« 北京再訪(雑記)その1―交通環境の変化には… | Main | 北京再訪(雑記)その3―加油!!日本のお店in北京 »

北京再訪(雑記)その2―3年後の「鳥の巣」(2011年8月8日)

Img_64971

3年後の8月8日ということで…「鳥の巣」に。
今更になって、鳥の巣の最寄駅という「奥体中心」駅が出来ていました…

Img_64901

駅を降りると、可愛いネズミの着ぐるみがお出迎え。
どっかで見たことがあるような気がするけど…気のせいかな。

Img_64321

五輪の時に活躍したボランティアさんは未だに健在でしたが、
今度は鳥の巣でプレイをする選手になっておられました。

Img_64441

屋根にくっついていた聖火台が地上に移されていました。

Img_64641

川の方から鳥の巣を見ると、蓮の花が綺麗でした。
この3年間で、蓮はぐんぐん成長していました。

Img_64161

逆に、その3年間で、建物の端っこは徐々にくすんできていました。
この五輪タワー、エレベーターは動いていたけど上れるのかな…

Img_64111

でも、「昔ながらの北京」も敷地内にはありました。
こちら、一つ北側の「オリンピック公園」駅前。

Img_64181

腹出しルックも、昔から老若男の当たり前のファッション。
3歳くらいの子どもも既にこの格好で歩いていました…

Img_65181

この日の夜、1年前に引き上げた時残してきた荷物を置かせて
貰っていたフリーペーパー記者の友人宅へ。
「書類の他に、何を預けていたっけ…」と思いながら書類袋を確認すると、
2008年8月8日の北京五輪開幕の新聞等、過去の新聞雑誌一式が!!

ちょうど3年後にこれを引き取ったのも、何かの縁ですね。
でも、2009年10月1日の国慶節の中国系新聞は、処分とさせていただきました…

なんだかんだ言って、3年の時の流れは感じざるを得ない、
鳥の巣再訪でした。

Img_63811

変わりつつある場所もある北京ですが、
この日の朝、寄り道した天安門は何も変わっていませんでした。

1000年の歴史を持つような建物は、たった1年やそこらじゃ変わりませんね。

・・・

今回の北京再訪、1年前に置いてきた荷物の引き取りが目的だったので、
毎日昼も夜も午後もアポイントで埋め尽くし、
ほとんど観光出来なかったのが、ちぃと残念でした。

と会った人達に言うと、気持ちいいくらい全員が全員に、
「もう、観光する必要ないじゃん!」と突っ込まれました(汗)

で、そのうち半分くらいから
「観光ったってあんた、今更どこ行きたいの?」と更に突っ込まれ、
真っ先に 「万里の長城」というとそれこそ…

「たった1年で、5000年分の歴史が変わるはずもない程
あんなに変わらない観光地行ってどうするのさ!!」

と、突っ込みが倍増しました(大汗)

(続く)

|

« 北京再訪(雑記)その1―交通環境の変化には… | Main | 北京再訪(雑記)その3―加油!!日本のお店in北京 »

北京五輪・パラリンピック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/52451722

Listed below are links to weblogs that reference 北京再訪(雑記)その2―3年後の「鳥の巣」(2011年8月8日):

« 北京再訪(雑記)その1―交通環境の変化には… | Main | 北京再訪(雑記)その3―加油!!日本のお店in北京 »