« 名古屋市長の"南京事件はなかった"発言をかばう?中国語の新聞を考える | Main | 新小岩の"超個人的"イチ押しの店 »

東日本大震災から1年を前に…四川大地震1年後を思い出す

3月10日 1年前のこの日、
「明日、日本という国が大きく変わる震災が起きる」
ことなど、誰が知っていただろうか…

・・・

先週、いろいろ予定が重なって忙しかったのに、
この土日は一息ついて、かなり時間がぽっかり。
でも、無理に被災地へ行くことなく震災後1年の日を都内で迎えます。

被災地以外の人は、現地へ無理に行くことはしない方がいい、

からです。

四川大地震1周年の時、仕事で北川へ行っていました。
その後、1年間で2回取材に訪れ、もっとも思い入れのあった都江堰の
1年後の様子も取材を、と一人カメラを持ってバスに乗って出発。

すると、 都江堰へ向かう狭い道路が、
供養や見学に向かう一般人の車で信じられないほどの大渋滞…

「都江堰 20㎞」という看板があたりで既に車でぎゅうぎゅう詰め、
前にも後ろにも進めなくなってしまいました。
バスはなんとか裏道を探すも、そっちもびっしりで遂に立ち往生。
当日中に市内に入れないと訪問を断念し、
バスを降り、運よく拾えたタクシーで引き返しました。

当時のエピソード:
四川省大地震1年後の被災地より・・・棄てられていく北川(2009年5月)
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/05/1-71ce.html

四川省大地震1年後の・・・都江堰再訪を阻んだもの(同上)
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/05/post-dda3.html

あの光景が、明日の東北で再現されませんように…

・・・

でも、四川大地震2周年の2010年5月12日に
再び都江堰へ行った時は、まったくもって日常に戻っていて、
アパートの建設現場と半壊した状態で営業を続けている店以外、
震災を思い出させるものがなくなっていたことに、更に驚きました。

当時のエピソード:
四川大地震2周年・当日~都江堰より~(2010年5月)
http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2010/05/2-68c6.html

北川や汶川など被害状況の大きかった街は、崩れた場所をそのままにし
「地震の町」を売りに観光客で賑わい、地元住民は古いものが
新しいものに立て換わって喜ぶという光景…忘れるのが早すぎるのでしょうか。

復興に経済力が必要とはいえ、
... あの売り方と、震災からの立ち直り方、いわゆる忘れ方はすごいですね。

逆に、日本は今日、公民館の上に乗ったバスを撤去したニュースが出てました。
「見ていると辛いから」「元に戻すことで、前向きになろう」ですから、逆ですね。

.東日本大震災:公民館屋上乗り上げのバス撤去 石巻(2012年3月12日)
http://mainichi.jp/select/jiken/graph/20120310/

ちなみに参考ですが、
こちらは、四川大地震一年後の四川省北川(2009年5月撮影)。

P1210659

P1210590

山間にあるこの街は再建が不可能と判断し、
別の場所に市街地そのものを移転、ここを「震災記念」に残しておくそうです。

P1210723

下にも降りることができたので、供養する人もいっぱいいました。

・・・

こちらは、2年後の四川省都江堰の聚源地区(2010年5月)。

Img_86331

アパートの建設も、細々とやらずに真っ赤なスローガンを
ガンガン掲げながら行うあたり、中国の元気?を伺わせます。

2年前の2008年6月、同じあたりはこんな感じでした。

P1100709

ハード面の修復の早さは目を見張りました。
その分、被災地の方々も早く日常を取り戻し、
辛いことを忘れることにもつながるのでしょうか…


・・・

どのような形で、日本が震災から復興するのか、
今回の震災という記憶をどのように後世に語り継いでいくのか、
2年目の1年間は、日本の長い将来を左右する「試される1年」になりそうです。

|

« 名古屋市長の"南京事件はなかった"発言をかばう?中国語の新聞を考える | Main | 新小岩の"超個人的"イチ押しの店 »

日本関連ニュース」カテゴリの記事

Comments

EmmyBBCさん、初めまして
たまたま中国南方航空を利用して
長春まで旅行しようと計画してました。
南方航空で検索してたら、たまたまこちらの
ブログに出会ました。
過去の日記はあらためて拝見させてただきますが
四川省までいかれたのですね。
3.11で、日本人は生き方、価値観を変えざるをえなく
なりました。それがどういう方向に収れんされていくかは
わかりません。
でも中国と日本両方を見ていると、常識とは何か
価値とはなにか。自分なりに整理できる気がします。
また寄せていただきますので
よろしくお願いします。
河内のおっさん

Posted by: 河内のおっさん | March 13, 2012 at 09:46 AM

河内のおっさん様:

コメントありがとうございます。
震災による、復興の仕方も国や地域などによって
様々だと思いますが、日本は日本なりの方法を
見出して前に進んでいただければ…と思っています。

また、宜しくお願い致します。

Posted by: emmy | March 13, 2012 at 12:50 PM

時々、拝見させていただいています。

ハード面の復興は東北よりずっと早いようですね
東北はよくご存じの通り津波被害が主で
倒壊が主の四川大地震と災害の様相が異なり
政治、行政の構造の違いや国民性など、さまざま違う・・・・・とは
よく言われることですね。

でも三陸沿岸では人口の流出が続き、
とくに○○町というような小さい行政区では先細りが心配です。
何かしら参考になること、逆にしてはいけないことなど、
僕自身は被災前の成都までしか行ったことがないので、
都江堰など訪ねて考えてみたいと思いました。

Posted by: とし | March 13, 2012 at 05:50 PM

上記の者です。

あいさつ抜きで送信してしまってすみません。
あまり他人のブログにコメントしないのですが
中国と被災地を切り結ぶ活動にコメントさせていただきたくなりました。
これからのますますのご活躍を祈念します

Posted by: とし | March 13, 2012 at 06:05 PM

とし様

コメントありがとうございます。
中国と日本では、確かに被害ももちろん、
土地の広さ(瓦礫処理の早さに所以すると思いますが)
復興活動の進め方も大きな違いがあると思います。

日本の被災した各自治体が今後、先細りにならないよう
他にも対案が出せるよう、日本全体で考えていく
必要がありそうですね。
私もここ2年近く都江堰へ行っていないので、
今どうなっているのか、できれば近いうちに訪問したいですが…。

Posted by: emmy | March 13, 2012 at 06:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/54191546

Listed below are links to weblogs that reference 東日本大震災から1年を前に…四川大地震1年後を思い出す:

« 名古屋市長の"南京事件はなかった"発言をかばう?中国語の新聞を考える | Main | 新小岩の"超個人的"イチ押しの店 »