« 北京再訪(雑記)その2―3年後の「鳥の巣」(2011年8月8日) | Main | カンボジアの子どもを救いたい…かものはしプロジェクト&安田菜津紀さんがトークショー »

北京再訪(雑記)その3―加油!!日本のお店in北京

Img_65871

今回の宿は、迷うことなく
懐かしのディスカバリーユースホステルへ。

「北京で唯一日本語が通じる安宿・ディスカバリー」
http://discovery-youth-hostel.com/

オーナーは生粋の日本道産子・なんべんさん
北海道観光を推進する事務所も作られていたうえ、
今は夏休みとあってお客さんも満室状態。

スタッフ達が対応しきれないことに、すぐ駆け寄り、
堪能な中国語でテキパキと仕切り回り、お忙しそうでした・・・

そんな中に設けられた憩いの場「なんべんカフェ」は
常に中国語や英語やスペイン語?日本語など、
いろんな国の人が会話する声で満ちていました。

Img_65901

そんな「なんべんカフェ」に置かれていた植物。
これは私が北京を去る時に置かせて頂いたもの。

おお!元気だったか…

前は思い切り伸ばしていた葉を切り取り、
あちこちの鉢植えに繁殖させておりました・・・

Img_8725
我が家にいた頃の写真を発見!!)

ドミトリーを予約したのですが、今回の相部屋は全員中国人。
早寝(でも、遅起き…)の皆さんで、私が毎晩夜遊びして帰ると、
部屋は真っ暗、全員夢の中で、電気を付けずに寝支度をするも、
扉の開閉で起こしてしまい、申し訳ない気持ちに…

ちょい悪日本娘をお許しください。

そんなちょい悪日本娘、初日はここでチェックイン早々済ませると
すぐさま、拾いにくかったタクシーに飛び乗って
北京日本人学校のバスケットボールチームの元へ…
メンバーに預けていたバッシュを引き取ると、
そのバッシュを履いて、そのまま練習に参加(をい)。

終わると、いつもどおりに夕飯。そこに懐かしさは…ゼロ。
あっと言う間に一年前の感覚に戻ってました(汗)

そんなバスケットボールのメンバーで華僑のリン君が、
五道口にお店を始めたので陣中見舞いがてら訪問しました。

Img_64021

その名も「2nd place」

白を基調とした清潔なデザイン。
このカフェ&バーを、普段の生活の「2nd」的な立場にしたいという
コンセプトの元、交流の場所として利用していただきたいとのこと。
貸切・イベントなど各種パーティーにも最適なスペースです。

【お店紹介】2nd place
住所:北京市海淀区華清嘉園7号1602C
携帯:15611952928
E-mail:2ndplace.beijing@gmail.com

震災復興コンサートや、読書会、などイベントも既に行われたそうです。
老舗の漫画喫茶『B3』の真上なので、
留学生や長く北京にいる人には分かりやすいと思います。

Img_64061

窓からの景色は抜群です。

バスケットボールのメンバーでもう一人、
お店を開店した人がいたので、これまた陣中見舞いへ。

本人も「マイナーでしょ」というように、穴場のビル・万通中心に
3月から仮オープンした「本一」という日本料理店です。
以前は、Etower(数ロ馬ビル)に「吟」という居酒屋を営み、
それなりに繁盛していたのに、新しいステップを踏むためリニューアル。

Hi3g1545

店主・Mさんにサヨリの一夜干しをいただき、お話。
中国という国のビジネスは、一攫千金をCatching Dreamとするきらいが
あるけど、Mさんは、儲けは次のステップにすぎないとの考え。
「金儲けが目的になっちゃうと、つまんないでしょ。
それよりも、毎日毎日お客さんにどう喜んでいただけるかを考るから、
明日も頑張ろう、そのまた明日も頑張ろう、って毎日思うよね」

これぞ日本の商売人の心。中国でそのスタイルを維持する姿勢に感服。
日本にいたら、当たり前といえば当たり前の話ですが、
これがなかなか難しいものです。新しいお店にも期待です。

【お店紹介】本一
住所:北京市朝陽区万通中心C座2階の飲食フロア
電話:010-5907-3568

そして、北京でどうしても食べたかった懐かしの味が、これ!

Hi3g1539

『神奇的杏仁豆腐』
店長でカメラマンのRさんが2005年ごろに開発した、
他の人にはなかなか真似できない逸品です。

杏仁豆腐やパスタや珈琲を作るカメラマンのRさんですが、
ここ数年は舞台も作って人気を博しています。

2010年2月~3月に初公演をした「珈琲店的太太(珈琲店の奥さん)」は
2011年4月に再公演。これまた多くのお客さんを動員しました。
そして、新しいこともまた始めている模様…公開が楽しみです。

2010年に観に行った時のブログ
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2010/02/post-eafe.html

【お店紹介】Cafe il sole
住所:朝陽区麦子店36号龍宝大廈1F
電話:010-6592‐5141

・・・

皆さん、異国でお店を持つということは、相当の覚悟だったと思います。
それだけでも尊敬ですが…

日本の「おもてなしの心」を中国の人たちに伝え、
中国の人と仲良くなるきっかけになっていただき、
日本と中国をいい形で繋ぐ人たちになってくれています。

私も、日本では空気のように当たり前に受けていたサービス。
中国に来ると、改めて考えさせられます。
みなさん、これからも応援しています。

|

« 北京再訪(雑記)その2―3年後の「鳥の巣」(2011年8月8日) | Main | カンボジアの子どもを救いたい…かものはしプロジェクト&安田菜津紀さんがトークショー »

北京・お店紹介」カテゴリの記事

Comments

日本の「おもてなしの心」
中国にいると忘れがちですね~。

『儲けは次のステップにすぎない』
私も心に刻んでがんばります。

Posted by: PaoPao | August 13, 2011 04:33 PM

PaoPaoさん

そうなんですよね…逆に日本流のやり方を中国で貫くのは難しい。
お客さん次第ですが、でも、日本人として忘れたらいけませんね。
私も日本で、心がけたいと思います。

Posted by: emmy | August 16, 2011 11:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北京再訪(雑記)その3―加油!!日本のお店in北京:

« 北京再訪(雑記)その2―3年後の「鳥の巣」(2011年8月8日) | Main | カンボジアの子どもを救いたい…かものはしプロジェクト&安田菜津紀さんがトークショー »