« 映画『1911』観賞―辛亥革命?建国?100年後の「孫文」さんを考える | Main | 『ソトコト』1月号は「社会を良くするお買いモノ」―今年の消費は"スペンド・シフト" »

中国と日本“歴史”の差―“正しい歴史”の基準は?

前回の続き…

映画『1911』でちょっと気になったこと。

孫さんを応援しようと、海外の実業家がたくさんの支援を
送ったことが描かれた中、それがすべて欧米で、
日本からの援助については一切触れられていなかった話。

今でも日本が中国に対して行った「良いこと」は
中国メディアでなかなか伝えられないように(一部ありますが)
たとえ過去の歴史に触れた映画であっても、
「日本の支援もあって、国の土台ができた」
とは、絶対に描けないのでしょう。

こうした形で中国人に歴史が伝わることで、現在の日中関係に
少なからず変な軋轢が生じ、認識のすれ違いが起きるのは辛いです。
中国人が気づかず日本に悪いイメージしか抱かないこと、
日本人が気づかず「こんなに助けたのに、なんで中国は
日本が何もやっていないって言うんだよ!」と憤慨すること、
双方で溝が出来たままの平行線ができてしまうんですよね…。

最近、またも歴史認識について考えさせられることがあったので、
少しだけ追記です。

・・・

今、ここに生きている誰もが知らないような、
生まれる前のはるか昔に起きたことが"歴史"の大半です。
そんな、はるか昔のことについて、私たちは
「正しい」「正しくない」をどうやって判断できるのでしょうか?

先日、日本に住んで長い中国人の人と、あまり触れない
「歴史教育」について、ちょっと触れてしまいました。

「昔、日本語を勉強する学生に「日本人は“正しい歴史”を
学ばないですよね」と言われたけど、本当にそう思う?」

と質問したのです。

すると、日本に住んで長い彼女からも「そう思う」と回答。
しかしその理由を問うと、ちょっとずれていきました。

「中国人の学生は、分厚い歴史教科書で膨大な量の歴史を
覚えさせられます。それを一字一句全部覚えなければ、
大学受験に受からない。中国5000年の歴史を覚えるためには、
そんな分厚い歴史教科書が6冊もあって、大変なんですよ。」

つまり、その学習量に比べれば日本人はそれだけの“量”を
学んでいないでしょ、だから正しい歴史を知らないでしょ、と?

…私が聞きたかったのは“量”ではなく、
それが“正しい歴史か”か、ということだったのですが…。

その労力をあの場所で否定するのはお門違いだし、
それを問題にする訳ではなかったので、なんとなく流して、
突っ込みはしなかったのですが、やはり何か釈然としません。

つまり例えば、その膨大な量の教科書で事実と違うことを
学生たちに叩き込んでいたとしたら、あるいは隠していたら、
そして、その記録の中から重要な要素が抜けていたとしたら、
そして、その抜けた部分が実は“正しい”事実だったとしたら…
その分厚い教科書で学んだ中国●億人の学生は、
「自分はすごい量の歴史を知っている、だから正しいんだ」
という勘違い
をしながら“正しい歴史”と学ぶのでしょう。

上記の時点で、日中の認識がずれていることを実感したのですが、
では、私だったら“正しい歴史”とはどういうものかというと…

今の資料は、どの国のどんな資料も“100%正しいものはない”
というのが正直なところです。

そんな中、記憶に残る言葉がありました。違う映画ですが、
「ステキな金縛り」という映画の中で、歴史学者が
「その歴史の資料が間違っていたら、書き直さなければならない
と主張する場面があります。

歴史は常に研究し続け、もし今まで伝えられてきたものが
間違っていたとしたら、“正しい”と判明した方に修正することが、
歴史資料の正しい記録の仕方だと思います。
だから、歴史学者という学者や考古学などの学部があるのです。
そうやって、徐々に“正しい方向”に近づけて行くことが、
最大限出来得る“歴史”の正しい捉え方かな、と思うのです。

正直な話、私は学生時代、あまり歴史を勉強してなかったので
(公立大学の受験では、社会科で「地理」を選ぶと「歴史」は
必要なかったこともあり…地理はバッ“チリ”?ですが^^;)

その分、歴史教科書の年号や登場人物などに修正があれば、
すぐに脳味噌箱の歴史知識を新しく入れ替える余地があるから
こういうことを考えるのかもしれません。

地理なんて、気候変動や災害で簡単に記録は変わるし、
分裂や合併などで国名も自治体名も数も変わるし、
都市の人口みたいな数字モノなんて、常に修正されてますから。

歴史だって、変わって当然です。むしろ、動かない歴史資料を
全部頭に叩き込ませるよりも、一定の所まで教えたら、
後は子どもたちの興味や好奇心にまかせて、自分で調べ続けて
いくスタイルを取った方が、柔軟に歴史に親しんでもらい、
正しい歴史を追及していく姿勢を持てるような気もしますがね。

歴史をロクに学ばなかった私は、実際に中国に住んでから、
中国のあちこちを旅して、そこに展示されている歴史資料を観て、
「あ、中国ではこういう風に伝えているんだー」と覚えて、
それから日本で歴史資料を買うようになったものです。
まだまだ浅いけど、興味こそ物を吸収するきっかけなんですね。

個人的な見解ですが、興味を持って常に学び続けて行くこと、
それが結果として“正しい歴史教育”にはなるのかなと思います

長い時間、どんっと与えられた教科書で歴史を
覚えさせられてきた中国人の子供たちが、これまで一所懸命
叩き込まれた知識を「はい、今日から変わります」と言われ、
頑張って覚えてきた知識を覆すのは難しいでしょう。
ま、これも愛国教育・反日教育(敢えて)のテクニックでしょうか?

・・・結論・・・

いずれにしても、修正を繰り返す作業を行ううちに、
日中お互いが共通していた認識も資料に取り入れられることも
出てくるだろうし、近づいていくことも(遠ざかることも)あります。

常に「この歴史資料、どうなんよ?」とお互いに検討し続けていけば、
そのうち認識のずれも、軋轢も、少なくなっていくのでは
ないかと思うのですが、いかがでしょうか?

・・・

それにしても…

『1911』で、日本の寄付行為が一切伝えられなかったこと。

こういうのを見ると、果たして日本も、歴史歴史において、
本当に自国の歴史を曲げないで国民に伝えているのか?

…と、考えさせられます。


≪前回のエントリー≫
映画『1911』観賞―辛亥革命?建国?100年後の「孫文」さんを考える
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2011/11/1911100-1d00.html

|

« 映画『1911』観賞―辛亥革命?建国?100年後の「孫文」さんを考える | Main | 『ソトコト』1月号は「社会を良くするお買いモノ」―今年の消費は"スペンド・シフト" »

日中コミュニケーション関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/53322665

Listed below are links to weblogs that reference 中国と日本“歴史”の差―“正しい歴史”の基準は?:

« 映画『1911』観賞―辛亥革命?建国?100年後の「孫文」さんを考える | Main | 『ソトコト』1月号は「社会を良くするお買いモノ」―今年の消費は"スペンド・シフト" »