« 震災後の東北観光-世界遺産登録:岩手・平泉(1) | Main | がんばっぺ東北!気仙沼&石巻(2011年9月18~19日) »

震災後の東北観光-世界遺産登録:岩手・平泉(2)

2011年6月26日、ユネスコより世界遺産登録された岩手県・平泉

世界遺産・平泉のサイト http://www.pref.iwate.jp/~hp0907/

名  称  :「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」
種  別  :文化遺産(記念工作物・遺跡)
所在地  :岩手県平泉町
構成資産:中尊寺、毛越寺、観自在王院跡、無量光院跡、金鶏山 

上記「構成資産」という部分が、世界遺産に登録されたそうです。
平泉駅を出てまっすぐ10分ほど歩いた所にある毛越寺から、
北へ30分山登りする中尊寺まで、広ーい「平泉の町」に点在する
いくつかの建物が世界遺産になったということで…

要は、「平泉町そのものが世界遺産」と言っても過言ではないでしょう。

全部は廻りきれません。今回は、その中でも有名な「中尊寺」と
その周辺にある寺の山に絞ることにしました。
駅から、中尊寺通りをトコトコ歩いて、目的地を目指します。

Img_71701

東北本線が横切る踏切の信号も、どこかレトロなデザイン。
この踏切を渡って少し歩くと、入口らしい門が見えてきたのですが、
天邪鬼な性格が邪魔して、右の脇に入って「横道」から山道へ。

Img_71741

このお稲荷様だって、世界遺産の一味。
一応拝んでから、山登りを始めました。

Img_72151

山道の参道を歩くと、お坊さんにも出会います。
ここは、お寺が密集している山だから、当たり前ですね。

数々の、世界遺産の卵?みたいなお寺を廻って
写真に収め、ぶらぶら歩くこと10分…

Img_72371

「中尊寺」に到着。朝8時だというのに、既に人で一杯でした。

Img_72031

その隣にあるのが、「金色堂」
朝8時半の開門前に撮影したので、こちらはひっそりとした
たたずまいをカメラに収めることができました。

しかし、その隣にある切符売り場は・・・

Img_72121

この行列!やっぱり、観光客は増えていました。
世界遺産としてひっそりしていて欲しいと思う反面、
観光客増で岩手の復興&経済を救えるならば、
嬉しい悲鳴と思っていいかも。

Img_72581

中尊寺と金色堂のあたりが、山の一番高い部分なので、
ここから町の風景を一望できます。

Img_72641

「弁慶堂」
そうなんです。平泉文化遺産は、奥州藤原氏が栄華を極め、
その象徴として建てられたお寺や建物が多いのですが、
この藤原3代目・藤原秀衡氏の時、幼少を過ごしたという源義経&弁慶が、
鎌倉の兄・頼朝から逃れてここへ来て匿ってもらいながら、藤原の4代目
藤原泰衡によって殺害、生涯を終えたという悲しい歴史もあるのです。

そんな弁慶さんを祀った祠がここにあり、
この山を下りた所には弁慶さんのお墓が建てられています。

そしてもう少し駅寄りには義経さんを祀った場所があります。

その話は、山を下りてからゆっくりと・・・

Img_72811

はい、下りました。
ここが、「正式な入口」だったようです。
お稲荷様から上る観光客は、まずいないでしょう。

Img_72911

そしてこれが、「弁慶のお墓」
石の上に、お弁当と「サラダせん」が備えられていました。
弁慶は「サラダせん」が好きだったんですね・・・

Img_73481

平泉駅と中尊寺を結ぶ街道「中尊寺通り」という所を歩き、
ちょっとした所を左に曲がると、今度は弁慶が死ぬまで
人生を共にした「源義経」にまつわる「高舘義経堂」があります。

Img_72981

「高舘義経堂」も、観光客でいっぱいでした…

Img_73121 Img_73081

階段を上り、左手に行くと、義経さんを祀った祠と慰霊碑が建立。

そして、反対側の右端へ行くと、今度はそんな義経さん達の歴史を
歌にしてくれた「旅する歌人・松尾芭蕉」さんの記念碑が!

Img_73371
「夏草や 兵どもが 夢の跡」
芭蕉がここで、この歌を詠んだ気持ちがわかるような気がしました。

Img_73201

遠くには「束稲山(たばしねやま)」を望む北上川の風景が…
心地よい風が、山登りでかいた汗を乾かしてくれました。

駅から中尊寺までは、歩いて30分弱。
そこから、義経堂までが15分程度。
その後、駅へ戻って、一ノ関へ戻るのですが…

Img_73551

Img_73541

駅舎の中にある電車マップを見ると、
被災して、現在復旧していない駅名は白い紙が貼られていました。

早く、この紙が全部はがされるといいですね。

Img_73661

駅のホームも、少しレトロ。
平泉文化を残しているようですが、改修後はどんな姿になるのでしょうか。

|

« 震災後の東北観光-世界遺産登録:岩手・平泉(1) | Main | がんばっぺ東北!気仙沼&石巻(2011年9月18~19日) »

日本国内旅行」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 震災後の東北観光-世界遺産登録:岩手・平泉(2):

« 震災後の東北観光-世界遺産登録:岩手・平泉(1) | Main | がんばっぺ東北!気仙沼&石巻(2011年9月18~19日) »