« 「中国共産党・新体制はどんな感じ?」-福島香織さんに聞く!! | Main | 『ワーク・シフト』著者、リンダ・グラットン教授にお会いして…(いち30代の記録) »

春節がくれば思い出す…CCTVの”あのビル”は今

あれは、2009年の春節最後にあたる「元宵節」の夜だった。

http://koma.cocolog-nifty.com/emmy/2009/02/post-170b.html

お正月の最後を惜しむように、北京の街中では
各地で花火が上がり、そんな光景をビルの35階から
眺めていた時のこと…やたら明るく輝いているビル。

「あのビル、燃えてない?」

と気づいた時には、火はぐんぐん上に向かって燃え広がっていた。

Img_82622

翌日見たビルは、全身が悲しいほど真っ黒に焦げ付いていた…

Img_83041

・・・

そんな事件から1年経っても、ビルは放置されていた

原因は断定できないが、
保障や建て直すか復旧させるか、など金銭的な問題で、
道筋が建てられていなかったのだと思う。

Img_8066

何より、茶色くさびて、一部朽ちかけていた鉄の部分が、
非常に気になっていた。

・・・

その後帰国したけれど、2011年に見た時、若干工事が始まっており、
建物を崩さないまま補修工事が行われていたことを気にしつつ…

4年後の今年、春節を迎える前に
今、北京に住んでいる人から話を聞いたところ、

「綺麗になりましたよ」

とのこと。

おー!coldsweats02

燃え尽き、錆びついたこのビルを結果として崩さず、
綺麗にお色直しをしたようです

果たして、そのようなビルにどんな企業が入るのか、
はたまた本来の目的だったホテルとしても、
どんなお客さんが宿泊に来るのか、気になるところです。


春が来~ると思い出す、はるかな北京、遠い空♪

|

« 「中国共産党・新体制はどんな感じ?」-福島香織さんに聞く!! | Main | 『ワーク・シフト』著者、リンダ・グラットン教授にお会いして…(いち30代の記録) »

北京生活・雑談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91857/56708563

Listed below are links to weblogs that reference 春節がくれば思い出す…CCTVの”あのビル”は今:

« 「中国共産党・新体制はどんな感じ?」-福島香織さんに聞く!! | Main | 『ワーク・シフト』著者、リンダ・グラットン教授にお会いして…(いち30代の記録) »