« 永田町の市民メディア『KAN-FULL TV』の舞台裏―下村健一さんが報告会 | Main | 震災後の東北観光-世界遺産登録:岩手・平泉(1) »

中秋節快楽!~日本の満月と北京で買った"ウサギさん"月餅

2011年の中秋節(日本でいう十五夜?)は9月12日でした。
(当日朝、そのことを知りました^^;)

Img_69221

3階の自宅ベランダから見る満月がとても綺麗で、
久しぶりに一眼レフでシャッターを切りました。

Img_69112

シャッタースピードは1/1600、絞りはF6.3程度で、
この模様がばっちり撮れました♪

中国で「中秋節」というと、「ゲッペイ(月餅:YueBing)」です。
7月ごろから徐々に中秋節商戦が始まる北京では、
8月に北京へ行った時既に、スターバックスでも販売していました。

Img_65591

綺麗な箱の中に1つごろんと入っていたのは、「兎子月餅」(1個30元)。
お月さんらしく、ウサギさんの形をした月餅でした。

本番の「中秋節」に食べようと残していたのですが、
それがいきなり「今日」と聞いて、ついに実食しました!
賞味期限は9月7日でしたが…
そんなに早く中秋節を迎えることはないですね。

Hi3g00030001

中はチョコチップクッキーが入ったチョコレート餡で、
一般的な「豆沙+アヒルの卵黄」という月餅とは違いました。
胃にもたれることもなく、おいしくいただきました。

ちなみに、中国の暦で言う「中秋節」は旧暦の8月15日。
この日は、古代中国の帝王が秋の季節にお月様を祭る礼から
由来するそうです。中秋節には家族が集まり月餅を食べたり、
明月を楽しみ、周りの年配者や、親戚、親友、お世話になっている
方々に月餅などをプレゼントして親睦を祈念する願いの日とか。
[参照] 中国総合情報サイト- チャイナセブン -

中国では、会社の偉い人などは方々から立派な月餅が送られ、
これを運ぶために、北京など大都市は無駄に渋滞するという…

昔ながらの風習が根強い中国文化ですから、その辺はご愛敬で。

なにはともあれ、皆さんにご多幸ありますように…

追伸:

在日本中国料理の老舗「新橋亭」では、
この月餅に「がんばれ東北」を刻印した「月餅」が販売。
1個550円のうち、50円が寄付金になるそうです。

Ganbare1

老舗らしい、すごいアイディアですね!


・・・

今日、妙にこのページのアクセス数が多かったので、リンク。
スターバックスの回し者ではありませんが…素晴らしいです。
世界の人に、中国の良いイメージを伝えてくれています。

2009年10月3日 中秋節快楽♪ スターバックスの月餅はいかが?


・・・

さらに、おまけ♪

翌朝-静岡へ行くために朝4時半に起きた私は…見た!

Img_6925
※写真を加工した訳ではありません。

明け方の満月は、模様が逆になっていることを!!
月って、常に同じ方向を地球に向けているけど、
くるーーーーーーんっと、回ってはいるんですね。

一日で、東の空に昇る満月と西の空に沈む満月を
見たのは初めてだったので、ちょっと記録として。

|

« 永田町の市民メディア『KAN-FULL TV』の舞台裏―下村健一さんが報告会 | Main | 震災後の東北観光-世界遺産登録:岩手・平泉(1) »

日本生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

お月様、綺麗に見事に撮れていますね。
凄いです。
それにしても、北京のスタバの月餅いいですね。
今後是非おこぼれを(笑)。

Posted by: 小西 | September 13, 2011 at 08:48 PM

小西さん

是非是非、来年の夏は北京出張を入れて、
ウサギさん月餅を「大量輸入」してください^^

Posted by: emmy | September 14, 2011 at 01:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/52714080

Listed below are links to weblogs that reference 中秋節快楽!~日本の満月と北京で買った"ウサギさん"月餅:

« 永田町の市民メディア『KAN-FULL TV』の舞台裏―下村健一さんが報告会 | Main | 震災後の東北観光-世界遺産登録:岩手・平泉(1) »