩手の被災地の高校球児達、頑張れ!!

|

« 「上野動物園のパンダ」を見てきました(2011年6月21日) | Main | 危険な涼取り…群馬「吹割の滝」in利根 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/52247718

Listed below are links to weblogs that reference 甲子園予選に垣間見る?リアルな「もしドラ」:

« 「上野動物園のパンダ」を見てきました(2011年6月21日) | Main | 危険な涼取り…群馬「吹割の滝」in利根 »