« November 2011 | Main | January 2012 »

中国インディペンデント映画祭2011:私が観賞した3本は…

2011年12月3日~16日までの14日間にわたって、
東中野駅脇の「ポレポレ東中野」にて行われた
『中国インディペンデント映画祭2011』

映画というのは、テレビ番組よりも「ありのまま」を表現できる
映像ツールだと思っています。でも、いずれにしても情報統制の
厳しい中国という国では、社会問題などを表現することは
まず不可能だと思っていました。

そんな先入観を、この映画祭で取りあげた10本の映画は
見事に覆してくれました。

日本に住む中国人友人や、元中国在住日本人仲間の間で
話題になったのもありますが、その作品はどういう内容か、
どうやって、この統制が厳しい中国で制作することができたのか、
非常に興味を覚えたので、週末や平日昼間の空いた時間に
行ってきました。

私が見たのは、以下の3本。

・・・

『書記』

Shuji

あらすじ:中国の省や自治区に置かれ、全国で1500以上ある県。
その県において県長より高い地位にある共産党県委員の書記。
河南省にある固始県で区長から書記までを11年務めた人物の、
任期終了直前の3ヶ月間を密着したドキュメントには、陳情に来る
住民から、進出にくる海外の社長まで相手して多忙な日々を送る
書記の知られざる実態を通じて、現代中国の抱える深刻な問題が浮き彫りになる。

感想:最近、中国の辺鄙な街の郊外という郊外に、マンション群や
工業園区がボコボコ建っている話を聞いて気になっていたけれど、
この映画を見ると、その理由がわかってきました。
中国にいた時、田舎の町でこうした宴会を何回か経験した私は、
映像に出てきた皆さんの飲みっぷりや宴会の風景が懐かしくも・・・
監督の周浩監督は、主役の郭書記をどのように説得して、
あそこまでの密着取材を許してもらえたのか、気になりますね。

『ゴーストタウン(廃城)』 

Fch

あらすじ:雲南省の北西部の山中にある集落、政府の政策によって
廃村となり、捨てられたゴーストタウンである。しかしそこには、
昔から住み着いている少数民族の人々が当たり前の日常を過ごす。
朽ちかけた毛沢東の肖像を時々写し、
大自然に抱かれた廃村の不思議な町から、人間の本質が見えてくる

感想:標準語の字幕も欲しくなったほどの、少数民族・リス語が神秘。
四川大地震や東日本大震災の被災地を一緒にするのもなんですが、
「住めば都」どういう状況に追い込まれても、その土地を離れたくない
人々の気持ちが、何の加工もない素朴な映像に表れていました。

『天から落ちてきた!(天降)』  

P503935854

あらすじ:人工衛星の打ち上げが盛んな中国。四川省西昌の
衛星発射センターから上がるロケットは毎回残骸を地上に落とす、
政府は、その落下地点に湖南省綏寧県を選んでいる。
そのため、綏寧県の人々は打ち上げのたびに落下物の恐怖に
晒されており、過去には犠牲者をだしたことも…。
発展のために犠牲はやむを得ないという役人、打ち上げのたびに
避難する農民、そんな村人たちの様子をカメラは丁寧に写し撮る

感想:これもまた、驚くほどの密着ぶり。北京五輪に人工衛星と、
表向きではどんどん発展する中国、しかし一方で破片の落下に
おびえ、五輪のために電力を止められ仕事を奪われる国民。
このギャップは、まさに今の中国を表しています。

・・・

そして、「天から落ちてきた」「ゴーストタウン」を観賞した日は、
この映画祭の主催者・中山大樹さんを司会に、トークショーを行いました。
制作の舞台裏を伺いたかった私としては、嬉しいイベントです。

Hi3g0183
(写真右から:中山大樹さん・劉健監督・張賛波監督・通訳さん)

残念ながら、劉健監督の「ピアシングⅠ」は見られなかったのですが、
インディペンデント映画祭の中でも稀な?
「中国で売れた作品?」のようで、それなりの収入を得ているそうです。
中国のアニメーション作品が、受け入れられることはすごいと思いました。

そして、張賛波監督は、私が上記3本の中でも最も考えさせられた
「天から落ちてきた!」の監督。北京オリンピック前後から、
湖南省のこの村に足繁く通い、かなりの数の村人を取材しています。

相当な取材力、そこに一途な根性を覚えました。

この作品を作ったきっかけは、張監督自身が湖南省の出身であることから
地元のニュース番組に出た小さなニュースを見つけたことから。
こういう事実があることに、何気に魅かれた監督は足を運び、
村人たちの信頼関係を築きながら、細かい取材を実現させたそうです。

農民、工場経営者、犠牲となった女性の両親、役人・・・
その中で、
「どうやって役人のコメントが撮影できたのか」と会場から質問が出た時の
彼の回答、
「最初は怖かったので、スイッチを入れてカメラを机に置いておいたら、
あまり関心を示さなかった」「途中で手に持って色んな角度で撮りだしたけど
それも何もとがめてこなかったので、撮ってしまった」とサラリ。

『書記』の主役になった書記さんもそうだけど、地方の人にとっては、
映像機器になじみがないのか、映像機器が回っていると、
それがどんな所に波及するかが、まだよくわからないのかもしれません。

ひょっとすると、映像で社会問題を問うことができる、
絶好のタイミングが、今のこの時期かもしれませんね…。

さて、そんな張監督ですが、ピアシングⅠの劉監督と違い、
出来あがった映画は中国でもひそかに水面下の映画祭や
海外のこうしたインディペンデント映画祭でしか上映できないという現状。

すると、まとまった収入に至っていないという現実があります。

こうした中、果敢にも次回作を企画中。
その製作費のために、あるものをオークションに出しました。

Hi3g0178

実際に、天から落ちてきた人工衛星の破片です!!
翼の形をしているので、「翼」と名付けたそうです。

残念ながら、この数時間で買い手は現れなかったようですが、
応援できる方、応援買いいかがでしょうか・・・。

・・・

ともあれ、こうした中国のアンダーグラウンドでメッセージを
伝え続ける人がいることに、一縷の望みと希望を感じた映画祭。
主催の中山さん、お疲れさまでした。

「2011」というからには・・・来年も期待しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11年ぶりの皆既月食@日本東京 世界中が観客の天文ショー!!

2011年12月10日は「皆既月食」が見られる。
前回の2000年7月16日以来、11年4カ月ぶりだそうです。

fullmoon moon1 moon2 moon3 newmoon moon3 moon2 moon1 fullmoon

満月の夜、一直線上に「太陽・地球・月」が並び、
満月が地球の影にすっぽり入る現象を「皆既月食」というのですが、
これが観察できる地点の中に、日本全国が含まれていたのです。

Geometry
国立天文台サイトを参照)

この日の東京、天気は晴れ。皆既月食はかなりの確率で見られます。
札幌は雪、大阪は曇り、という情報が入り、申し訳ない気持ちも含み、
それでは、と、記録を取ってみることにしました。

我が家は3階の南向き・ベランダ付きなので、
満月を見るには最適。さっそくベランダで月観測開始。

カメラはキャノンEOSのX2を使用、ピントはマニュアル、
シャッタースピード(以下SS)、絞りもマニュアルで調整します。

それでは、観測開始!!

Img_89641

20時30分 まだ満月 ちょうどよく、雲も切れ始めてきました。
       (SS1/800秒、F18)

Img_89701

21時38分 左端が欠け始めてきました。
       (SS1/640秒、F16)

Img_89811

21時45分 ニュースに出ていた(国立天文台発表の)欠け始めの時間 
       調節は上記と同じです。

Img_8984

Img_8989

22時20分 だいぶ欠けてきました。
     (上:SS1/640秒、F14 下:SS1/10、F14の2種類で撮りました)
     この先かなり暗くなりそうな予感をさせる欠け具合なので変えていきます。

Img_90241

22時45分 更に欠けてきました。
       (SS1/20秒、F6.3最大)

Img_90321

23時05分 全部欠ける最初の時間。でも、かなり光の筋を残していますね。
       (SS1/8秒、F6.3最大)

Img_90471

23時15分 全部欠けているように見えなかったので、改めて10分後に再撮。
       (SS1/6秒、F6.3最大) 少し暗くなった程度でしたね…

Img_91062

23時31分 一番隠れると言われていた時間。下に一筋の明かりを残すのみ。
       これは、どうみても三日月じゃない!(SS1/4秒、F6.3最大)

Img_91341

23時58分 再び満月に戻り始めたところ。左側に光を取り戻し始めました。
       (SS1/6秒、F6.3最大) 

そして日付が変わって…moon1

Img_91501

11日00時30分 半分近く光を戻してきました。
       (SS1/25秒、F6.3最大)

Img_91731

11日01時18分 ほぼ皆既月食終了。
       世界の天文ショーに参加した皆さん、お疲れさまでした。
       (SS1/800秒、F14)

fullmoon moon1 moon2 moon3 newmoon moon3 moon2 moon1 fullmoon

ちなみに、今回の皆既月食は、中国北京でも観測できたそうです。
中国では、「初虧」(開始)20:45~、「食既」(皆既月食)22:06~、
「復円」(終了)11日0:17 とのことでした
しゃおりんさん調べ  北京天文館参照)。

日本との時差、そのままですね。

そういえばワタクシ、北京では「皆既日食」を見かけました。
が、残念ながらここは曇りで完全観測は不可能でした。(2009年7月)
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/07/post-4e52.html

fullmoon moon1 moon2 moon3 newmoon moon3 moon2 moon1 fullmoon

余談ですが、「月食」というと言葉で思いだすのが、
さだまさしさんの「月蝕(げっしょく)」という曲。
http://www.youtube.com/watch?v=Djp8Tqec7yg
2000年9月21日発売のアルバム日本架空節に収録されています。
前回の月食の時ですね。

月食の夜、三途の川を渡る船が恋する人を連れ去ってしまう情景だけでなく、
「心重ねた一瞬の時の重さを「愛」と呼ぶのか ああ」と、
上手に月蝕(月・地球・太陽)の"重なる"を比喩しているあたり、さすが!です。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

『ソトコト』1月号は「社会を良くするお買いモノ」―今年の消費は"スペンド・シフト"

Hi3g0158

中国時代、仕事でお世話になっていた『ソトコト』を、
帰国してからも、ほぼ毎月読んでいるのですが、今月は特にすごい!

テーマは「ベスト・オブ・社会を良くするお買いモノ」

そう、今年の消費者の志向は、震災や不況の影響を受け、
こうした時代背景から、変化していると言われています。

この雑誌でも、従来の「自分の欲求を満たす買い物」から
「社会のためになる買い物」をする人が増えたことを挙げた上で、
各ロハスな人々の紹介で、これに該当するようなアイテムを掲載しています。

"社会に貢献する"知り合いも数人、紹介者に入っているのですが、
カンボジアの現状を撮り続けるフォトジャーナリストの安田菜津紀さんが、
現地で「キャッサバ焼酎」を開発・生産協力する日本人・高山良二さんを紹介。

このキャッサバ焼酎『ソラークマエ』が日本で手に入ったら絶対買います!
http://www.sorakhmer.com/index.php/sorakhemr

他にも、被災地応援アイテムがいっぱい雑誌に詰まっていて、
ひとつひとつ、生産される方々にお会いしたいと思わせてくれます。
どこかで、お会いできると嬉しいです。

付録のカレンダーも「さすが~」と思わせてくれました(上記写真左)。
最初なんにも知らなくて、プロの画家にも見えず、でも発想やデザインが、
「なんだか独特だな…」と思いながら「?」を浮かべて見ていたのですが、
裏表紙に載っていたサイトを見て、びっくり!

このカレンダーを描いたのは、知的障害者の方々だったのですね。
スタジオ・COOKA(クーカ) http://cooca.seesaa.net/
鮮やかな色使いで、部屋に飾ると華やかにしてくれそうです。

今月の『ソトコト』 社会を良くしたい人、必見です!

・・・

余談ですが、今年のように消費者の志向の変化について、
アメリカの分析家・ジョン・ガーズマ氏が米国の例を紹介した
『スペンド・シフト』が今年7月に、日本語翻訳版でも販売されています。

ジョン・ガーズマ氏は、今年9月、11月と日本へ来て、
震災関連の商品を販売する方々や社会を良くする商品を作る方々に
お会いして話を聞いて廻られたそうです。

米国の分析家にも一目置かれている今年の日本。
来年は、どんな風に消費の動きは変化していくのでしょうか。

それが、日本を良くする、日本を元気にする、そして世界も元気にするなら、
これまた楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2011 | Main | January 2012 »