« 「2012東京・中国映画週間」-『女優』映画&舞台挨拶を見てきました | Main | 万里の長城遭難…心がけたいこと(2012年11月の話) »

日本シリーズの観戦方法(2012年巨人‐日本ハム:一般観戦編)

母校が伝統校ということもあり、高校野球を毎年注目している私。
プロ野球に関しても、物心ついた時から毎年注目しております。

そんな幼少時、北海道札幌市出身の親から聞かされていたのは…。
「北海道でプロ野球というと、年に一度の円山球場での巨人戦だった」

そんな訳で我が家は家族そろって巨人ファン。
特に、埼玉に住んでいた幼少の頃は毎年後楽園球場へ巨人戦観戦、
シーズンオフには巨人ファン感謝デーに行くことが我が家の風物詩でした。

一方、時が流れて2004年。故郷北海道に、期待のプロ野球チームがやってきます。
それが、巨人と共に東京ドームを本拠地としていた日本ハム
札幌ドームに本拠地を移し、当初はメジャー帰りの新庄選手も入ったことで、
野球好きの道民を大いに沸かせてくれました。

そしてシーズン9年目の今、毎年トップ争いに君臨していることや、
有力スター選手の活躍もあって、道産子達に日本ハムはすっかり
「北海道のチーム」として定着してくれたと思います。

私も、遠方ながらパリーグでは日本ハムを応援しています。

前置きはさておき。

そんな今年、嬉しいことに日本シリーズはリーグ優勝チーム同士、つまり
「読売巨人軍」「日本ハム」の対戦になりました。
当然私としては、このカードを一番待ち望んでいました。

セリーグのクライマックスシリーズで巨人が勝ち、進出を決めた瞬間から、
「よし、今年は一度でもいいから観よう!」という思いを強めていました。

3年前も同じカードで日本シリーズとなったのですが、当時私は北京在住。
偶然、CSの時に帰国していたものの、思えばこういう苦い経験をしていました・・・。
あの年の巨人は強すぎました。
【日本にて2】プロ野球"クライマックスシリーズ"観戦!!(2009年10月25日)

という訳で、今度は日本シリーズの観戦にチャレンジ。
どうやったら購入できるのか?と考えあぐねることしきり…でしたが、
意外とあっさり取れたので、参考までに記録に残しておきます。

ここから先に記す日付は、2012年の例です。
ちなみに日本シリーズの日程は、10月27日(土)~11月4日(日)でした。

「日本シリーズ・チケット購入までの道」

①チケット購入はおなじみのサイト「e+(イープラス)」か、「ぴあ」
その他、コンビニのローソン・ファミリーマート・サークルKサンクスでも、
店内の端末で購入することができました。世の中便利になりました。
昔は、現地やチケットショップまで足を運ばないと購入できなかったのに。

②上記サイト&コンビニでの申し込みは、すべて平等に日程が決まっています。
先行予約が、17日~19日とCS決定前。一般購入はサイトが25日、コンビニが26日。
日本シリーズの開幕が27日だから、かなり寸前の購入になります。

パリーグは多少早かったものの、セリーグは最終戦までもつれたため、
かなりの人が一般予約にかけたのではないかと思います。
するとまず、購入は25日からの一般販売にかけることになりますが…

自分自身の予定から、27日の1戦目しか時間が取れないと判断。
寸前のことなので、本当に取れるかわかりませんが、チャレンジです。

③以下は、私がチケット購入に至るまでをハイライトで。
25日10時:ネットでの予約開始。殺到しているせいか、当分繋がらず…
25日午後~夕方:やっとサイトが開けるようになると、立ち見席以外売り切れの「×」
立ち見でもいいけど、できれば席でゆっくり観たい。この日は断念。

気を取り直して、26日のコンビニ予約で売れ残りがないか、再チャレンジ。

26日10時:コンビニの端末前にスタンバイ。端末を開くと…
「え?結構あるじゃん!」というほど、空席がちらほら。
ネット裏周辺のS席・外野指定周辺以外は空席ありの「○」か残席わずかの「△」
思わず、「せっかくの記念だし・・・」と、1階内野指定席(A席)を購入。
7000円は通常より高かったですが、ゆっくり観戦できる上に盛り上がれそうです。

コンビニの端末で予約をして、そのままレジでチケットを受け取りました。

26日午後:念のため、売れ残りのチケットがないかサイトで確認すると、
時間をおいて再び開くと、「×」だった所が「△」になったり変動が激しいです。
で、外野指定周辺の「B指定席」にも空席が!こっちの方が安い。
しかし、数十分後に再度開くと、再び全席「×」になっていて、諦めがつきました(はい)。

以下、想定ですが・・・

結構変動が激しいのは、複数の場所で一斉に販売をしているため、
それぞれのシステムで、購入予約押さえ→発券、までの間に
時折タイムラグが生じて入り乱れてしまうのかと思います。
それが、一定の時間で調整されるのでは、と思うのですが、
逆に言うと、短時間で調整できるシステムも素晴らしいものかもしれません。

結論としては、発売開始時間に慌てなくても、
外野指定席以外は席を選ばなければ、タイミング次第で比較的容易に
前の日でも予約できることが判明しました。
来年からも参考にできるのではないかと思います。

※ただし、日本シリーズ開始後は7戦目まで完売状態です(10月28日時点)。

・・・

さてさて当日。

10月27日、東京ドーム。20番ゲートから入場。
この日発表で、観客者数は44981人だったようです。
個人的に、ここで試合を観たのは8年ぶりだったので、色々な変化を感じました。
巨人の監督はその頃も原辰徳監督でしたが(2003年)・・。

両方応援するとはいえ、この日私が座ったのがどちらの席かは
以下の文面と写真で、推測してください。といいつつ、すぐにバレるか・・・。

試合準備中。5時45分。

1img_9880

はーい、ぼく、ジャイアンツのマスコットキャラクター・ジャビット♪
1991年に登場して20年を超えているんだけど、昨年20周年記念に、
ちょっとイケメンにイメージチェンジしてくれたジャビットも登場したり、
時代と共に変化してるんだよ~。東京ドームでは、僕が常に試合進行を
エスコートしているんだよ!8年ぶりの人は知らないかもね♪

それでは試合を見てみましょう♪

1img_9977

試合前に「君が代」の斉唱。日本の野球はこうであれ!だね。

そして、6時10分、試合開始…4回から、すごいことに。

1img_0168

ヒット連発!この日先発野手は全員安打!

1img_0182

満塁!

1img_0093

3点ホームラン+2点タイムリーを打ったボウカー。
歓声に応えます。

1img_0040

得点時のタオル回し!

1img_0044

回す!

1img_0202

回す!

1img_0047

うわ~、すごいですね!
この試合、なんと8点も取ってしまいました~♪

1img_0205

終わってみると、8-1…?
9回に一発ホームラン打たれちゃったみたいです。
だけど、8点も開いていた差はひっくり返らなかったようです。

1img_0219

巨人・原監督「今夜はわが軍に軍配が上がりましたけど、
まだ始まったばかりなので、明日はまた新しい1戦として
気を引き締めていきたいと思います」

日本ハムも、今夜の1戦ですべてが終わった訳ではないと思っているはず。
このまま4戦目~7戦目、どこまで続くかわかりませんが、
楽しませてもらいたいと思います・・・

・・・

1階内野指定席で試合を観たのは初めてですが、選んで正解でした。
自分のペースでお弁当食べたり写真撮ったりしながらも、
タオル回しやバンザイに近場で参加できるという、絶好の席でした。

1img_9998 1dscf8339

巨人選手のプロデュースしたお弁当。これは小笠原選手(左)。
宮崎の肉巻き団子・北海道のザンギ・沖縄のゴーヤチャンプルー・
北海道ジャガイモのコロッケ…なんだかんだいって、巨人が
北海道に縁のあることを感じさせます(気のせい?小笠原選手)

試合後、勝利の美酒(右)。
セリーグ優勝した時に、プランタン銀座でセールしていた880円のワイン。
でも、奥にはパリーグ優勝セールで買った日本ハムのベーコンにソーセージ。
日本一になった暁にも、お互いセールをするのでしょうね…

東京ドームのサイトに詳細が・・・
http://www.tokyo-dome.co.jp/dome/

|

« 「2012東京・中国映画週間」-『女優』映画&舞台挨拶を見てきました | Main | 万里の長城遭難…心がけたいこと(2012年11月の話) »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/55990046

Listed below are links to weblogs that reference 日本シリーズの観戦方法(2012年巨人‐日本ハム:一般観戦編):

« 「2012東京・中国映画週間」-『女優』映画&舞台挨拶を見てきました | Main | 万里の長城遭難…心がけたいこと(2012年11月の話) »