« 「遺体 明日への10日間」-被災地外&取材する立場から感じたこと | Main | 東日本大震災・被災地からの手紙 ~2年後の風景~ »

小田原城の梅満開♪&寄り道グルメ話(2013年2月23日)

Ume017

Ume008

小田原は春~♪
いずれに~しても、春♪

今の歌「飛梅」の舞台は「大宰府」ですが、
こちらも2月に入ってから梅がいい塩梅となっております。

詳細は、小田原市観光協会のサイトに毎年掲載。
http://www.odawara-kankou.com/

見るなら2月のうちに、と思いたち、23日(晴れ)の日に、行ってみました。
小田原駅から商店街を歩いて行くと、10分ほどで公園内に。

Ume018

見える見える…桜の枝達と、元気に咲き誇る梅の花たち。
(寒桜もあって、それはみごとに咲いていました)

Ume012

Ume013

目の周りに白い丸縁のシールを張ったのか?
と思うくらい鮮やかな目をした「メジロ」さんが、
美味しそうに梅の花をついばんでいました。

脱線しますが…

駅前にある梅干し屋さんで、人間が美味しそうに試食の梅干しを
ついばんでいた光景に似ています(いや、あれは酸っぱいから似てないか)

お城に入るまでの道すがらにある、
ういろう(外郎)の老舗・「ういろう本店」も行ってきました。
お城の中にあるかのような豪華な店構えが国道1号線沿いにあって、
中には豪華なういろうや和菓子、そして「ういろう」という薬も並んでいました。
ういろうというのは、最初は「薬」のことだったそうです…

梅干しと、ういろうの老舗のお店を堪能してからお城に入ると、
道筋としては便利ですが、そこで買い物をしてしまうと
梅観賞の時に荷物になるので、買い物のタイミングは気をつけましょう。

観賞が終わったら、小田原駅から箱根登山鉄道に乗って風祭という駅へ行くと、
駅直結で「鈴廣かまぼこ」の博物館とかまぼこの里に行けます。
これもまた、おすすめです。

Ume005

Ume004

ともあれ、天守閣まで登って春の小田原を堪能してきました。
梅が終わっても、3月下旬くらいから桜が見ごろ。
しばらくは小田原の春が楽しそうです。

Ume001

|

« 「遺体 明日への10日間」-被災地外&取材する立場から感じたこと | Main | 東日本大震災・被災地からの手紙 ~2年後の風景~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/56829954

Listed below are links to weblogs that reference 小田原城の梅満開♪&寄り道グルメ話(2013年2月23日):

« 「遺体 明日への10日間」-被災地外&取材する立場から感じたこと | Main | 東日本大震災・被災地からの手紙 ~2年後の風景~ »