« August 2012 | Main | October 2012 »

2012年の反日デモと領土問題(私情挟みます)

2012年9月18日。日中国交復交40周年という節目の年に、
尖閣諸島の領有権を巡って、日中関係が悪化しています。

中国では、9月上旬から1週間以上にわたって80都市以上で
反日デモが行われ、その規模はこれまでで最大といわれます。

まず、今、日本は冷静になり挑発に乗らず、
でも毅然とした態度で応対することが大前提の防衛策かもしれません

仕返しに、日本で在日中国領事館を攻撃したり、
街を歩く中国の人に手を出すことは、日本人ならやめましょう。

領土問題になると、双方熱くなりやすい。
火の付け方によっては、暴力に及ぶこともある…
でも、その拳を下げて「ちょっと待て、そこには何の利益があるのか?」
と考えるくらいの時間は、何千年という歴史を思えばたやすい…はず。

ここから先は、私が日本人として学んできたことと個人的な話をします。
普段は大好きな中国の友人達と、やはり歴史や領土の話題になると
相違ある主張をし合うので、いったん整理しようと思ったまでです。

capricornus typhoon yacht capricornus typhoon yacht

何千年という歴史の上にある地球。
長い時間の中、微妙な場所にある島や陸というのは、
その時その時によって、あっちになったりこっちになったりします。
更には、双方が双方の史実を根拠に「うちの領土だ」という時もあります。

だからこそ、現代世界には秩序を保つ国際上のルールが出来て、
「今は、どこの領土か」ということを第三者かつ客観的に判断。

その結果、現在、尖閣諸島が日本の領土であるという
判断が下されていることが、現在言うまでもない事実なのです

良く登場する「中国人がしっかり歴史を学ぶ分厚い教科書」には、
残念ながらこの国際ルールという常識が記載されていないようですね。

capricornus typhoon yacht capricornus typhoon yacht

もし、「この時代にはうちの領土だった、だからうちの領土だ!」
などという自国だけに都合の良い歴史を根拠にした主張が
世界に許されるならば、南樺太は日本のものだと主張できます
北方領土だってできるのです。

個人的な話ですが、私の祖父は昔、南樺太に住んでいました。
南樺太で働いていて、南樺太で祖母と結婚。
その当時(1930年代)、この南樺太は日本領だったのです。

しかし今は、国際上のルールによってロシアのものに

【北海道のホームページより】
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/hrt/hp/histo.htm#torikime

日本は、今もこのルールに従っています。
ゆえに私は、その「縁」のある場所に、気軽に行けないのです。
ビザを取得すれば行けるのですが…。

たとえ、当時のソ連が多少姑息だったとしても、
「日本が領土を放棄」して、そう判断されてしまったから仕方ない。

※ソ連は、日本の敗戦が明らかになった1945年の8月9日に、
第二次世界大戦に参戦し、ポツダム宣言後も侵攻を続けました。
この辺り、日本がドイツと同じくらいのタイミングで降伏していれば、
防げた話だったのにと…今になっては後の祭りですが。

そして、北方領土は上記リンクをご覧いただく限り、
ロシア領とは断定できない状態にある訳です。どうやら、
取り決めた時、千島列島の認識に相違があったとか(まったく…)。

そして、その「曖昧な相違」を生み出し、放置することで、
両国の間に「領土問題」を作ったのは、なにより…

「米国」の力が大きく働いているのです。
そんな米国に、日本は“守られている”と錯覚し、
日本で一番強いような人達は、米国とのつながりを、
中国やソ連よりも大事と言っている状態が、戦後の日本なのです。

もっと、ソ連や中国と上手に付き合っていれば、
一連の領土問題は本当にない、と言えるのに、
これらの国を真っ向の「敵」みたいに捉えてしまっていることが、
全然、事態を進展させない元凶なのではないかと考えてしまいます。

そういう訳で各地で領土問題は確かにあるけれど、
ここでたとえば日本が船を1000隻出して北方領土に上がって、
強引に「ここは日本の領土だーー!」と言ったところで、
想像してみてください。世界の失笑を買うだけだということを

だからこそ、このグレーな立場にある北方領土については、
武力や暴力を使わず粘り強く交渉を続ける姿勢を崩さないのです。

capricornus typhoon yacht capricornus typhoon yacht

船で領海近辺に入る、または上陸するなどを強行したり、
いろんな自分たちの領土だった都合の良い史料や解釈を並べて
「うちの領土だ」という主張をしたり、自国に都合良く作った海図を
国連に提出したりするのは、常任理事国として恥ずかしい行為。
さらには、暴力・破壊・略奪を帯びたデモまで起こすとなると・・・尚更。

繰り返しますが、
今の事態で中国が何をしてこようとも、日本は冷静に挑発に乗らず、
でも毅然とした態度で応対することは大前提の防衛策かもしれません

capricornus typhoon yacht capricornus typhoon yacht

ともあれ…

北方領土も尖閣諸島も、平和的な解決ができることを祈るばかり。


個人的には、死ぬまでに
南樺太の地を踏んで祖父の縁の地を訪ねたいものです

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2012東京「中国文化祭」―日中国交復交40周年に開幕!

9月9日午後。天気、暑いけど秋晴れ気味。
前回のエントリーでお知らせした
2012東京「中国文化祭」に、行ってきました。

Dscf77541

Dscf78091

品川のプリンスパークタワーの中庭にあたる公園へ行くと、
日曜の午後とあって、既に多くの人で賑わっていました。

来る前に聞きかじっていた情報だけでは、
「見るだけのステージばかりで、日本人は乗ってくれるかな?」
という懸念も若干ありましたが、実際に足を運んでみると、
最終日だったこともあり、プログラムは盛りだくさんでした。

Dscf78891

Dscf78671

中国に住んでいる時も見ることができなかった
「千手観音」に「上海雑技団」、
そして北京で見た以上にボリューム満点の「変面ショー」。

Dscf78161

面が変わるたびに湧きあがる大歓声。
変面は、瞬時にして顔のお面を変える伝統芸能で、
今回、2人合わせて38のお面を用意したとか…

それを日本風にアレンジし、ドラえもんやアンパンマンのお面が
出てきた時には、日本のお客さんから大喝采でした。

Dscf78221

…圧倒されてしまいました。
中国をよく知らない日本の人たちも、これを見たら
かなり引き込まれるのではないかと思う程でした。

Dscf77591

Dscf77731

そして屋台では、在日中国料理店の皆さんが出店。
麻辣香鍋(四川の火鍋)や点心、羊肉串に酸梅湯と久しぶりの味に、
「本場の中国料理を、日本でもこんなに食べられるんだ!」
池袋北口界隈以外の場所への散策意欲も増しました。

Dscf77651

おなじみ、野菜を使った彫刻も登場!

・・・

そして、会場にあつまっていた人たち。
今回、尖閣諸島の問題などであまり大きく宣伝することが
難しかったのでは…と思いますが、かなり集まったと思います。
※正しい数字は、後ほど伺えたら追記しますが、
ざっと9日午後にいた人数は300~500人くらいかな?

見た目では、日中どちらが多かったかはわかりませんが、
お祭りを運営していた友人によると、
案内所でパンフレットをもらっていった人の半数以上が
日本人(日本語で尋ねられた)でした
」とのこと。

ともあれ、日中国交復交40周年記念ということもあり、
「多くの日本人が参加して中国を理解してもらいたい」
という目的は大前提かもしれませんが…

会場でご一緒した方がおっしゃっていた、
「こういう祭りを通じて、在日中国人同士の絆を強めることも
意義があるのではないか」

という意見にも、同感でした。

この時節柄、日本に住んでいる中国人としては
自らの身を安全に守る必要も少なくとも生じてきます。
それは、北京に住んでいた時に有事があった場合、
日本人の間にも緊張が走るのと同じことです。

お祭りを通じて、日本の人と良好な関係を結びつつ、
中国の人の間でも助け合えるネットワーク作りをする、
これは、どんどん活用してもらってもいいと思います。

また、ちょうど1週間前に北京では在北京日本人による
「スーパー夏祭り」が開催されました。
お互いが、こうした活動を重ねることによって、
どんどん日中の人たちが互いのことを知るようになり、
双方に出来た誤解や隔たりを埋めて行く。

そうなることで、今の世代では難しいかもしれないけど、
次の世代、次の次の世代と、時間をかけて良好な関係を
育めれば・・・という声も聞かれました。

今、こういう声を上げることは複雑かもしれませんが、
こうした思いを継続していくことも、大切ですね。

Dscf78541

会場には、駐日中国大使館の程永華大使も登場。
千手観音の皆さんと記念撮影を撮ると、周辺にすごい人だかり。

Dscf77781

お祭りのスタッフ・可さん、
2011年のNHK「テレビ中国語」に出演された魯さん、
日中両国の経済情報に詳しい勝尾さんと。

久しぶりに中国文化に戻った気分で、
中国語で会話もできて、中国語を話す機会は
今後のためにも維持しなければ・・・と思うのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012東京「中国文化祭」―日中国交復交40周年に日中双方でお祭り開催

今年は、1972年に日中が国交を復交して40年の節目。

先日、日本に住む、中国人の友人からいただきました。

日中友好のお祭り『中国文化祭』
先週は、在北京の日本人側が北京で主催し、
盆踊りなどで一緒に輪になって盛り上がったそうですが、
今度は東京で、在日本中国人の主催でお祭りを開催します。

ちなみに、9月1日・2日に北京で開かれた
国交40周年イベント 「スーパー夏祭り」については、
こちらの、北京在住・しゃおりんさんのブログが詳しいです。
http://pekin-media.jugem.jp/?eid=1523

この時節柄ですが、お互いにお祝いしあう関係って、いいですね。
プログラムだけ見ると、体験型プログラムも一杯ありそうで、
中国を知らない人でも楽しめそうな感じです。

■2012東京「中国文化祭」

◆期間 2012年9月7日(金)~9日(日)の3日間
7日 11:00-18:00
8日 10:00-18:00
9日 10:00-18:00

◆会場 ザ・プリンス パークタワー東京(屋内ホール)
     プリンス芝公園(屋外) 

住所 〒105-8563 東京都港区芝公園4-8-1
地図 http://www.princehotels.co.jp/parktower/access/pdf/access_japanese.pdf

◆主催 2012東京「中国文化祭」実行委員会

◆構成団体
 日本華僑華人連合総会・在日中国企業協会・日本新華僑華人会
 東京華僑総会・横浜華僑総会・日本中華總商会

Zhongriyouhao

http://www.peoplechina.com.cn/zhongrijiaoliu/2012-08/17/content_476672.htm

※もうちょっと見やすいサイトがあればいいのですが、こちらにて。

行ってみないと詳細はわからない!
私も時間を見つけて行きます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「今、ニッポンにはこの夢の力が必要だ!」

ただいま、ロンドンパラリンピックの真っ最中ですが、
今でもメディアではロンドンオリンピックに出た選手の
大会後の動きを追っている様子…もう少しパラも見て!

さらに、こちらはもっと先…既に未来に向けての準備。

Hi3g0227

2020年オリンピック・パラリンピック招致を呼びかける
ポスターや車内広告が目立つようになりましたね。

今日、初めて車内広告のメッセージを見たのですが…
2009年に、2016年の会場で立候補した時の広告より
さらっと読んでもすんなりと理解できるし、伝わってきます。

「今、ニッポンにはこの夢の力が必要だ。

オリンピック・パラリンピックは夢をくれる。
夢は力をくれる。力は未来をつくる。私たちに
は今、この力が必要だ。ひとつになるために。
強くなるために。ニッポンの強さを世界に
伝えよう。それが世界の勇気になるはずだから。
さあ、2020年オリンピック・パラリンピックをニッポンで!」

soccer basketball tennis sports horse pisces run baseball←期待

前回は、2008年の北京五輪の感動の余韻よりも、
リーマンショックの余波がひどい時期だったこと、
そんな最中で招致を訴える側も
「この不景気の中、国民(都民)を納得させるのは
これしかない」と思って書いた苦肉の策だったからでしょうか。

今回は、この1年半、被災地を中心に日本国民が必死で
震災から立ち直ろうというエネルギーがあり、
そこにロンドン五輪のメダルラッシュも重なったことで、
「未来」「夢」「力」を使ったこうしたメッセージが
発信できたのかな…と、思います。

北京五輪を現地で体験した私としては、東京五輪賛成派です。
来年9月まで長いレースだけど、委員会の友人、関わる方々、
私たちも、元気を出していきましょう!

ちなみに、2009年の時の車内広告を前半だけ抜粋。
写真も撮っていたはずなのですが、見つからないので、
過去のネットから引用しました。

soccer basketball tennis sports horse pisces run baseball←期待

「来ますよ。21世紀の東京オリンピック。

 日本経済は必ず復活します。
 いつ、その時がくるのか。
 どうすれば、より早く来るのか。
 日本人自身が、日本のよさに気づくこと。
 世界の人にそれが伝わり、日本に注目が集まること。
 2016年の開会式当日までの7年間
 新しいエコの取り組みと日本の経済力に、
 世界は感心するでしょう。」


私は、何を言いたいのかよくわかりませんでした…

| | Comments (2) | TrackBack (0)

パラリンピック、始まりましたね!

8月30日―ロンドンパラリンピック開幕!

ロンドン五輪の影響で、これまでより
メディアが取り上げる数も増えましたが、
まだまだ生中継などは少ない模様。

やっぱり速報チェックはYahoo!の特設サイト
http://london.yahoo.co.jp/para/

じっくり読みたい人はパラフォトなど。
http://www.paraphoto.org/london2012/

表参道の駅構内では写真も大きく!

Para

9月10日まで、頑張れ、ニッポン!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2012 | Main | October 2012 »